お茶を一服どうぞ。

 

投稿者:ラピスラズリ 

 

梅雨明けからずっと暑い日が続いています。

松露の“茶の湯”は、夏はしばらくお休み、次回は9月22日(日)の予定です。先日発売しましたが、14:00~のお席に少し余裕がございます。最近はすぐにチケットが売り切れ、なかなか買えないというお声もいただいていましたから、今がチャンスです!!

 

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/06/post-212.html

 

前回のお席は裏千家の茶箱のお点前。‘七夕’が近いということで、玄関には大宮八幡様の七夕飾りが飾られ、そこかしこにその趣を感じられるお席でした。

 

裏千家にはいくつか茶箱のお点前があるそうですが、今回は14代淡々斎(たんたんさい)の創案された、御所籠を利用した茶籠による「色紙点前」というお点前でした。御所籠に四枚の古帛紗・茶巾箱・二個の重ね茶碗の中に小ぶりの棗・コンペイ糖を入れたふりだし、その他必要な道具が入っています。それぞれの道具は傷まないよう、大津袋・網袋・袋・仕服に収められています。ひとつひとつがとても可愛らしく、おままごとのようでとてもうれしくなりました。

茶箱は旅先でお茶を一服いただけるようにと考案されたもののようですが、今ではちょっとした趣向で座敷や庭などでも楽しまれているようです。

 

松露の“茶の湯”には時折、お子様連れの方がいらして下さいます。(お子様もチケットをお求めいただきます。)玄関で靴を脱いで、足袋代わりの白いソックスに履き替えてから、待合へ入っていく様子を拝見していますと、和室の文化を体験していただくちょうどよい機会ではないかと感じます。正座して手をついてのご挨拶なんて、最近はなかなかしませんから。30分程はじっと座っていないといけないのがチョッピリ辛いかな~。でも、きっと「足をお楽にどうぞ」というお許しが出るに違いありません。お席にお子様が入られると、なんとなく和やかな雰囲気になるから不思議です。どうぞお気軽にいらして、ぜひ特製のお菓子とお茶を一服召し上がれ。

 

 

最近の猛暑でお野菜の値段が高めで困りますね。こんな時の優等生が“もやし”です。

ほんとに一年中変わらず・・でも、ちょっと手をかけるとよそ行きの姿になるのをご存知ですか?髭をつまんで取ってしまうと見かけは別人、口当たりもよく、シャキシャキして美味しくなります。高級(・・)中華料理では欠かせないひと手間!だから、調理場では‘未来の巨匠’が山のようなもやしと格闘しています。ちょっと面倒かもしれませんが、一度お試しあれ。