佐々木マキ見本帖

 

投稿者:I.D

子供の頃、ふんだんに与えてもらったこともあり、絵本が大好きでした。無数の絵本を読んだり、読んでもらったりしていましたが、そのなかでよく憶えているものに佐々木マキさんの『ねむいねむいねずみ』シリーズがあります。ポップでキュートな絵柄にハマって、繰り返し繰り返し読んでいました。それから『ムッシュ・ムニエル』シリーズ、これも好きでした。子供ですから、絵本は好きでも作者の名前などは気にもかけず、ほとんど憶えていないのですが、なぜか「佐々木マキ」という名前は鮮明に憶えています。

 

『ねむいねむいねずみ』を読むこともなくなった大人になってから、村上春樹にハマりました。グイグイと前のめりに読んでいると、安西水丸、和田誠とならんでしばしば登場する佐々木さんのイラスト。佐々木マキは再び僕にとって身近なものとなりました。村上さんも、昔から佐々木さんのファンと知って嬉しくなりました。

 

その佐々木マキさんの展覧会「佐々木マキ見本帖」が現在、吉祥寺美術館で催されています。『ねむいねむいねずみ』も村上春樹のも展示されているとあり、僕は早速観に行ってしまいました。そしてつい興奮して、マグカップまで買ってしまいました。

 

ご興味のある方は是非行ってみてください。5月15日までの前期と、それ以降の後期では展示作品も変わるようです。イベントも色々とあり、5月18日にはサイン会もあるとのこと。僕も子供の頃の『ねむいねむいねずみ』を持って行ってみようかしら(完全なミーハー)。

 

しかし、会場にあるビデオを見ているとショッキングなことがありました。ご本人が出演していたのですが、佐々木マキさんて男性だったんですね。ずーっと、約30年もの間、女性だとおもっていました。

 

「佐々木マキ見本帖」詳細

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html