アンドレアス・ショルのこと

 

投稿者:ヤマネ

ドイツのカウンターテノール、アンドレアス・ショルのチケットを発売しました。おかげさまで券売は大変好調です。

 

友の会でも5,000円と、当事業団の主催するリサイタル公演では比較的高額な部類に属しますが、さらにはカウンターテノールの公演は「チケットが売れない」というジンクス?もございますが、発売開始から3日間で、残席70枚(全470席です)を切りました。ありがとうございます!

 

写真をご覧いただければお感じになると思いますが、この方は、目の前をふらーっと歩いていても絶対に気づかなそうな、普通のおじさんです。写真がそんな感じなんでしょ、本物はそら違いますでしょう、と、思われるかもしれませんが、いやー、普通の、ふっつーの、おっちゃんです(強調しすぎ?)。いいひと。

 

前回(約3年前)も武蔵市民文化会館でだけ、歌って帰りました。その時、タクシーの中などでいろいろとお話をさせていただきましたが、偉ぶったところなど1ミリもない、フランクな方で、ハハハ、アハアハ、キシシシ、などと笑って過ごしました。だが舞台で歌い始めるとその凄さに驚いて椅子からステテテンテンと転げ落ちること請け合いです。

 

参考までにyoutubeの映像を貼り付けておきますので、一度ご覧下さい。デッカ・クラシックスのプロモーションビデオです。

 

いやー、みれば見るほど、普通のおじさんですなー(しつこい?)。でも、声も美しく無理もなく、単刀直入に、うまいんです。本当に。

 

前回のリサイタル公演ではNHKによるテレビ収録がありましたが、現場のディレクターの方が驚嘆して「いやー、彼は本当の傑物ですね。稀にみる逸材だっ!!」と何度も繰り返し絶賛されていたのをよく覚えております。

 

そんな天才に触れる機会、ぜひお見逃しなく!ショルを聴くチャンスは、残り70名様限定です。お急ぎ下さい!(・・と煽ってみたり)

 

■ 10.12(土)19:00  アンドレアス・ショル リサイタル詳細&チケット:

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/06/post-208.html