3月2日(月)に、ブロンフマンの凄さを体験しませんか?

 
投稿者:ヤマネ


イェフィム・ブロンフマン。現在世界でも最も著名なピアニストの一人です。え、知らない?


そういう方ももちろん多くおられるでしょう。ツィメルマンやブレハッチのように、人気の国際コンクール(ショパン国際コンクール)で優勝したわけでもなければ、アリス=紗良・オットやエレーヌ・グリモーのように「きれい」というわけでもない。


むしろ、ふとっちょで(失礼)、イケメンでもないので(大変失礼!!)、外見的な意味での吸引力はない(・・・・申し訳ありません!!!)。だがピアノを弾かせると、怒髪天を衝く豪放な音楽を演奏するので、私たちは目を白黒させるよりない。


昨年、テニスの錦織圭が、世界ランキングの"トップ中のトップ"しか出られないという「ATPファイナル」に出場して日本国内ではおおいに話題になりましたが、皆さんは昨今の活躍をご覧になっていますでしょうか。錦織圭選手の勇姿を。え?知らない?・・・バカな!


このテニスに例えるなら、ブロンフマンは毎年ATPファイナルに出ているに違いない、世界のピアニストの中の大物中の大物なのです。


たとえば同じくATPファイナルに出ていたバブリンカという選手を知ってた、という人はある程度以上のテニスファンだけでしょう。フェデラーやジョコヴィッチと比べて知名度は低い。しかしその腕はモーレツなのです。爆発的に上手なのです。


ブロンフマン、みためはブサメンだし(*何度も申し訳ありません。このあたりは個人により考え方が異なる)、決してキムタクのような華麗な存在ではないが、演奏はド派手そのもの。無差別級で、開始早々の一本勝ちであります。


・・・・・おそらく決まり手は背負い投げか内股でありましょう。崩れ上四方固めや蟹挟みなど、小難しい(?)技は出ません。がっぷり組んで、投げ飛ばす。ちぎっては投げ、ちぎっては投げ、そういう事のできる希有な存在でありましょう(注意:蟹挟みは反則技です)。


しかも、今回、3月2日(月)にブロンフマンが武蔵野で演奏するのは、本人が極めて得意としているプロコフィエフの「戦争」ソナタ3曲。「ドビュッシー以後、最高のピアノ音楽作曲家」とさえ評されることもあるプロコフィエフの傑作です。


ブロンフマンは集中的にプロコフィエフに取り組んでいるのであります。来年は「世界の音楽の殿堂」カーネギーホールで、全曲演奏も予定されています。


いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。あ、三度書いてしまいました。しかし、何度書いても書きすぎという事はないでしょう。


現代のピアノの巨人演奏を、絶対に聴いて下さい。間違いなく、今年の目玉公演の一つであります。みなさまが度肝を抜かれること、請け合います。


■残り63枚。3月2日(月)ブロンフマンの公演詳細は:
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2014/11/post-392.html

■インターネットでのチケット購入はこちらから(座席指定可):
https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/index.jsp?id=2703021&type=N