NHKテレビ収録の秘密 その1

 
投稿者:ヤマネ


先日、2月24日月曜日、武蔵野市民文化会館小ホールで開催された有希・マヌエラ・ヤンケ公演ではNHKのテレビ収録がありました。ご来場頂いた方はもちろん一目でお解りになったと思いますが、テレビカメラが小ホール客席に、そして舞台に、ズンズンズン、と置かれていました。


できる限りお客様のご迷惑にならないような場所にカメラを設置するのはもちろんのこと、客席内に設置されたカメラとその周辺の座席はブロックし、販売いたしません。お客様の中にはテレビに映るのはイヤだと仰る方も居られますので、チケットを販売するときは「NHKのテレビ収録がありますがよろしいでしょうか」と念押しをしてご購入頂いております。


たまに「聞いてないよ」と会場で怒られる時があります。申し訳ありません。必ず前もって、複数の手段で収録の告知をしておりますが、そういうクレームが来ましたら、改めて当事業団の内部でも電話および窓口販売の際に口頭でのご確認をするよう、注意事項として徹底するようにしております。


ところでここからが本題。これは意外と知られていないと思うのですが、皆様ご存じでしょうか。本番中は会場でカメラが何台か同時に回っていますが、あれは、その台数分の映像を録画している訳ではありません!!・・・何ということでしょう(←劇的ビフォーアフターの口調でお読み下さい。)


ホールの屋外に中継車というのが駐まっておりまして(上の写真)、私なんかは「ドーモくん」と勝手に呼んでいますが、この車の中で秘密作業が行われており、複数のカメラで撮られた映像がそこでなんと!1つの映像作品となり完成させられ、録画されるのであります!ババーン!!


なので、録画とは言え、あれは一発勝負なんですよ。カメラマンの方は相当な緊張感を持って、本番にあたっておられるのだと思います。カメラマンの手元をご覧頂ければ、台本があるのが見えます。あの台本を見ながらカメラマンさんはカメラを動かしているのです。ちょっと不思議な台本ですから今度チャンスがあったらこっそり覗いてみられると面白いのではないかと思います。