ひよこちゃんの休日

 
投稿者:ひよこちゃん

  
ひよこちゃんは昨日の日曜日がたまたまお休みであった。武蔵野市民文化会館は毎週水曜日が休館日なので、スタッフにとって日曜日はあまり関係がないのですが、昨日は私、たまたまお休みでした。


休みの日くらい存分に寝ていたい!やら、いい天気だからお弁当を持って公園に行きたい!やら、色々としたいことはあったのですが、仕事柄あれこれ観てお勉強しなくてはいけません。で、昨日は予定を調整していたら行きたいものが3つありまして、しかもうまいこと3つとも時間がずれていました。これは全て行けてしまう...。いわゆるひとつのトリプルヘッダーですね(ミスター長嶋風に)。


「行けてしまう」とひとたび判明した以上、行かないという選択肢はかなりの罪悪感を伴うので、朝の日差しが爽やかな午前9時、ひよこちゃんは眠い目をこすって第1の目的地に向かいました。最初の公演は、鈴本演芸場で毎週日曜日10時から行われている「早朝寄席」。


この早朝寄席は、二ツ目が毎週4人出演し、1人2~30分ずつ口演するというもの。2ツ目の噺家さんの落語は定席ではじっくり聴けないので、なかなか貴重な機会です。しかも値段はわずか500円!同様に2ツ目さんが出演するものに、新宿末廣亭で毎週土曜日に行われている「深夜寄席」というものもございます。(こちらも木戸銭500円)


2ツ目だからって侮るなかれ!客席はいつもかなり埋まっていますし(初めて行ったときは驚きました!)、噺家のみなさんもここがチャンス!と言わんばかりの真剣勝負で高座にあがります。ここだけの話、ひよこちゃんは定席に行くよりも好きだったりします。


さて、若い噺家さん(と言っても、みなさま私より年上?)たちの熱のこもった高座に満足したひよこちゃんは次なる目的地に向かいます。新国立劇場で昨日まで行われていたバレエ「白鳥の湖」です。

毎年恒例の武蔵野シティバレエ、今年は10年ぶりに名作「白鳥の湖」を上演することが決まっています。駆け出しのひよこちゃんでももちろん「白鳥の湖」くらいは知っているのですが、それはチャイコフスキーの音楽だけで、実は「白鳥の湖」のバレエ公演を全幕観るのは初めてでした。もともと舞台鑑賞が好きなひよこちゃんとしてはバレエにせよ、オペラにせよ、最近は少しずつそれぞれの「流儀」のようなものが飲み込めてきたのか、グッと楽しみが増えてきました。


日曜日で、しかも超有名な「白鳥の湖」ということもあって、お子様連れもかなり多かった新国立劇場でした。お金に余裕があるとは言いがたいひよこちゃんは安いD席から鑑賞していたので、1階(S席)に座る子供さんたちがうらやましいです。子供の頃から、親御さんに連れられ、文化的なものを味わう機会があるのは素晴らしいことですよね。私はそういう家庭環境ではなかったので、殊更そう感じます。

   

2時間半の「白鳥の湖」にお腹いっぱいになったひよこちゃんはしばしの休憩と夕食ののち、次なる目的地、劇団マームとジプシーの公演「マームと誰かさん」を観るべく清澄白河まで!
マームとジプシーは、今シーズンの吉祥寺シアター自主事業のラインナップにもその名を連ねる、現在乗りに乗っている劇団で、劇作・演出を担当する藤田貴大さんは今年、見事に岸田國士戯曲賞を受賞、まさに今、各方面からひっぱりだこの売れっ子さんでございます。ひよこちゃんも今から1月の吉祥寺シアターでの公演が楽しみであります。

   

そんなこんなで、清澄白河を出たのは夜の9時40分!12時間を超える都内での公演三昧の1日は終わりを迎え、疲れ切った身体を引き摺り約1時間の帰路につきました。本日は全て比較的安価な公演だったので、鑑賞費はしめて6150円!でも、休みのたびにこんな生活をしているので、月末はもう火の車です。同級生の貯金談義はすべて聞こえないフリです。
  
    
  
嗚呼。19歳の時の自分はこんな風になるなんて思いもよらなかったですね......。おしまい。