使用の申し込みについて

申し込み受付期間について

区分 受付期間
茶道で使用する場合 使用する月の6ヵ月前の10日から使用日の前日まで
その他で使用する場合 使用する月の3ヵ月前の10日から使用日の前日まで

備考
受付開始日(月の10日)が休館日に当たるときは、その翌日から受け付けます。
また、使用日の前日が休館日に当たるときは、その前日までで受け付けを終わります。

ページのトップへ

使用時間について

準備および後かたづけも使用時間に含まれます。
茶道で使用した釜や電熱炉の冷める時間も考慮してください。

ページのトップへ

施設の申し込み方法について

施設の空き状況は、お電話でもお応え出来ますが、申請は窓口までお越しください。
電話および郵送によるお申し込みは出来ません。
申し込みの受け付けは、休館日を除き、午前9時から午後5時まで行います。

ページのトップへ

受付開始日の申し込みについて

○茶道で使用する場合の受付開始日は抽選会となります。
※「その他で使用する場合」の使用開始抽選会はありません。

○抽選会会場は松露庵で午前9時から開始いたします。
※抽選に参加できるのは1団体1名(合同で使用するときは、あらかじめその代表者を決めておいてください)だけです。
複数の参加が確認されますと、会場が確保できても取り消しになります。
受付開始日に申込み多数の場合は、午前9時までの来場者の間で協議または抽選で決 めさせていただきます。

ページのトップへ

受付開始日以降の申し込みについて

○抽選会終了後は随時、貸し出しをしております。
※受付開始日を過ぎますと、武蔵野市民文化会館、武蔵野芸能劇場、武蔵野公会堂、武蔵野スイングホール、吉祥寺シアター、吉祥寺市政センター、武蔵境市政センター、中央市政センターの窓口でも受け付けます。

ページのトップへ

申込書記載事項について

○申請される場合
申し込み時の現金による施設使用料の徴収はしておりません。納入通知書による振り込みとなります。
なお、使用申し込み後にやむをえない事情により、施設の使用を取り消しされる場合、施設使用料が未納であったとしても、使用料を納入していただきます。

○申請書の記入について
(1)申請団体(個人)名・代表者氏名・住所・電話番号
(2)連絡者氏名・住所・電話番号
(3)使用日・使用区分(午前・午後・全日)・利用区分(茶道以外の場合) (4)催し物の名称・入場予定人員

ページのトップへ

施設使用料の納入と使用承認について

○納入方法
申請後に納入通知書を発行いたしますので、所定の期日までに指定の金融機関に納入してください。
附属設備の使用のある場合についても、納入通知書を発行いたしますので、
原則として、所定の期日までに指定の金融機関に納入してください。

○施設使用承認書
施設使用料を納入いただいたことを確認しますと、ご使用を決定し、
主催者の連絡担当者あてに施設使用承認書を発送いたします。

○施設使用日等の変更
使用申し込み、使用料納入後に、やむをえない事情があり、使用日の30日前までに使用日または時間帯の
変更を申請して認められたときは1回に限り、使用日または時間帯の変更が出来ます。変更された場合、
既納の使用料金に不足金を生じたときは、不足分の使用料を追加納入していただきます。
また、過納金を生じたときは、その使用料の半額をお返しいたします。

○施設使用日の取り消し
使用申し込み、使用料納入後に、使用者側の都合で施設の使用を取り消される場合、納入いただいた使用料はお返しいたしません。
ただし、使用日の30日前までに取り消しを申請して認められたときは、その使用料の半額をお返しいたします。

ページのトップへ

譲渡、転貸の禁止

規定の申し込み手続きに基づく施設の使用権は、第三者に譲渡したり、転貸することはできません。

ページのトップへ

使用の制限等

次のいずれかに該当するときは、施設使用申し込みの承認をしない、または承認を制限、使用の停止、取り消しをする場合があります。

1.使用を承認しない場合
(1)公の秩序または善良な風俗を害する恐れがあると認めるとき
(2)施設または附属設備を損傷する恐れがあると認めるとき
(3)管理上支障があると認めるとき
(4)営利目的での物品の販売および講座等を行う場合
(5)冠婚葬祭
(6)飲食を目的として利用する場合
(7)大きな音を出すなど、近隣居住者などの迷惑となるおそれがある場合
(8)その他、武蔵野文化事業団理事長が使用を不適当と認めるとき

2.使用承認を制限、停止、取り消しをする場合
(1)武蔵野市の条例・規則に違反したとき
(2)使用の目的、条件に違反したとき
(3)武蔵野文化事業団理事長の指示に従わないとき
(4)災害などの事故により施設の使用ができなくなったとき
(5)工事その他の都合により、武蔵野文化事業団理事長がとくに必要と認めたとき

ページのトップへ