雪・成田空港・ドビュッシー

 
投稿者:ヤマネ


昨日の雪は凄かったですね。武蔵野市もすごいことになっております。昨日、私どもも建物のまわりの雪かきを朝昼夕と三回行いましたが、何というか、焼け石に水、かいたはじからざんざかざんざか積もって行き、ウーララー!という感じでした。左の画像はその時に撮った写真です。午後4時頃。今朝は朝から腰が、手が、身体が、はっています。


大雪のため、本日成田空港は陸の孤島と化しました。つまりそれは何を意味するか。本日午前中に成田に到着したアーティストが成田空港を脱出できない、という悲しい現実が発生致しました。携帯電話にSMSを送り、連絡を取り合っておりますが、なにぶん空港から脱出する手段がないため(電車、バス、高速道路、すべてダウン中。電車の券売機もクローズされてしまっている状態だとか)、また、こちらからもたどり着けないため、我々には「待つ」というコマンドを連打するよりほかありません。


朝一に不安を胸にお迎えに向かったひよこちゃんも、午後2時40分現在上野駅でひき続き足止めを食らっています。東京では毎年たまにしか雪がふらないので、降るとなんだか嬉しくて外に出て走り回ったりするのですが、今回は喜んでばかりもいられません。早く交通機関が回復することを祈るのみです。


雪と言えば、ドビュッシーの「雪の上の足跡」という曲があります。私はこの曲が大好きです。静かで、寂しい曲です。とぼとぼと足を引きずるように歩いている。車がチェーンをガシャガシャ鳴らしながら通るアスファルト道の雪では全く無い・・・。


興味深いことにドビュッシーはこの曲のタイトルを最初にではなく、最後の小節の下に書きました(と言うか、この曲は前奏曲集の中にありますが、これら前奏曲のタイトルは、全て「曲の最後」に記されています)。なぜか。


タイトルのイメージにとらわれすぎないで欲しい、フレッシュな耳で曲のイメージを感じて欲しい、との思いを込め末尾に記載した、とかだったと思うのですが(高校生の時に読んだドビュッシーの評伝に書いてあったと思うのですが、正確なところは記憶が定かでありません、すいません)、音楽とは、事前に手元にある情報によってバイアスをかけられた状態ではなく、可能な限り純粋に自分の耳で聴き、自分の考えで判断する事が大切なのだとドビュッシーは教えてくれているのだと思います(とは言え、そう簡単な事ではないのですが・・・)。
  

■ドビュッシー:雪の上の足跡 (演奏:ベネデッティ=ミケランジェリ)