成蹊学園でコンサートを

 
投稿者:ヤマネ


そろそろ、皆様のお手元に来月の発売情報のDMが届き始めているのではないかと思います。一番目につく公演は何でしょうか?そうです、成蹊学園でバッハを聴く公演であります!!


成蹊学園、ご存知でしょうか。武蔵野市吉祥寺北町にあります。そしてそこには美しい大講堂があります。この冬、その大講堂で、当事業団主催によるコンサートを実施する事が決まりましたのでそのお知らせをいたします!ウラー!!


イタリア人のチェンバロ奏者で、ライプツィヒのバッハ国際コンクールで優勝しているフランチェスコ・コルティという方をお招きし、「バッハとその時代」をテーマとしたプログラムを披露して頂く事になりました。


12月20日(日)午後2時開演 フランチェスコ・コルティ チェンバロ・リサイタル


美しい煉瓦造りの建物、まっしろな壁、高い天井などが実に気持ちの良い空間です。学校の内部という、普段はまず足を踏み入れることのない場所での公演です。ぜひお越し下さい。チケットの発売は9/4金、午前10時からです(全席自由席)。ご予約お待ちしております!!ウラー!!


内部の画像が見たい!と言う方のために、特別に、中が見られるURLを貼り付けいたします(上から目線)。ぜひチラッチラッ、とチラ見して下さい。
http://www.kotobuki-seating.co.jp/cd/app/?U=/example/training/seikeigakuen.html


場所は吉祥寺駅から徒歩15分と、少し歩くのですが、いつも武蔵野市民文化会館に三鷹駅から歩いてきて下さっている皆様ならぜったい大丈夫!(いつも遠いところを有難うございます!!!!)。


成蹊学園は創立100年を超す名門。成蹊大学出身の有名人と言えば中井貴一、片桐はいり、銀河万丈、小池真理子、桐野夏生、石田衣良、高島彩、安倍晋三などの名前が挙がります(Wikipediaから個人的によく知っている名前を抽出)。


成蹊学園が武蔵野市吉祥寺に引っ越したのは1924年のこととありますから、90年以上の時が経過しているのであります。ウララー。