本年も何卒。

 
投稿者:ヤマネ

新年が明けました。


だいぶ時間が経ってしまいましたが皆様開けましておめでとうございます。武蔵野文化事業団は本年も全力疾走です。新年早々、チラシを刷っております印刷機(2台)が揃って仲良く故障したため、印刷機を求めて慌ただしく全力で駆け回っております。そういうことです。


閑話休題。クラシック音楽で新年と言えばニューイヤーコンサート。ウィンナ・ワルツやなんかで気楽にお楽しみ頂くコンサートが非常に多く開催されます。武蔵野文化事業団でも今年、ニューイヤーコンサートを小ホール、大ホールで一回ずつ、異なる団体で計2回開催致しました。


ニューイヤーコンサートって、楽しいですよね。私は大好きです。こんな日は、日頃の"ブルックナー魂"とか、"フライング拍手上等"とか、"なめ猫(~なめられたら無効~)"とかそういう小難しい事は脇へ置いておいて、アッッハハハハ!楽しいいいいいぃぃぃぃ!!と思って頂ければ幸いなのですが、皆様お楽しみ頂けましたでしょうか。。


「美しく青きドナウ」とか「ラデツキー行進曲」とか、心底、天才中の天才の作品だなと思います。普段はあまり聴きませんが、聴くとやはりああ、素晴らしいなと思うわけです。


こういった素晴らしい作品はテレビCMや映画でもしばしば引用されます。そうすると私の頭の中では何が起こるかというと、たとえば「皇帝円舞曲」が演奏されるとすぐにソニーのハイビジョン・トリニトロンのCMが頭に思い浮かび(ちょっと古いか)、「美しく青きドナウ」なら2001年宇宙の旅の宇宙遊泳のシーンが思い浮かぶわけですね。


最近ですと「トリッチ・トラッチ・ポルカ」を聞くとスマ保ッ、スマ保ッ、とウィーン少年合唱団が出て来ますね。実にうまい替え歌になっているので、頭にこびりついてしまって困ります。いや、話が全然関係の無いところに逸れて行ってしまいました。


あらためまして皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。