美術館で即興演奏

 


執筆者:あ・と・お

 

以前、このブログでコピス吉祥寺(伊勢丹跡)の7階にある吉祥寺美術館のことをご紹介しました。

 

ここでは、ただ今、企画展「追悼・一原有徳展 ヒラケゴマ」を開催しております。異色・異才の遅咲き版画家といわれ、俳人で登山家でもあった一原有徳(いちはら ありのり)の石版画などの作品展です。

 

「追悼・一原有徳(いちはら ありのり)展 ヒラケゴマ」(吉祥寺美術館HP)
www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html

    

 

さてさて、美術館といえば、当然、絵画・彫刻・写真などの美術作品を展示するところですが、この吉祥寺美術館には音楽室なるものもあるのです。その音楽室で、今週の土曜日の5月26日(土)午後2時~、今回の企画展の関連イベントとして、演奏会「ジッケンセイサク×ソッキョウエンソウ」がおこなわれます。プロジェクターで投影された一原の作品からインスピレーションを得て、ピアニスト/作曲家の重松壮一郎(しげまつ そういちろう)が即興演奏などをおこないます。「モノタイプ」と呼ばれる一度しか刷れない版画の手法を好んだことでも知られる一原の作品に、重松の即興演奏がどう反応するか。一期一会。

 

重松壮一郎オフィシャルHP:
www.livingthings.org

 

重松壮一郎の過去の演奏の模様はYouTubeでもご覧になれます。
www.youtube.com/user/sosopiano/videos

 

事前予約制/入場無料(要入館券100円。小学生以下・65歳以上・障害者は無料)となっております。ご予約は、吉祥寺美術館で、お電話(0422-22-0385)または直接来館(10:00-19:30)にて、受け付けております(定員70名)。

 

土曜の午後のひと時、美術館で音楽いかがでしょうか?