@kichi_theatre2005

ご来場ありがとうございました!

書いた人:コモト


コモトです。本日吉祥寺シアターけいこ場にてブルーノプロデュース新作公演プレイベント DVD上映会が行われました!劇団の代表作である『ひとがた流し』『カシオ』『ラクト』の3本を一挙上演。ドリンク片手に和やかな雰囲気の上映会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご来場いただいた皆様、ご観劇ありがとうございました!

ブルーノプロデュース新作公演プレイベント第二弾は3月24日(日)、午後1時より吉祥寺シアターけいこ場にて体験ワークショップを開催します!劇団の代名詞ともなった、個人の記憶を元に演劇作品を創作する≪ドキュメンタリーシリーズ≫をワークショップで体験できます!劇団の方ではまだまだ予約も受け付けております。ご予約はこちらからどうぞ!


■コモト、今日の一冊
東京は大山駅から徒歩7分のところにありますフリースペースSUBTERRANEAN(サブテリアン)にて、昨年ブルーノプロデュースが『サモン』という作品を上演いたしました。その際にスタッフの方が演出の橋本清さんに行ったインタビューがブログに掲載されています。≪ドキュメンタリーシリーズ≫とはなんぞや?の答えがここに。

 

『素晴らしき哉、人生!』上演中です!!

                                書いた人:バタコ

オーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』連日たくさんのお客様にご来場い

ただいています。幅広い年齢層のお客様がご来場いただいているようで、私も早く見

たい!!と楽しみにしています。可愛らしいセットや映像の中をたくさんの出演者の方

が登場するこの舞台、吉祥寺シアターもたくさんの出演者の皆様の熱気であふれてお

ります。さてここで上演についてお客様から良くお問合せいただいている質問に答え

させていただきます!

○上演時間は?

2時間10分を予定しております。また毎回上演後に15分程度のアフタートークが行わ

れます。

○開場時間は?

開演の30分前になります。当日券やチケット引取りなどの受付は開演の1時間前から

受付開始となります。

○この舞台の原作は?

今回の舞台はフランク・キャンプラ監督の映画『素晴らしき哉、人生!』をもとに構

成されています。

○映画を見ていなくても分かる?

映画ファンの方のご来場も多いようですが、映画を観たことのないお客様も楽しんで

頂いているようです。映画自体もそれほど分かりにくいストーリーではないので、舞

台を見てから映画を見てみるのも面白いかも知れません。

○アフタートークには誰が出るの?

3/14(木)19:30 仁科貴さん、佐藤寛子さん、倉本朋幸

3/15(金)14:30 ゲスト:堀江慶さん

3/15(金)19:30 MOGMOSアフターライブ

3/16(土)14:30 ゲスト:竹中直人さん

3/16(土)19:30 ゲスト:御徒町凧さん

3/17(日)14:30 ゲスト:前田健さん

とまだ情報が解禁されているのは17日のお昼の公演までなのですが、随時更新されて

いきますので、オーストラ・マコンドーのTwitterをぜひチェックしてみて下さい。

公演も明日で中日!春の陽気の吉祥寺へお出かけとご一緒に、ぜひ吉祥寺シアターで

の観劇はいかがでしょうか。武蔵野文化事業団では公演前日16時までチケット予約を

受付けております。皆様のご来場お待ちしております。

チケット予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

 

 

お届けまでもう少し!

書いた人:バタコ

やっと空気が春らしくなってきましたね!暖かくて気持ちのいい空気を思いっきり吸い込みたいのですが、花粉症のため我慢しています。バタコです。

本日も吉祥寺シアターの公演にはたくさんのお客様にご来場いただいていますが、その華やかな表舞台の裏で!いや下で?地道に作業を進めている物があります!それが吉祥寺シアター2013年度ラインアップです。吉祥寺シアターの2013年の公演情報が一目で分かるこのラインアップなのですが、ブルーノプロデュース『My Favorite Phantom』を筆頭に続々とお届けする数々のラインアップがありまして、なかなか一枚に収まらず・・・。ぎゅっと凝縮したラインアップをお届けする予定です。2013年度は「吉祥寺シアター シェイクスピアシリーズ」として、様々なシェイクスピア作品を様々な劇団でお届けする予定ですので、シェイクスピア作品ファンの方も、いち早くどんな劇団が登場するのか気になるにも、早くお届けしたい情報がいっぱいです。早くお届けできるよう頑張ります!
もう少しで完成(するはず!!)のこのラインアップは武蔵野文化事業団の友の会に加入していて演劇を見てくださっているお客様や吉祥寺シアター共催公演のアンケートに答えてくださったお客様にはダイレクトメールで送らせて頂きます。また、吉祥寺シアターのロビーにも設置しますので、ぜひお手に取ってみてください!!

そして、その吉祥寺シアター シェイクスピアシリーズの第二弾無名塾『ウィリアム・シェイクスピア』も現在たくさんのご予約を頂いております。好評のためチケットを追加させて頂きました。「5月の公演なんてまだまだ先だわ」と思っていらっしゃる皆様、もう3月10日、この暖かさからすると5月ももうすぐかもしれませんよ!ぜひぜひお早めに良い席をゲットしてください。
もちろん来週からのオーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』のチケットも受付中です!!なんと15日(金)19:30の公演にはMOGMOSのアフターライブが、それ以外の公演の終演後は演出家倉本朋幸と出演者のアフタートークがあるそうです。お楽しみがたくさんあってどの日にしようか迷ってしまいますね。決めかねている方もチケットはぜひお早めに!

チケット予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

  

主役はこの方!

書いた人:コモト


コモトです。オーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』の公演初日まで後5日となりました!3月5日付のスポーツ報知では、主役のジョージ・ベイリーを演じる仁科貴さんへのインタビューが掲載されています!

この記事のなかで仁科さんは「役者だったら誰でも一度はやってみたい役。僕でいいのか半信半疑だった」と語っております。これまで仁科さんはNHK連続テレビ小説「オードリー」や北野武監督の作品などに出演し、様々な役柄を演じてきた俳優さんです。一方原作となる映画でジョージ役を演じたジェームズ・スチュアートは、その長い俳優人生で一度も悪役を演じたことがなく、プライベートでも誠実な人柄であったことから「アメリカの良心」とまで呼ばれていた方でした。

仁科さんはこの役を前にして、「僕はジョージほど律義で堅実ではないし、(映画版主演の)ジェームズ・スチュアートみたいな品性も貫禄もない」と語ると同時に「この公演がうまくいったらその瞬間、きっと世界でジョージ・ベイリーに一番近い男になれるかもしれません」ともおっしゃっています。幕が開けたとき、そこにはどんなジョージがいるのか・・・どうぞ皆様、公演を楽しみにお待ちいただければと思います。

■コモト、今日の一冊
ネットで新刊を探していたら、偶然こんな一冊に巡りあいました。その名も『演劇最強論』。ふむふむ、内容は演劇ジャーナリストの徳永京子さん、編集者・フリーランサーの藤原ちからさんの御二方が現在活躍している演劇人や演劇シーンを約300ページに渡って紹介する、現代演劇書の決定版!とのこと。内容紹介を見るだけでも、演劇人へのインタビュー、作家ガイド、座談会、コラムなど・・・かなりのボリュームです!演劇の「今」を知るにはうってつけの一冊ですね。発売日は来月4月2日だそうで、フライングゲットしたい気持ちを抑えつつ、ご紹介させていただきます!

「素晴らしき哉、人生!」チラシ到着しました!!

                                  書いた人:H.H

オーストラ・マコンドー「素晴らしき哉、人生!」公演がいよいよ来週から始まります。

Youtubeではキャストインタビュー&予告動画が更新されていますよ!

こちらです!

 

 

 

そして本日は劇団より公演チラシが届きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら、ポスターのように見えますがチラシなんです。

オーストラ・マコンドー今回のチラシイラストレーションはサイトウユウスケさん。舞台チラシや音楽雑誌、CDジャケットなど幅広く手掛けていらして、サイトウさんのファンの方も多いはず。こちらの公演チラシは吉祥寺シアターロビーにて掲出中ですので、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

チケット絶賛発売中!

武蔵野文化事業団チケットTEL予約:0422-54-2011

オンライン予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

ビジュアル公開!

書いた人:コモト


コモトです。早いもので3月です。インフルエンザの時期が終わったなあと思えば花粉症シーズンがやってきまして、まだまだマスクが手放せない毎日です・・・。

さて、3月の吉祥寺シアターは14日(木)からオーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』の上演が始まります。チラシのメインビジュアルは吉祥寺シアターホームページでも公開中で、近日中にシアターのロビーにもチラシが掲出される予定です!ちなみに下記の画像は、武蔵野市の広報板などに掲出予定のポスタービジュアルです。

 

今回の公演について、主宰の倉本朋幸さんは「今まで、マコンドーを見て面白くなかった人、大嫌いな人、もしかしたら好きだった人、全ての一人でも多くの人に、 是非ともこの公演を見て欲しい」と語っています。主演に仁科貴さん、ほか豪華なキャスト陣をむかえて、小さな子供さんから年配の方まで楽しめるハートウォーミングな舞台をお届けいたしますのでぜひご期待ください!

武蔵野文化事業団でも公演全日までチケットの取り扱いがございます。ご予約をお考えのお客様はこちらよりどうぞ。


■コモト、今日の一冊
オーストラ・マコンドーの劇団ホームページでは公演特設サイトが完成し、公演ブログが更新されています!演出の倉本さん、主演をつとめる仁科貴さんからのメッセージもありますので、是非ご覧になってみてください。→公演ブログ

 

3月7日(木)の公演に関するお願い

 書いた人:バタコ

3月に入りまして、吉祥寺シアターは公演ラッシュです!!
3日(日)~10日(日) 空想組曲『虚言の城の王子』
14日(木)~20(水・祝)  オーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』
23日(土)~31日(日) 劇団め組『MY WAY~名もなき戦士の詩~』
17日(日)・24日(日)・31日(日)  ブルーノプロデュースプレイベント
どれも全く印象の違う舞台が続きますので、たくさんのお客様にお越しいただけるのではと楽しみにしております。そんな吉祥寺シアターフル回転の3月。3月と言えば3月11日で東日本大震災から2年。と言うことで3月7日(木)はその震災の教訓を踏まえて、武蔵野市では吉祥寺駅周辺で緊急速報メールを利用した帰宅困難者対策訓練を14時~16時まで実施するそうです。

詳しくはコチラから↓
http://www.city.musashino.lg.jp/shiminsanka/event/014158.html

この緊急速報メールはマナーモードにしていても着信音の鳴る設定になっているため
3月7日(木)14時からの空想組曲の公演にご来場いただくお客様は、毎公演お願いしていることではありますが、公演前に必ず携帯電話の電源をお切りくださるようお願い致します。お客様全員に公演を楽しんで頂けるように、皆様ご協力お願い致します。
震災の記憶もよみがえる、また繁忙期でもあり、別れのシーズンでもあり、花粉症の辛いシーズンでもある3月ですが、ちょっとしんみりしてしまう3月だからこそ吉祥寺シアターで楽しい舞台に出会って元気になっていただければと思います。個人的には映画も鑑賞して準備万端で『素晴らしき哉、人生!』をとても楽しみにしています!!じーんとなって、元気のもらえるあのストーリーが舞台でどんな色を見せるのか、ぜひ劇場でお楽しみください。皆様のご来場お待ちしております。

チケット予約はコチラから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

もう27日!?

                                                                                               書いた人:バタコ

24日KENTARO!!とダンスを本気で楽しむプロジェクト発表公演にお越し頂き、誠にあ

りがとうございました。また、ワークショップに参加して下さった皆様もありがとう

ございました。たくさんのお客様にご来場いただきまして、客席案内をしていた私も

嬉しい忙しさでした。

終演後も、客席で見守っていた保護者の方たちと素敵な笑顔で話をする学生コースの

皆さんを見て、私も嬉しくなってしまいました。そしてワークショップ最終日でも

あった本番終了後は学生ワークショップ参加者にKENTARO!!さんが学生たちと話をす

る場面も。将来やダンスについての話も飛び交い、未来のダンサーたちが真剣にダン

スに向き合う姿に、最近涙腺の弱い私は思わずウルっとしてしまいました。未来のダ

ンサーたちの活躍が楽しみです!

KENTARO!!さんのダンスももちろんですが、東京ELECTROCK STAIRSのダンスもお客様

から笑いが起こるなど、楽しいダンスで初めてダンスを見るお客様やお子様にも楽し

んで頂けたようです。そんな東京ELECTROCK STAIRSは今年6月にも吉祥寺シアターで

公演を行う予定ですので、ぜひこちらもお楽しみに!詳細はもうしばらくお待ちください。

 

そんな、発表公演の準備に明け暮れていた2月。

気がつけばもう27日!! 衝撃的な事実ですが、明日で2月も終わりです。

3月にはオーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』もありますし、ブルーノ

プロデュースのイベントもあります。盛りだくさんな3月もあっという間に過ぎてし

まいそうな予感です。そんなときには、カフェで息抜きが一番。ということで今日は

シアターカフェで一休みして来ました。ギャラリーカフェでもあるシアターカフェは

行く度に全く違った種類の絵が飾られていて、毎回印象が変わるおしゃれなカフェで

す。しかも猫好きな店長とスタッフのため、カフェ雑誌と同じくらいネコ雑誌が充実

していて、のんびりするにはぴったりの癒しの空間ですご存知ない方もいらっしゃる

かも知れませんが、吉祥寺シアターで公演がない日もシアターカフェは営業している

んですよ。また、公演のある日は当日のチケットをお会計時に提示して頂くと10%

OFFのキャンペーンも実施中です。公演前に一息というのもいいですよね。

吉祥寺シアターもシアターカフェもご来場お待ちしております。

KENTARO!!のワークショップとダンス

                                 書いた人:クロコ

昨日は18日から毎夕(19日は休み)1時間半づつ繰り返したワークショップの発表公演でした。

 

4日間のレッスンと発表の為の舞台稽古で、学生チーム12名(小学校3年~大学1年)と学校の先生チーム10名がそれぞれ13分程の作品を発表しました。

こんな短い期間で、しかも踊りの経験のない人もいる中で、振りを覚え踊りきったことに感心しました。

 

KENTARO!!さんのソロは約20分、振りは即興と言ってましたが確かにリハーサルとはまるで違い驚きました。

演劇やカッチリと振り付けの決まったダンス公演とは違い、何とも不思議な見たことのないゆるい空気の流れる時間でした。

それがKENTARO!!さんの持ち味なのでしょう。

 

客席から登場し、独り言のように観客に語りかけ、いつの間にか踊り始め、曲出しのCUEをかっこよく決め、

踊り出すと自由に動く身体、スピード感のある動き。

 

女性ボーカルのナンバーではスローな曲の中でアップテンポなダンスが延々続き、強く胸に響きました。

 

観やすい席!?

投稿者:Director's Choice


自由席の客席案内って難しいですよね。某劇場で「観やすいので是非こちらで。とても観やすいお席です。」と一番前の右から2番目を薦められました。


何をやるのかわかればいいので「じゃあいいですよ」と座りましたが、椅子が舞台に対して斜めに置いてあるので、正面を向いて座ると視界はスピーカーやらドアやら壁やら。舞台は視界の左端15%くらいに見えるだけ...


・・・うーん、まぁ・・・・・・ネ。やっぱりとっても観やすい席ですよ・・・というのはナシなんじゃないかと考えてしまいました。案内する方にも苦労はあるんだと思いますが・・・。


1ヶ月に40本くらい芝居を3年ほど観ていますが(さすがに少し減らして1ヶ月30本くらいにしようとは思っていますが)、1日に3本はしごすることもあり、こういうときは例えば紀伊國屋ホールや、一般的な劇場に近い小屋だと本当に身体が楽ですね。


祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹を立ち見で観ていた方は、本当に大変だったのでは・・・などと席に座りながらも思ってしまったのは、ミカン箱(のようなもの)を置かれて、ここに座ってネと言われて休憩ナシ2時間半(!)というのをたまにやる私だけではないかも知れません。
お芝居前に慌ててご飯を食べて、膝を抱えて座り、下手をすると足を地面につけるスペースもない最前列で2時間というのもやっぱりヘヴィーですね。


自由席の案内ということから、あれこれ考えてしまいましたが、吉祥寺シアターにおいで下さる方に丁寧なご案内をしなければならない・・・とつくづく感じる今日であります。