桜の季節

書いた人:コモト

 

コモトです。
市役所への道すがら、桜!思わず写真を撮ってしまいました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




週末は人で溢れかえる吉祥寺ですが、
今週はお花見をしに井の頭公園へ行く人たちもたくさんいそうですね。

吉祥寺シアターから歩いて3分程の所に、
「二丁目SOZAI」という美味しいお惣菜屋さんがあります。
美味しいだけでなく、安い!
ここでお惣菜を買った後に、公園を歩くのも楽しそうですね。

ついでのついでに、ぜひぜひシアターにもお立ち寄りくださいませ!



■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは、リチャード・ブローティガン 『西瓜糖の日々』です。
西瓜糖が生活の軸になっている町の話です。 
それまでまったく洋書を読む習慣がなかったのですが
この本を読んでから洋書を集めるようになりました。


それでは、また!


 

『絶頂マクベス』ポスターが届きました!

書いた人:コモト



こんにちわ!コモトです。
昨夜はまさに春の嵐でしたね・・・!
コモトは運良くお休みでしたので、一歩も外を出ず
お給料明細とにらめっこしながら
4月の観劇計画を黙々と立てておりました。。

さてさて、先ほどシアターには、14日から始まる
柿喰う客『絶頂マクベス』のポスターが届きました!
うわーカッコイイ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



武蔵野市の各施設を中心に掲出予定です。
お見かけの際は是非まじまじと眺めてください!(笑)
とっても格好良いデザインになっています!

事業団でもまだまだチケット販売しておりますので
よろしくお願いいたします!



■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは、みうらじゅん『PEACE』です。
ご本人の様々なマイブームにまつわるエッセイ集です。
くだらなさ満点!こういう人がいるおかげで
世界はうまく回っているのだと思わされる一冊です(笑)

それでは、また!


 

突風!

書いた人:ししまるくん


アニョハセヨ~!



はじめまして、ししまるくんです。よろしくお願いしま~す!



今日は、風が凄まじい勢いで吹いてますね。

そんな中、明日初日のNeoMaskさんの公演チラシ束に、吉祥寺シアター今年度ラインナップチラシを折り込ませていただく作業をしております。

この突風にように勢いよく折り込めれば、1500枚ぐらい早くおわるのになぁ・・・と思いつつ。

手前味噌ですが、いい作品揃いですね。

みなさま是非観劇にいらっしゃってください!



ちなみにシアターでは演劇・ダンスだけではなく、たまに和太鼓公演もあるんですよ。

5月6日(日)、13時から入場無料で!ブラックボックスタイプの劇場での公演はなかなか粋ですよ。

実は昨日、出演される方がやられている焼肉レストラン寿香苑あまつぼへ行き、気合十分な様子を確認しました。

店内に貼られているお綺麗な娘さんの写真にも癒されたなぁ~(ルンルン♪)

勢い溢れる太鼓の後に、美味しいお肉はいかがですか?

ビバ、芸術と美食のコラボレーション!



 


チラシ撒きの旅

書いた人:コモト

 

はじめまして、コモトです。どうぞよろしくお願いします。

ここ数日、毎日の服選びに悪戦苦闘しています。
今日は昼間の穏やかな外気に合わせて薄手のコートにしたのですが、
先ほど休憩のためコンビニに向かうと矢のような冷たい風が襲ってきました。
季節の変わり目は怖い。花粉も怖いです。

さて、先日H.Hさんとシアターでの共催公演チラシを
吉祥寺のあちこちに配布してきました。
街の案内所、お洒落なカフェ、地元の本屋さんなど・・・
快くチラシを置かせてくださったお店の方々、ありがとうございました!
 

<現在の配布場所>

ブックス ルーエ(ブックカバーが可愛い!)
・イルカッフェ(ランチのご飯が美味しい!)
A.B.cafe(深夜までやっていて便利!)
・ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店(安心の品揃え!)
・街の案内所(受付の人達が親切!)


今後も配布箇所を増やしていく予定ですので、
吉祥寺にお立ち寄りの際は是非お手にとってご覧ください!

さて、4月は柿喰う客『絶頂マクベス』、東京タンバリン『吉祥寺お散歩』と
盛りだくさんの内容でお送りします!どうぞよろしくお願いします!



■コモト、今日の一冊

古本収集が趣味なコモトが、古本屋で見つけた掘り出し物、
お気に入りの一冊を毎回勝手に紹介します。

今回ご紹介するのは、保坂和志『プレーンソング』。
陽だまりのような日々を暮らす人たちの、何気ない日常の話です。
自分と自分の周りの人たちを見つめなおしたくなるような、
訴求力のある一冊だと思います。


それでは、また!


 

はじめまして!!


書いた人:H.H.


吉祥寺シアターブログ、ついに始まりました!


はじめまして、吉祥寺シアターH.Hです。
演劇についてはまだまだ勉強中なのですが、観劇した公演や吉祥寺シアターの公演、
地域の情報などをブログに書いていければと思います。


先月は別れの季節ということで、チャットモンチーの『サラバ青春』ばかり聴いてしんみりしていました。
しかし、今日から新年度がスタート!
新しい気持ちで、新しい出会いを大切に、生活していきたいものです☆


このような感じのブログを更新していきますので、読んでくださった皆様、
今後ともどうぞよろしくお願いします♪

3月を振り返ってみた。


書いた人:Director's Choice


はじめまして。3月の観劇は35回。できるだけ多くの公演を見ようと考えていますが、音楽などのコンサートもあり、行きたくても見送る公演も多いです。


吉祥寺シアターでは「ひょっとこ乱舞」としての最終公演や、「双数姉妹」の休眠(!?)前の最後の公演などがありました。
3月で印象に残っている公演は、『レシピエント』『サド公爵夫人』『お嬢さんお手上げだ』(作・演出 マキノノゾミ)、ミクニヤナイハラプロジェクト『幸福オンザ道路』などで、若手では「声を出すと気持ちいいの会」(主宰・山本タカ)がよかったです。


美味しかったレストランは「JASMINE(恵比寿/中華)」「(銀座/中華)」「チャントーヤ(御茶ノ水/カレー)」などですね。JASMINEのよだれ鳥と、蓮のライチ入り酢豚が特におススメですよ。

シアターブログスタート!


書いた人:ピンクのイヤホン


いつの間にか春ですね。4月です。突然ではございますが、吉祥寺シアターのブログをスタートします。


劇場って意外と不思議な場所といいますか、謎に満ちているのではないかと思いますので、吉祥寺シアターの日常やちょっとした裏側、吉祥寺シアターとは一見関係のない街のことや我々の日常などを、日々書き綴っていこうと考えております。


と言いましても、同じ吉祥寺シアターの日常も十人十色。我々スタッフの間でも少しずつ違っていると思いますので、そんな違いも楽しんでいただければと思います。


ちなみに、ワタクシのハンドルネームがピンクのイヤホンなのは、使っているイヤホンがピンクでそれが意外と目立つという、それだけの理由です。


それでは、末永くご贔屓いただければ幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。

こんな人たちが書いてます。

バタコ
茨城で生まれ育ち、高校時代にシェイクスピア作品と日本画に恋をして、大学では芸術学を学ぶ。納豆とたい焼きと犬と地元が大好きな食いしん坊。大人の落ち着きを身に付けるべく日々奮闘中。
 

ピンクのイヤホン
シビアな現実から目を背けるように物語の世界に逃避した10代後半に、俳優に憧れて演劇を始める。21歳の時、青年団の『東京ノート』を観て衝撃を受け、一時期平田オリザ氏の提唱する現代口語演劇に傾倒する。幾多の紆余曲折を経て、俳優の道は断念するものの、未だに演劇と関わりのある仕事をしているあたり、我ながら結構な演劇好きかも知れない。ジョン・アーヴィングの小説のようなダイナミズムに憧れるが、実生活はいたって地味というギャップに悩む。

 

↓これまで吉祥寺シアターを支えてきたスタッフたち
 
クロコ
10数年前に解散したオンシアター自由劇場で芝居を習う。その後約10年フリーの舞台監督、吉祥寺シアター開設より現在に至る。劇的、不条理を好む。


コモト
岡山県の集合住宅で生まれ、京都の大学で日本文学・戯曲の研究に勤しんだ後、卒業直前で吉祥寺シアターに内定をもらう毎度おなじみのギリギリガール。演劇に文学にお笑いにと、まだまだ多感なお年頃。


スピカ
北関東出身。社会科の資料や美術の教科書等ビジュアル的なものがあれば数時間は飽きない少年時代。学問的な成果には一向に反映されなかったが、いわゆる雑学、雑食性の素地は育まれた。進学を機に上京。都市論、哲学、美術史等に興味あり。


めろん
東京生まれ東京育ち。中高演劇部では男役ばかりで(※女子校) 女子からファンレターをもらう青春時代を過ごす。「まち×演劇」をテーマにこっそりインプロや朗読を続けながら、人生に悩むアラサー女子。