9/2(土)はチケット発売日です

2017年8月25日

9月2日(土)午前10時発売開始のチケット情報です。電話およびインターネットで同時に受付を開始致します。(窓口販売は残券がある場合に限り翌営業日から取り扱います)

 

 ■武蔵野市民文化会館 大ホール

2017年11月19日(火)15:00開演
第31回武蔵野シティバレエ定期公演
1986年の発足以来、多くの市民に愛され、支えられて続いてきた武蔵野シティバレエ。オーディションで選ばれたダンサーたちが、この公演のため長時間の練習を積み、渾身の力をこめて挑みます。今年は風間無限(演出・振付)が、古典的名作「くるみ割り人形」を、新しい演出、振付で挑みます。新感覚の「くるみ割り人形」にご期待ください。

 


2017年12月9日(土)16:30開演
稲垣潤一コンサート 2017
活動35年を経て、なお進化する、透明感あふれる歌声にのせて、大人のためのラブ・ソングをお届け!名曲、ヒット曲のオンパレード!

 


2018年1月26日(金)19:00開演
ブルガリアン・ヴォイス アンジェリテ
80年代に世界的ブームとなったブルガリアン・ポリフォニーの最高峰のグループが20年以上ぶりに来日!ノーベル平和賞授賞式、モスクワ赤の広場等、数々の伝説的コンサートを行い、グラミー賞にもノミネートされた、“神秘の歌声”。 関東で1回限りの公演が実現いたしました!

※武蔵野市民文化会館大ホールの新しい座席表はこちら

 

     

■ 武蔵野市民文化会館 小ホール

2017年11月30日(木)19:00開演
ヴァンサン・ル・テクシエ 野島今日子 デュオ・リサイタル
読響「アッシジの聖フランチェスコ」のタイトルロールで来日する名歌手による特別リサイタル!パリ・オペラ座、シャンゼリゼ劇場、ミラノ・スカラ座などに出演し、ムーティ、エッシェンバッハ、カンブルラン、ヤノフスキらと共演を果たすテクシエと、世界各地の音楽祭で伴奏ピアニストとして活躍する野島今日子による、"パリの燦めく知性"に唸る一夜。

 


2018年1月8日(月・祝)17:00開演
ヨルク=アンドレアス・ベッティヒャー チェンバロ&オルガン・リサイタル
ヨーロッパから"旬の人"を招聘し続ける武蔵野が贈る。レオンハルト、シュタイアーなどの薫陶を受け、キアラ・バンキーニ、ベルリン古楽アカデミーなどと共演するバロック鍵盤音楽の名手が初来日。

※武蔵野市民文化会館小ホールの新しい座席表はこちら

 

 

■ 武蔵野スイングホール

2017年11月10日(金)19:00開演
雲力思〈インカ・マービン〉
台湾オリジナル・ミュージック賞、ゴールデン・メロディー賞などを続々受賞し、世界各地のフェスティバルに出演!精霊信仰の民のエネルギーに満ちた歌声が身体の細胞を目覚めさせる!!

 

 

■ 松露庵

2017年10月21日(土)14:00開演
第49回松露寄席 神田鯉栄(講談)独演会
切れ味抜群の啖呵!迫力のある語り!講談界の新鋭、松露寄席初登場。注目の若手講談師を、35名限定でたっぷり2席。講釈台をうち鳴らす張り扇の振動まで感じられます!

 

 

■ 吉祥寺シアター

2017年11月3日(金・祝)~11月10日(金)
可児市文化創造センター ala Collectionシリーズvol.10 『坂の上の家』
第一線で活躍する俳優・スタッフが岐阜県可児市に滞在しながら作品を制作し、全国へ発信する可児市文化創造センター ala Collectionシリーズ第10弾!
今回は、岸田國士戯曲賞作家・松田正隆の長崎三部作として 90年代を代表する名作が、現代演劇の旗手・高橋正徳の演出で蘇る。
長崎大水害で父母を失くし、三人で助け合いながら生きる兄妹。 ある夏の初め、長兄が恋人を連れてくることになり・・・
何気ない日常の中に、家族や人の温もりを静かに描く傑作戯曲。



※上記公演はいずれも未就学児のご入場をご遠慮いただいております。br />

現在発売中および今後発売予定のチケット一覧はこちらからご覧下さい
(毎月末に、翌月の発売情報が掲載されます)
チケット予約専用電話番号: 0422-54-2011
インターネット予約(パソコン): https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
インターネット予約(スマホ、携帯): https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-m/
(インターネット・チケット予約システムはどなたでもご利用いただけますが、利用には事前のご登録が必要です。ご登録はインターネット上で、5分程度で可能です。)