共感が共感を生む瞬間

書いた人:スピカ


 演劇集団砂地「3crock」
の公演が近づいてまいりました。公演日によって残席は変わってくるのですが、まだまだ絶賛発売中ですので、ぜひとも興味のあるお客様はチケットをお求め頂きたくよろしくお願いします。カンゲキノススメも近々アップいたしますので、後ほどそちらもご笑覧いただければ幸いです。
 少し前になりますが、小説家の保坂和志の本で、心の琴線に触れるような一節に出会いました。それは劇作家でもあり短編小説家としても著名なチェーホフについて書かれた内容ではありましたが、先月中旬に当館で行われたティーファクトリー「荒野のリア」を観て得られた感触ととても似ていましたので(シェイクスピアについて語られた言葉ではないのですが)少し抜粋して記述いたします。

『自分がそのときに抱いている気持ちの総体が、誰かに言葉で説明されることよりも、遠い昔に生きた誰かと強く響きあっていると実感できるとしたら、その方がずっと喜びが大きいと思う。そういう想像力が、人間の有限性や孤独を救うことができるのではないだろうか。』「言葉の外へ」河出文庫(P61)

 吉祥寺シアターは昨年、たくさんのW.シェイクスピア作品をご提供させていただきましたが、もし実際にシェイクスピアがこの場にいて、観劇していたらどういう印象をもつのだろうか?なんてあり得ない“もしも?”を考えてしまうことがあります。それは脚本家や演出家が原作に想を得て演出上、別の作品のように仕立て上げる(成立させている)から余計に想像力を刺激されるかもしれません。
 原作がある場合、脚本家や演出家が翻案する。原案に脚色を加え、意図を持って作り変える過程とはどのようなものなのだろうか、意図することはなんだろうかなどと考えることが稀にあります。
 もちろんそれは皆様からいただいた観劇後のアンケートからも感じることがあります。思わず「正鵠(せいこく)を射る」ようなはっとさせられる回答に出会うこともあります。おそらく、これらは時代性を超えて、映像作品や過去の演劇、その他想起されるイメージ・・・皆に共有できるような連絡通路があって、どこかで通じあっているような、そんな不思議な感覚を呼び起こす瞬間があるからでしょう。
 演劇集団砂地「3crock」も、江戸時代後期に河竹黙阿弥によって書かれた「三人吉三廓初買」を原作としております。皆様が翻案・脚色された演劇からどのような感触を得るのか、そしてそれが原作とどのような関連性があるのか、公演が待ち遠しいですが、ぜひとも多くのお客様に観て頂いて、そして原作に思いを馳せた後に残るものは何か、皆様と共感することができたら嬉しいものです。

 

駅前の混乱。


書いた人:しだた


 気がつくと今月も半分が過ぎてしまいましたね。だんだんと暖かい日が増えてきて、そろそろ昼間も上着なしで外を歩ける気温になってきました。朝の通勤電車の中も新年度の少し落ち着かない感じからいつもの落ち着きを取り戻してきたような気がします。満開だった桜もいつの間にかほとんど散ってしまっていて、次にお目にかかれるのはまた来年となってしまったようです。
 

 ところで前回のブログにも書いたとおり、先日の13日は吉祥寺駅前についにあれが現れましたね、そう「パトレイバー」の実物大レプリカ!展示された次の日に大きくニュースにもなっていたのでご存知の方も多いかと思いますが、その日の駅前はすごい人だかりでした。昼休みに意気揚々と携帯のカメラ片手に駅前へと向ったのですが、見渡すかぎりの人・人・人で、写真を撮るどころか、良いポジションで見ることすらできない状態でした。なんでも人が集まりすぎて、予定していた時間より早めに公開も終わってしまったとのこと。このブログにも写真を載せようかと思っていたのですが、全然いい写真が撮れず、パトレイバーの人気のすごさを改めて感じた日となりました。個人的には次はゴジラの実物大が駅前に来てほしいなぁなんて思う今日この頃です。
 

 さて、吉祥寺シアターでは、現在6月13日(金)から22日(日)まで開催されるFUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』と5月9日(金)から12日(月)まで開催される演劇集団 砂地『3 crock ~河竹黙阿弥作「三人吉三廓初買」より~』のチケットを発売しています。どちらも今後の活躍が期待される若手劇団なので、気になった方はぜひチェックしてみてください→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
 

ちなみに、FUKAIPRODUCE羽衣は歌とダンスで表現する“妙ージカル”(妙なミュージカル)を特徴としているのですが、公式HPにアップされている『浴槽船』という歌とパフォーマンスの映像を見すぎて、お風呂に入っているとついつい頭の中で流れてきて、最近はもっぱら口ずさんでしまっています・・・(笑)こちらも気になった方はぜひ一度ご覧いただければと思います→http://www.youtube.com/watch?v=-Rqu4aEkL3Q


 

シアターカフェ再開です!!

書いた人:バタコ

まさに春爛漫の陽気が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。4月に入って少々お休みをいただいていたシアターカフェが昨日から再開いたしました!お待たせいたしました。外観もお花が増えてより素敵になりました。













店内には子供も大人も楽しめる絵本が増えてメニューを待っている時間ものんびり過ごせました。とはいえ今日はタンバリンプロデューサーズの初日で、カフェの外はバタバタしています。初日前の緊張感あふれる劇場で、心休まるのはカフェくらいですね。
シアターカフェのメニューも一部変更がありました。ドリンクメニューはそれほど変わりありませんが、フードメニューが少々変更されました。季節によっても変わるようなので、ぜひぜひいろんな季節の味をお楽しみに。
ちなみに本日のランチメニューはこちら↓













今日のフードメニューは二種類から選べました。わたしはカレーを注文しました。今日のカレーはニョッキも入っていてボリューム満天!食いしん坊の私も大満足です。













公演前の休憩がお得になるチケット割引も継続中。吉祥寺シアターの当日の公演チケット提示でメニューが全品5%オフになります!ぜひ開演前の一服はシアターカフェで。これからもシアターカフェをよろしくお願い致します。
シアターカフェへのお問合せは0422-22-3477まで。

現在武蔵野文化事業団では砂地『3crock』とFUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』のチケット発売中です。どちらもご予約はお早めに。カフェも吉祥寺シアターも皆様のご来場お待ちしております。
ご予約はこちらから↓
https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
皆様のご来場お待ちしております。 

チケット発売中!

書いた人:コモト


コモトです。桜もあっという間に散り始めていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて4月頭より、2作品のチケット発売がスタートしています。

 砂地『3 crock』~河竹黙阿弥作「三人吉三廓初買」より~
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2014/02/3-crock.html

FUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2014/02/fukaiproduce.html

そして今月中旬からは芸能劇場で上演予定のBaobab『TERAMACHI』のチケット予約も始まります。Baobabは2012年度に開催した「ダンス・インパクト吉祥寺」に出演後、昨年度には吉祥寺シアターダンス部の講師を主宰の北尾さんにやっていただいたりなど、何かと縁のある団体さんなのです。今回は芸能劇場のスペースを生かした「和」の要素の詰まったダンス作品となるそうです。

こちらは4月19日午前10時より発売開始です。下記リンクより公演詳細をご確認ください。

Baobab『TERAMACHI』
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2014/04/baobab-tera.html

勢いのある若手劇団・カンパニーが目白押し!お楽しみに!


■コモト、今日の一冊
「FUKAIPRODUCE羽衣」演出家のの糸井幸之介さんが幻冬舎Plusで連載をしている「小劇場の美しい女優さん」という読み物をご存知でしょうか。糸井さんが毎回小劇場で活躍されている女優さんをゲストに迎えて、カフェで対談をするという企画です。6月の吉祥寺シアターの公演では、この連載の公開対談がシアターカフェで行われますよ!(詳細は追って公開予定)
この連載の第2回では劇団主宰の深井順子さんとの対談もされています!お時間のある時にどうぞ!

寄席といわれてよさない怪談

書いた人:スピカ


 今月4日(金)に発売となりました第119回武蔵野《七夕》寄席でありますが「いつもと時間帯が違う」と思われたお客様は鋭い。それはまったく正しいのです。
 開演時間が“17時”。いつもの武蔵野寄席でありますと、14時からの口演ですからね。これは「おやっ」と思われた思われた方は武蔵野寄席の常連といってよいと思います。(ご来場になるお客様、開演時間にご注意くださいね。)
 これはなんでだろうなぁと少し思っていたところですが、トリだけ演目が確定している。――何かとみると「もう半分」。口演は五街道雲助(ごかいどう くもすけ)師匠。怪談噺であるから、真昼間に行うよりも少し時間をずらしたほうがたしかに風情がありますね。

 「落語って笑いではないの?怪談って聴いたことがない」という方も、いらっしゃるかもしれません。
 落語にはどうやら“滑稽噺”や“人情噺”だけではなく、怪談があるらしいと知ったのは、学校の授業で取り扱った三遊亭圓朝の怪談「牡丹灯篭」が初めてだったと思います。口演記録の音源はどなたのものだったか失念してしまいましたが授業は、落語をずっと90分間流すのみ。
 「人は大勢いるのに、教員含め誰一人声を発することがない」・・・天井近くのスピーカーから聴こえるのみ・・・少し異様な雰囲気でした。もちろんその一講義では終わらないので、2~3週に亘って一つの噺を完結させた上で、レポートを課されるのですが(怪談ですから面白いという表現が適切かどうかはわかりませんが)話芸で人を惹き付ける面白さというのはもう心にぐっとくるものがあります。加えて場面展開の速さと、テンポがよいので次はどうなるのだろう・・・と関心をそそられ、なんと“人間”というものが描かれているかと思ったものでした。人間?怖いのは幽霊なのでは・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、いやぁ本当に怖いのは“人間の心の弱さ”なのかなぁなんて思い知らされます。
 ご興味のあるお客様は一度、聴きにいかれてはいかがでしょうか?もちろん怖い話は苦手!というお客様にはもちろんムリにおすすめいたしません。

 

吉祥寺シアター関連情報
 4月に入ってからご来館いただいたお客様はすでにご存知かもしれませんが、現在、当館に併設されております「シアターカフェ」は休業しております。
 店長さんのブログにもあります通り、今月中旬には営業を再開いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。お店が再開しましたら、随時、吉祥寺シアターのtwitter等で営業再開の情報を配信いたします。それまでの間、いま少し、お待ちください。 


 

駅リニューアル。


書いた人:しだた

 
 早いもので2014年度がスタートしてもう7日が経ちましたね。ここ最近は春休みで朝の電車がいつもより空いているような気がしましたが、今週からはいつもの満員電車が戻ってきました。桜がきれいに咲いているのを見ると新年度のスタートを実感しますね。満開のピークは早々と過ぎてしまったようですが、吉祥寺シアターの近くにある井の頭公園もお花見で賑わっているみたいです。
 

ところで最近吉祥寺駅が少し変わったのをご存知でしょうか。改良工事が終了し、南北自由通路という北口と南口(公園口)を直線で結ぶ広い通路が完成したのです!これにより駅中をスムーズに移動することができるようになりました。そしてこの完成を記念して4月13日(日)に駅前で記念イベントとパレードが開催されるようです。ダンス、音楽、アニメなどのグループが駅周辺をパレードして回るとのこと。

そして記念イベントとして、なんと吉祥寺駅前に「機動警察パトレイバー」の実物大レプリカが展示されるそうなのです!パトレイバーといえば、これまでアニメや映画、小説など様々なメディアで作品を発表し、熱狂的なファンを獲得している作品で、ちょうど今実写版の映画も公開されています。しかも今回は実物大ということで全長約8mもあるパトレイバーがやってくるとのこと。駅前にそんな巨大なロボットがやってくると景色がかなり変わるだろうなと思いつつ、どんな感じに見えるのかなと駅前を通るたびに少し興奮気味で想像している今日この頃です。


 さて、吉祥寺シアターでは、6日より6月13日(金)から22日(日)まで開催されるFUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』のチケットが発売されました。FUKAIPRODUCE羽衣は作・演出・音楽を担当する糸井幸之介さんの描く独自な世界観を、歌とダンスで表現する“妙ージカル”(妙なミュージカル)を特徴としています。今回の作品は1人の男の生から死までを描いた、2012年に上演された作品を再構成して上演する予定です。一度見ればやみつきになることまちがいなしです!チケットは現在発売中なので気になった方はぜひチェックしてみていただければと思います→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

 

味覚の変化とJAZZメドレー

書いた人:スピカ


子どものころと全く味覚が変わらないという方にあまり出会ったことがありません。子どものころは大好きな食べ物が明確にあって、また苦手な食べ物も今より多かった。苦手な食べ物がいつの間にか食べられるようになった経緯と、同時に味覚音痴になったかのように、それほどには大好物と言えるほど料理をおいしく頂く機会というか自覚もなくなってきてしまいました。・・・どうしたことでしょう。ただ子どものころに苦いと思っていた食べ物が逆に味わいがわかるようになる・・・“苦味”がわかるというのはどうやら大人になるということのようですね。

勢い食べ物の話からはじめてしまいましたが、音楽の趣向もこれと少し似通ったことがあるのではないかと感じることがあります。子どものころに聞いていた音楽と今のそれが全く同じということはあるのかもしれないけれども、JAZZがわかるというのも、大人入門の1つではないかと。

「子どもは大人になる。大人は子どもと化す。」

とはディズニーランドのCMで流れていたいつかのキャッチコピーでしたが、これを音楽に応用すれば、映画音楽にはたくさんのジャズアレンジされた曲があるように思います。たとえばディズニーであれば、一昨年亡くなったジャズピアニストのDave Brubeck。自身のアルバムにディズニーメドレーのコンピレーションアルバムを出しております。お子さんと一緒にディズニーランドに行ったときに、ジャズアレンジのインスピレーションを得たとライナーノーツには書かれております。後にこのアルバムに触発されたアーティストは、それらの曲を取り上げており、いまやジャズスタンダードとなっている曲がいくつもあります。有名なものでは「Someday My Prince Will Come」(いつか王子様が)「Alice in Wonderland」(不思議の国のアリス)「When You Wish upon a Star」(星に願いを)など。どれもすぐには思い出せなくても一度聴けば馴染み深いはずです。

本日発売となりましたジョー・ロック(ヴィブラフォン)カルテット(武蔵野市民文化会館・小ホール)は映画音楽やジャズのスタンダードナンバーを中心としたプログラムとなっております。オードリー・ヘップバーンの主演映画が中心と伺っておりますが、皆様が、いつか聴いたことのがある!という感慨しきりのナンバーがきっと見つかるはずです。

ふと懐かしくも、優しい気持ちになれるのではないでしょうか。

 

江戸の昔から現代

書いた人:スピカ


  明日はチケット発売日です。吉祥寺シアターでは5月9日(金)~12日(月)の日程で    演劇集団 砂地「3crock」の発売が開始となります。ご興味のあるお客様はぜひともチケットをお求め頂きたくよろしくお願いします。今回の作品は原作が河竹黙阿弥の「三人吉廓初買」(さんにんきちさ くるわの はつがい)。歌舞伎の演目がモチーフとなっており、舞台を近未来に置き換え、大胆にアレンジされたものとなっております。そんなこともあってか図書館で原作本(古典戯曲)が眼に留まり、読むというよりはパラパラとめくってみましたが、内容が難しいというよりは、言い回し等がなかなか入ってこない。斜め読みであっても筋だけは把握しておきたいものです。

 これに関連して岡本綺堂が出している明治から見た過去の江戸の気風を残す随想録を読んでいると時々、いろんなことが頭の中を駆け巡ることがあります。本の内容そのものではなくて、自分が今いる現代があって、明治があって、その昔に確かに江戸時代があって、それらは別個に存在しているのではなくて、地続きに存在していたのだなぁと。

 まだ小さかった頃、こんなに国際化しているのなら、読み物から書き物まで全部英語にしてしまえば、何も困らないのに・・・と家の人に聴いたことがあります。日本人がこんなに国際的な面で苦労を強いられることもないだろうに・・・などと思ったり、考えたりしました。

「確かにそうしたほうが楽だろうけれども、その国の文化とか歴史を形成してきたものって、ある時点から文字やら言葉をもとにしてきたものだろう?だから今、それをすべて切り替えてしまったら、今度は小さな子が日本語を古文のように習わなければならなくなるんじゃないのか?」・・・と即座に教えられた記憶がありますが、いかにももっともな話であります。

まぁ他愛もない話ではあります。

 私たちは江戸の言葉は使えませんし、読み書きができるわけでもありません。それでも、落語を聴くと向島や浅草の様子が描かれ、また浅草界隈では寺社によっては歌舞伎や落語など往時を偲ぶたくさんの碑が残っていたりするんですよね。そうしたものを見聞きすると、今更ながらに、自分が小さかった頃、家の人に聞いた人の答を今、そういうことなのかなぁなどと感じることがあります。

 

年度末ばたばた。

書いた人:しだた

 
 3月も明日31日で終わりということで、2013年度最後のブログ当番がまわってきました。ここ数日やっと少し暖かくなってきましたね。さっそく冬のコートは片付けて春物のコートを着て出勤してきました。最近少し朝の電車が空いているなぁと思ったら、この時期学校は春休みに入っているんですね。吉祥寺の街も平日だというのに、子供たちが多いように感じます。関東近辺もあと数日で桜が満開になるという予報が出ているので、週末はお花見で公園は賑わっていそうです。といっても今日はあいにくの雨、せっかくの休日もこれだと外に出ていけないですね。

年度末ということでどこもばたばたして、いろいろと変化のある時期ですが、明日お昼の某有名長寿番組が終わってしまうそうですね。32年間もの間ほぼ休みなしで平日は毎日放送を行ってきたというわけですから、改めて考えるとすごいことですよ!昼間の時間帯に放送されていることが当たり前になりすぎて実感があまりわきませんが、終わってみて初めて寂しい気持ちになりそうです・・・
 

 さて、吉祥寺シアターでは、今年度最後の公演で、吉祥寺シアターシェイクスピアシリーズのトリを飾る世田谷シルク『美しいヒポリタ』の公演中です。この作品はシェイクスピア「夏の夜の夢」を原作としていて、舞台を現代の会社に設定しています。そして作品で描かれている時期がちょうど年度末で会社中が忙しくしているときに、密かに交際している社内カップルの噂が発端となって大騒動を繰り広げるというもので、まさに現実の時期にもぴったりと重なっている内容になっているのです。また作品の進行も、会社内での出来事と「夏の夜の夢」がうまくミックスされていて、シェイクスピア好きの方にも楽しんでいただける内容となっています!

公演は明日31日14時の回で終わってしまいますが、開演45分前より受付で当日券を販売する予定なので気になった方はぜひ当日券狙いでお越し頂ければと思います。作品や世田谷シルクのことをもっと知りたい方はカンゲキのススメをチェックしていただければと思います→http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/kangekisusume/index.html

 

砂地『3 crock』公演情報公開しました!

書いた人:コモト


コモトです。気温も穏やかになり、井の頭公園をぶらぶらと散歩したくなる季節がやってきました。それと共に花粉飛散のピークが来ておりますね。コモトも早めに耳鼻科で薬をもらい、何とかしのぎながら過ごしている毎日です。

さて本日、2014年5月公演の演劇集団 砂地『3 crock』の公演情報を公開いたしました!
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2014/02/3-crock.html

歌舞伎の人気演目「三人吉三廓初買」をモチーフに作り上げる骨太な群像劇となっています。演出家の船岩祐太さんは20代の演出家ですが、心地よい緊張感の溢れる重厚な世界観を持っている期待の演出家さんです。2014年度の吉祥寺シアターラインアップの一発目を飾る作品に、是非皆ご期待ください。

なお既に劇団予約はスタートしておりますが、武蔵野文化事業団での発売は4月4日(金)からとなりますのでご注意ください。


■コモト、今日の一冊
明日27日(木)より世田谷シルク『美しいヒポリタ』の公演が始まります!吉祥寺シアターHPの「カンゲキのススメ」コーナーにて今回の公演の特集を組んでおりますので、観劇前にお時間のある方は是非ご一読くださいませ!