開館30周年記念公演その1~4月22日(火) エフゲニー・キーシン

 
投稿者:ヤマネ


来年、武蔵野市民文化会館は開館から30周年を迎えます。(ついでに言うと武蔵野公会堂は50周年、武蔵野芸能劇場も30周年を迎えます。実に目出度いと申しますか、キリのよい年度です。)


いやはや、30年の間、いろんな事があったなあ・・・(遠い目)。はっ、私は別に30年ここで働いているわけではなかった!しまった!


・・・わざとらしくて申し訳ありません。それで、30周年!何かやろうぜ!イヤッホオオオウウゥゥゥ!!というノリではないのですけれども、来年度、つまり2014年の4月から3月末までは、普段に増してきらびやかな公演も開催致します。注意深く検討し、その計画はほぼ完成致しました。


目玉と申しますか、特別な公演がいくつか開催される予定ですが、まずは来月半ばに発売を開始する公演があります。それは、エフ・・・・・。何を隠そう、現代ピアノ界最大の巨人の一人、エフゲニー・キーシンなのであります!武蔵野文化事業団の建物内などに掲示されていたり、都心のホールでもチラシが挟まれていたりもするので、既に目にして居られる方もおられることでしょう。


"超人"という言葉はこの男にこそ相応しいのではないかと思われる、あまりにも強烈な存在。むしろ「化け物」と表現した方が良いかも知れません。カラヤンが世に送り出したピアノの巨人です。この20年ほど、東京都内ではサントリーホールでしか演奏しておりませんが、この度、交渉の結果、特別に武蔵野市民文化会館で演奏して頂ける事になりました!! キーシンを武蔵野市で聴く機会など、滅多とあるものではありません!絶対にお見逃しなく!


なお、いま確認のためにニューヨーク・カーネギーホールのサイト(英語)を見てみましたが、来日直前の、来年3月10日の公演(来日公演と同じプログラムです)はどうやら既に完売しているようです。まだ4ヶ月以上ありますし、カーネギーの大ホールは2,800席あるのですが・・・・うーむ、早い!!ものすごい人気ですね!


武蔵野文化事業団ではこれまで皆様に格安で様々な公演をご案内してきました。この特別公演も、30周年を記念して、料金は思い切って低くいたしました。・・・・とはいえ、値段を聞いて「安くないジャン!!」と思われるかも知れません。が、キーシンは超有名人だけあって、出演料も爆発的に高いのです(詳細は12月3日以降に発表致します)。


一人でも多くの市民の皆様、そして友の会の皆様にお越し頂ける事をお待ちしております。キーシン始め、充実の公演を予定しております武蔵野文化事業団の来年度の主催事業にも、どうぞご期待下さいませ。


■キーシンの弾くスクリャービン:練習曲Op.8-12のYoutube映像:
武蔵野市民文化会館でも演奏予定です。