ご使用にあたって

一般事項

○使用承認書の提示
施設をご使用になる前に、当公会堂管理事務所へ使用承認書(承認書がない場合は領収書)を提示してください。

○責任者の所在
会場責任者の所在は、つねに明らかにしてください。

○湯茶の接待
湯飲み茶碗、急須、ポット等は用意してありますが、お茶の葉、布巾等は、使用者側でご用意ください。使用後は、必ず給湯室に戻してください。

○雨天のとき
正面玄関にビニールの傘袋を用意してありますので、入館時に使用してください。

○守っていただくこと
使用者は、次のことを守っていただくとともに、入場者にも同様に徹底してください。
(1)ゴミ類は、主催者が責任をもって、すべてお持ち帰りください。
(2)火気の使用には、特に注意し、許可されたもの以外は固くお断りいたします。
(3)使用許可のない施設を使用したり、立ち入らないでください。
(4)壁、柱、扉、窓ガラスなどにポスター等を貼ったり、釘などを打たないでください。
(5)危険物や不潔な物品または動物を持ち込まないでください。
(6)定員を超えて入場させないでください。
(7)施設内(ホール舞台面および客席は除く)での、大きな音出し(例:演奏、発声、合唱、朗読、読経など)は禁止です。また映像や音楽再生時には小音量で流し、他の部屋や廊下、屋外などへ音漏れしないようにご配慮願います。詳しくは受付職員までお問合わせください。
(8)入場者の安全確保の対策を行ってください。
(9)所定の場所以外では、飲食はしないでください。
(10)許可なく寄付金などの募金、商品の陳列・販売または飲食物の販売・提供をしないでください。
(11)騒音や大声を発したり、暴力行為を行うなど、他人に迷惑をかけないでください。
(12)施設内は禁煙となっております。

使用上の注意

○大道具類の搬出入
大道具類の搬出入の際は、当公会堂管理事務所へご連絡ください。
(注)搬出入車両は、必ず事前にお申し出が必要となり、当公会堂管理事務所が認めた車両のみ駐車出来ます。

○火気の使用
当公会堂の承認および消防署の許可がない限り、舞台・客席等で裸火の使用、危険物品の持ち込みおよび使用は出来ません。

○観客の整理等
(1)入場者の整理
主催者の責任で行ってください。
開場時間前に入場者が多数来館することが予想されるときは、場内外の整理員を早めに配置して混乱を防いでください。
消防法上、入場者の定員は厳守してください。

(2)飲食・喫煙
指定された場所以外での飲食は出来ませんので、観客には十分周知徹底してください(ホール客席では、飲食は固くお断りします) 。
施設内は、禁煙となっております。

(3)災害の発生等に備えて
観客の避難誘導、緊急連絡、応急措置等について、当公会堂管理事務所とあらかじめ打ち合せをするとともに、整理員を配置して、万一の場合にも万全の対策がとれるようにしてください。
緊急の場合は当公会堂管理事務所へ連絡し、当公会堂係員の指示に従ってください。

(4)盗難の防止
観客に対して、盗難などの注意放送を行ってください。
なお、盗難については、当公会堂は責任を負いかねますので、ご了承ください。

○舞台の使用
舞台、照明、音響などの設備、備品の使用、操作については、すべて当公会堂係員の指示に従ってください。

○楽屋の管理
使用者が責任をもって行ってください。部屋を空けるときは、盗難防止のため、必ず施錠するか、貴重品はコインロッカーに保管してください。盗難については当公会堂は責任を負いかねますので、ご注意ください。