終戦直後のコンサート

 
投稿者:Lepi
 
 
 
戦後70年のシリーズで書いてきたブログも今回で最後です。
 
70年前の昭和20年9月14日、終戦から約1ヵ月後のこの日、オーケストラのコンサートが行われたことをご存知でしょうか。演奏したのは、日本交響楽団、今のNHK交響楽団で、場所は日比谷公会堂です。現N響の戦後初の公演会で、この日の公演の記録は、N響のホームページの演奏会記録に詳細に載っています。
 
NHK交響楽団演奏会記録 www.nhkso.or.jp/library/archive/index.php
 
そして、手元にこんなチケットの半券があります。昭和20年9月15日の日本交響楽団(現N響)の公演チケットです。えっ、1日違うのでは…。実はこのとき、9月14日、15日と2日間、同じ曲目で公演が行われています。
 
惜しい!初日のチケットではないのか!などと思ってはいけません。終戦からまだ1ヵ月、戦後の混乱期に、こんなに早く公演が行われていたこと。しかも2日分のチケットが売れたということ。終戦直後のイメージからすると驚くばかりです。チケットの紙や印刷も、結構しっかりしています。
 
当時の会場の雰囲気はどうだったのか、チケットはどこで売っていて、どうやって買うのか。初日のチケットは、なぜとれなかったのか。当時の公演会のもろもろを、もっと聞いておきたかったと思うばかりです。公演を実現する方たちの大変な努力があったと思いますし、聴きにいった人たちにもいろいろなドラマがあったと思います。そして、困難なときにも、音楽を愛する人たちと音楽を渇望する人たちが大勢いたのだということを感じさせてくれる資料です。