お悔やみ:ウルスラ・ホリガー

 
投稿者:ヤマネ


今年に入って早々、クラシック音楽界では、クラウディオ・アバド逝去のニュースが世界を駆け巡りました。あちらこちらで追悼の言葉を目にしました。80歳だったそうです。ガンを長い間煩い、ガリガリにやせた姿で、それでも精力的に指揮をする姿をみてすごいな、と思っていたのですが、ついに。


私がクラシック音楽を熱心に聴くようになったのは、ちょうどアバドがベルリン・フィルの監督をやっていた時でした。結局最後まで実演に接することはなかったのですが、CDや映像などで長く親しんだ大物演奏家の死に、いろいろと思うものがありました。


そうしていたら今度は、ウルスラ・ホリガー死去のニュースを目にしたのでした(上の画像はそのニュースを伝えるドイツのBRクラシックのサイト。原文はこちらから)。1月21日にお亡くなりになったようです。ハインツ・ホリガー(オーボエ界の巨人です)の奥様で、ハープ奏者です。2010年には武蔵野スイングホールにおけるハープ・リサイタルで見事な演奏を聴かせて下さった方です。


2012年にも来日が予定されていましたが体調不良のため実現せず。今年の来日も計画されていましたが、「回復の見込みはどうやらないようで、来日はしない」という悲しい話が数週間前に伝わってきていた矢先のことでした。残念です。


人生は一回限り、そして一方通行です。私たちもひょっとすると今日や明日に命が果てるかも知れない。与えられた命を大切に、そして有意義に生きなければとの思いを新たにした朝でした。