また一人大物が亡くなりましたね...。 その2

 

投稿者:あ・と・お
 
先日I.D.くんがデイヴ・ブルーベック氏死去のことをこのブログで書いていましたが、クラシックの世界でも、ロシアの名歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(Galina Vishnevskaya)氏の死が伝えられました。12月11日にお亡くなりになったそうです。享年86歳。ご存知の方も多いかと存じますが、夫はチェロ奏者の故ロストロポーヴィチ氏で、ソ連時代に政府から弾圧を受け、夫妻で長く亡命生活を送っていたことや、夫妻で小澤征爾さんと親交が深かったことでも知られていますね。
 
武蔵野では、過去にヴィシネフスカヤ氏のリサイタルやマスタークラスの招聘を模索したことがあるのですが、残念ながら叶いませんでした。しかし、2011年1月6日に、氏が設立されたモスクワのヴィシネフスカヤ・オペラ・センターとの協力でロシアの若手歌手たちを招いて「ヴィシネフスカヤ・オペラ・センターの新星」というコンサートを開催いたしました。
 
筆者がヴィシネフスカヤと聞いて思い浮かべるのは、ブリテンの『戦争レクイエム』のCD(1963年録音)です。お持ちの方もいらっしゃると思いますが、この録音では、ブリテン自らが指揮し、テノールはピーター・ピアーズ、バリトンはディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、オルガンはサイモン・プレストン、そしてDeccaの名プロデューサーとして知られるジョン・カルショーがプロデュース、と超豪華メンバーです。また、最近のこのCDにはリハーサルの模様も収録されていて、ブリテンとヴィシネフスカヤなど出演者とのやり取りも聴けますよ。
 
ブリテン『戦争レクイエム』(Decca)
 
合掌。