クラウディオ・アストローニオと調律の話をする

 
投稿者:ヤマネ


鍵盤楽器は、調律をしますね。調律とは、まあ、簡単に言うと、音の高さを合わせる作業の事を主に指しますある鍵盤を押すと、ある決まった一つの音が出ますが、その高さを、テキトーに・・・もとい、「いいぐあい」に合わせる、そういう作業のことです。


この音の高さ、通常、一オクターブに音は12個ありますが、それぞれの「音と音の間の高さ」が均一ではない、ということはご存じでしょうか。


詳しい説明は省きますが、ともかく均一にはできない事情があるのです。えー、そんなこんなで、古来より様々な調律の方法が創り出されてきました。現在のピアノの調律はほとんどの場合「平均律」と呼ばれる方法でされています。これまた詳しい説明は省きますが、最初に「テキトーに」と書いたのはあながちウソではなくて、要するに、ほどよいさじ加減で、音を合わせているのです(なので、厳密に言うと、調律をしてもピアノの音は合ってはいないのです)。


先日10月14日(日)に「花咲けるイタリア・バロック音楽」と銘打ったコンサートがありました。このような古楽の演奏会を計画するときは、必ず調律法(とピッチ。ピッチについてはまたいずれ。)について事前に話合いがもたれます。現代の平均律という調律法が確立される前の時代の音楽が演奏されるので、その時代に存在したさまざまな調律法の中から、これだと演奏家が思うものを選んで指定してくるのです。


そして先日の調律方法はと言うと、ナイトハルト1732と呼ばれるものでした。その時なされた真剣な会話(主にメールでのやりとり)を再現してみましたので真剣にお読み下さい。


私=ヤマネ ア=アストローニオ 調=調律師


私「で、調律はどうします?」
ア「Neidhardt1732でよろしく。」
私「はい了解。調律師さーん、Neidhardt1732ですって。ナイトハルトって格好言い名前ですよね!」
調「ナイトハルト1732つってもいっぱいあるけど、どれカニ?」
私「なんかいっぱいあるみたいですけど、どれでしょ?」
ア「適当でいいよ」
私&調「・・・・。」


さすが、イタリア人ですねっ!イタリア万歳!!いや、決していい加減な態度で公演に臨んでいるわけではないので、そこはお間違いのないよう。ちなみに公演終演後の舞台裏で、調律師さんがこのナイトハルト1732について、アストローニオ氏と熱い会話を繰り広げておりました。


なお、日本の調律師さんの「技術の平均レベル」は、欧州と比べてどうやらめちゃくちゃ高いようだ(なぜなら、来るアーティスト来るアーティストが皆口を揃えてそう言いますから)、と言う事も書き添えておきます。