@kichi_theatre2005

吉祥寺の昼食事情

書いた人:コモト

 

コモトです。あっという間に4月も終わりです。
劇場では+1(たすいち)が昨日初日を迎えました。
本日は昼夜公演。当日券は開演の1時間前よりロビーにて販売していますよ~!

さて、Director's ChoiceさんやH.Hさんに便乗して、食の話をします!

シアターではいつも12~13時、13~14時の
シフトに分かれて昼休みを取っています。
出来るだけ安く!出来るだけ美味しいものを!
をモットーにお昼ご飯の選択をしているコモトですが、
今日はコモトが好きなお店を紹介します。

シアターから歩いて2、3分のところにある「伊千兵衛 dining 」
夜はダイニングバーをしているお店なのですが、
平日のみ、とっても美味しい定食ランチメニューが600~700円で食べられます。
肉・魚どちらもあり。食後にはドリンクも付いてきます。
店内のプロジェクターにはいつも某お昼のTV番組が。
「ナンチャン顔大きいな~」と思いながら観ています(すいません)

お昼過ぎからシアターでの芝居がある時など、ちょうどいいんじゃないかなと思います。
よろしければぜひ、お昼のご参考にしてくださいまし!!



■コモト、今日の一冊

定期的に読み返す漫画があります。
つげ義春『リアリズムの宿』。寂れた土地を独り旅。たまらないです。
映画にもなっているのですが、若かりし頃の
永塚圭史さんが出演されています。ステキ!

それでは、また!


 

岸田國士賞授賞式

投稿者:Director's Choice


岸田國士賞の授賞式に行く。


今回の3人の受賞者のうち、矢内原美邦さん(ミクニヤナイハラプロジェクト)と藤田貴大さん(マームとジプシー)が今シーズンの吉祥寺シアターに登場する。今シーズンの吉祥寺シアターには登場しないノゾエ征爾さんの受賞作「○○トアル風景」も素晴らしかった。失礼な言い方かも知れないが「ノゾエさんはこの作品で岸田賞をとりに行っていて、そして必ずとるだろうからみんな観に行って」と周りの人に宣伝していた...。


矢内原さんは彼女の人柄が生み出す空間そのものが"凜"としていて他の演劇人の誰とも違う透明な美しさを湛えている。藤田さんの若々しい才能は初めて観たときから「おもしろい感性の子が出てきた。なんてフレッシュな芝居なんだろう」と魅せられていたので、吉祥寺シアターに出てもらえて本当に嬉しい。

        
      
さて話は変わって、青年座に通うファンも多いと思う。僕もその1人だ。この辺り(代々木公園駅・代々木八幡駅エリア)は、ブーランジェリーなど名店が数多くあるが、ビストロとサカバTAKEのカレーをオススメしたい。「ボルドー風」「ブルゴーニュ風」「サヴォア風」など様々なカレーがメニューに並び、出てくるスピードも早い。時間のない芝居好きにはオススメだ。

                

メモリアル

                              書いた人:ししまるくん

柿喰う客 女体シェイクスピア002『絶頂マクベス』が先日、吉祥寺シアターでの
楽日を迎えました。
毎度のことですが、シアターを使用して頂いた様々な劇団及び団体様との
出会いと別れがあります。
自分で言うのも何ですが、その都度人並みにセンチメンタルになったりします。
シアターで開設準備期から働いていますが、だんだんと知り合う方が増えるに
連れて、その感情も増しているようにも思えます。
またシアターで公演したいと思っていただけるような劇場にすべく日々邁進だぁ!

さては、じゃ~んっと!


なんと『絶頂マクベス』出演の15名の美女軍団+演出家・中屋敷さんから
一筆頂いちゃいました!
連日の公演でお疲れにもかかわらず、ご協力いただきました。
近々、シアター内に掲出予定ですが、一足先にブログをご覧の方々へ♪♪

シアターにいらっしゃった際には、是非実物をご覧ください!


新作メニュー

                                書いた人:H.H

こんにちは、H.Hです。

今日は吉祥寺シアターに併設されているシアターカフェから
新メニューをご紹介します。

 


 



季節限定いちごミルクとはりねずみクッキーです!!


写真では、はりねずみクッキーのとげとげ具合がわかりにくいのですが
シアターカフェ店長さんお手製でございます。


か、、かわいい、、、
食べるのがもったいないっ!!

 


と言いながらも、一瞬で私のお腹の中へ消えていきました(おいしかったです♪)。



はりねずみの可愛さがH.Hの写真では充分に発揮できていませんので
ぜひシアターカフェにお立ち寄りになって確かめてくださいね。

また、写真でもわかるようにシアターカフェにはたくさんのアート系雑誌が置いてあるので
お食事、お茶をしながら雑誌を読んでいるお客様もいらっしゃいます。
一人でのんびりするには絶好の環境でございます。

吉祥寺でのんびりされたい時はシアターカフェへ!!
(シアターカフェ店長さん、ご協力ありがとうございました。)



 

 

T-Factory「騙り」と山椒マーボー!

投稿者:Director's Choice

T-Factoryの「騙り」を観る。バゾリーニの本は"お客を選ぶ"ものであるし、今回もエディプス・コンプレックスを扱っているが、ヨーロッパ文化やその背景にあるものに知識があるとないとでは、ずいぶん楽しみ方が分かれると思う。

それにしても、川村毅の全く衰えない創作意欲と、演出家としてのアイディアや役者に対する高い見識は、現代の日本演劇界にあって唯一無二の才能なのだと、彼の2作のバゾリーニ作品の演出を観ていて痛感させられる。


さて、今回のオススメはLAWSONの「マーボー豆腐丼」
これは技アリ!で山椒をきかせた味は、そんじょそこらの中華料理店を上回っている。500円のワンコインで買えるので、観劇で食べる時間のないときなどにぜひオススメしたい。この丼が気に入ったら、楊(池袋)に行き、それもOKならロンアール(板橋など)まで行けば、山椒をきかせたマーボーのちょっとした通になれるのだ!


         

サスペンデッズ!!

                             書いた人:H.H

こんにちは、H.Hです。

最近は、コモトさんも絶賛していた映画『ピナバウシュ 夢の教室』を
観に行きまして、同様にとても満たされた気持ちになりました。
特に音楽(三宅純さん)がとてもかっこ良く、私H.H、ビビッときてしまい
CDを即買いし毎日ピナワールドに酔いしれています。

 

さて、6月公演サスペンデッズ、吉祥寺シアターHPにて情報解禁しております!

吉祥寺シアターの1階ロビーではサスペンデッズの公演チラシが
いち早く手に入りますので、皆様吉祥寺でお買い物などのご予定が
ございましたらぜひお立ち寄りください♪
約1年ぶりのサスペンデッズ本公演、今からドキドキしております!
武蔵野文化事業団でのチケット発売開始は5月10日(木)10:00です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

そして、あっという間に柿喰う客『絶頂マクベス』吉祥寺シアター公演が
明日で終わろうとしています。
H.Hも大変楽しませていただきました。
明日で終わりだと思うと寂しいです。。
千秋楽の明日23日も若干枚数ではありますが、当日券を出す予定だそうなので
まだご観劇されてない方はぜひ当日券をお求めください!


それではまた!
 




 

5月の吉祥寺シアターは・・・

書いた人:コモト

 

コモトです。

絶賛上演中の柿喰う客『絶頂マクベス』も残り3ステージとなりました。
当日券・立見券をお求めのお客様もたくさんいらっしゃり、
劇場スタッフとしても嬉しいばかりです。ありがとうございます。

さて、今日は来月のお話をさせていただきます。
5月からの吉祥寺シアター主催・共催公演として、
8日にダンス公演「加賀谷香&レナ・ノイダウアー」
18日から東京タンバリン『婦嶽百景』が始まります。

8日(火)のダンス公演は、武蔵野文化事業団が主催する
”音とダンスのコラボレーション”シリーズのひとつです。
今年1月に開催した「幸内未帆&アリッサ・マルグリス」の公演では
非常に多くのお客様からお褒めの言葉をいただきました。

今回出演するダンサー・加賀谷香さんは
パパ・タラフマラや森山開次さんの作品でメインダンサーとして
出演された経歴を持つなど華々しい経歴のある方です。
(先日打ち合わせにシアターにいらっしゃったのですが、
ここだけの話・・・とっても・・・美人でした。)

ありがたい事に本日を持ちまして前売券が完売いたしました。
興味のある方はぜひ、当日券をお求めいただければと思います。

美しいヴァイオリンと優美なダンスの
コラボレーションにぜひともご期待ください!
 

 

■コモト、今日の一冊

本日は名作中の名作戯曲、チェーホフ『かもめ』をおすすめします。
先日吉祥寺シアター稽古場で開催された
東京タンバリン「吉祥寺お散歩」の中で、
この「かもめ」の中のワンシーンが出てきました。
戯曲なので少し読みにくさはあるかもしれませんが・・・
良い作品は時代を問わず良い作品なのだと、実感させられます。

それでは、また!


 

みなさんはどんな人?

投稿者:ピンクのイヤホン

平日の昼間などにどこかの劇場に行きますと、時々こんなことを考えることがあります。


「今ここにいる人はみなさんどんな人なのだろう?」


とある公演に、多くのお客様がいらっしゃっています。そのとき、劇場の客席に座っているお客様は「いったいどうして今日、この劇場に、この劇団の舞台を観に来たのだろう?」と思うのです。その日、その劇場に、その舞台を観に行くまでには、1人1人の中に異なったプロセスがあるはずで、みなさまどういうプロセスをたどって、同じ時間と空間を共有しているのだろうなと。


演劇、というのは、少なくとも私の周りでは大学生になるまではかなり縁遠い存在で、悲しいかな日本では演劇を身近に感じている人というのは、相対的に見て多くはないはずなのに、100人とか200人とか、時には1000人ほどの人が、同じ時に同じ空間で同じ舞台を観ているとうのは、なんだか不思議だなと思うのです。

辿ってきたプロセスで同じ舞台もきっと違って見えるのでしょうね。いつか劇場中の人に質問してまわりたいなと思っています。聞かれたときには、同じ仲間だと思って、邪険にせずお話しいただけたら幸いです。

    

おうちで柿喰う客!

書いた人:コモト

 

コモトです。

先日、映画『ピナ・バウシュ 夢の教室』を観て来ました。
ピナ・バウシュといえばいわずとしれたドイツの天才舞踊家。
演劇や美術と融合した独特の振付で、
2009年にこの世を去った今もなお世界中で圧倒的な支持を受けています。

ダンス経験の無い10代の少年少女との10ヶ月に及ぶ
作品製作の過程を追った映画だったのですが、
次第に変化していく子どもたちの表情や
愛に溢れたピナと指導者たちの姿を観て、ほろりときてしまいました。

帰り道は踊りながら帰りました!(心の中で)
東京ではなんと明日20日までの上映となっているようです。
興味のある方はこちらからどうぞ!


さてさて、柿喰う客『絶頂マクベス』も今日で折り返し!
そして今夜は全キャストが役をシャッフルして上演される
乱痴気公演!大大大フィーバーの予感!
当日券のお求めは吉祥寺シアターロビーにて
18:30から販売いたします。まだの方は是非!

そしてそして、、、風邪にやられてしまったあなた!
失恋して引きこもっているあなた!にも朗報です!
なんと今夜の乱痴気公演がお家のパソコンから見れてしまう!
Ustream配信が決定しました!

「絶頂マクベス=乱痴気公演=」Ust 配信
2012年4月19日(木)22:30~(予定)

UST配信はこちらから

今夜の公演をあきらめていた皆様、
ぜひぜひお家で柿喰う客をお楽しみください!
 

■コモト、今日の一冊

本日はこれから読む予定の一冊、
夢野久作『ドグラ・マグラ』をご紹介します。
先日観に行った舞台でこの一冊が取り上げられており、
興味本位で初めて探偵小説というものを手にとって見ました。
なんと、日本三大奇書のひとつらしいです・・・
なになに、「本書を読破した者は、必ず一度精神に異常を来たす」だと・・・?
OK!もう来たしてるからOK!というわけで感想は後日!

それでは、また!


 

搬入口

                                 書いた人:クロコ

搬入口って何?という方が多数だと思います、字面でだいたいの想像はできると思いますが、
観劇のお客様にはほとんど見えない部分です。
しかし、劇場には重要な部分で、スタッフにとって劇場仕込み日にまず最初に仕事をする場所です。

街中の複合ビルの中にある様な劇場では、なかなか十分なスペースが取れず
皆さん苦労しているところです。

吉祥寺シアターの場合は単体の建物という事もあり、
道路からトラックが入った搬入スペースは、そのまま舞台の奥の部分になっています。
これは少し珍しいのではと思うのですが、道路の高さと劇場床の高さが、
まったく同じでフラットなのです。

舞台の奥は通常シャッターで搬入スペースと仕切られていますが、
シヤッターを開けると舞台の奥行きが、倍になった様に感じられる為、
シャッターを開けた状態での使用が多いです。