遅刻の顛末

 
投稿者:ひよこちゃん


昨日ふらふらとインターネットを見ていましたら、新国立劇場で俳優が時間を勘違いして現れなかったため、公演が1つ飛んだ(中止)というニュースを見つけました。
事情を全く知らないので、この件についてどうこうということはないのですが(ミスならミスで可能性としては起こり得るレベルかなとは思います)、なるほど想像してはちょっと気の毒になったり、新国立劇場の方の苦労を慮ったり、色々と考えてしまうニュースでした。


という話を、皆さまにふったところ、ヤマネ氏より天の声が!
「ベルリン国立歌劇場でも歌手が来なかったらしいよ」


おー、そうなんですね!というわけで、今日のブログのネタはこれで。


ベルリン国立歌劇場、現地時間4/7(日)16時開演、演目はワーグナー「ジークフリート」。
指揮者は言わずと知れた巨匠ダニエル・バレンボイム。しかし、ジークフリート役の歌手Lance Ryan(ランス・ライアン)が開演20分前になっても現れません。カバー歌手も何故かいなかったようで、舞台裏は当然パニック。しかし、そこは顔が広いバレンボイム。ベルリンにいた若手歌手Andreas Schager(アンドレアス・シャガー)に直電(したかどうかは知りませんが)、代役としての出演を依頼します。
そこはもちろんマエストロ・バレンボイムの頼みですから、快諾。でも、ベルリン・フィルハーモニーで18時開演のサー・サイモン・ラトル指揮「魔笛」に出演するから、それまでならOKとのこと。マエストロ・バレンボイムもそれにはOKをだし、1幕だけでいいから歌ってくれ、と。


そして、開演直前にAndreas Schagerは到着し、舞台上では副指揮者がジークフリート役のマイムをおこない、舞台袖からSchagerが歌うという形で、無事に1幕を乗り切ったそうです。めでたしめでたし。お客さんも事情が分かっていたようで、1幕終了後にはAndreas Schagerに嵐のような拍手が贈られたそうです。


因みに、大失態となったLance Ryanですが、慌ててやって来て2幕からは本人が歌ったそうです。どうやら18時開演と勘違いしていたみたいです。
やっぱり厳しく叱責されたのでしょうか・・・。いやいや、あらぬ想像はやめましょう。
4/18にも「ジークフリート」の上演がありましたが、そこではLance Ryanがちゃんと歌ったようです。


ちなみに、内容の詳細は下記のサイトを参照しました。
英語のサイトですが、短い文章なのでよろしければどうぞ。


"The tenor came in so late, he missed the first act."
http://www.artsjournal.com/slippeddisc/2013/04/the-tenor-came-in-so-late-he-missed-the-first-act.html