ゴルバッチの周囲で突如湧き起こった日本コールについて。

 
投稿者:ヤマネ


嬉しい話を聞きました。


ゴルバッチの周囲のギタリスト達はだいたい日本大好き!という話です。先日、武蔵野文化事業団が日本に招聘したウラディーミル・ゴルバッチは、初来日でした。


ロサンゼルスとシドニーを活動の拠点としていて、3週間に一度行き来しているらしいです。それはまたすごいような恐ろしい話ですが、それはともかくとして、両方の都市のギタリスト仲間に「日本に行く」というと、みんなが大興奮してOHHHH, I LOVE JAPAN!! I LOVE JAPAN!!!!と言った、のだそうです。ほんまかいな。


ロサンゼルスでキターと言えばロサンゼルス・ギター・カルテット。彼らも口々にI love JAPAN I love Japan!!と興奮していた、のだそうです。「日本が嫌いな人なんていないよ、リップサービスなんかじゃなくてね」と居酒屋で言っていただけました。いやはや、嬉しいことであります。あんまりに嬉しくて私はトーフの角に頭を打ち付けて気絶しそうでした。しかしトーフがなかったので枝豆の角を探し出して頭を打ち付けそうになりました。


でも日本は英語があまり通じないし、なかなかサバイバルは難しい国なのでは?と恐る恐るたずねてみましたが、そんなことはないし、何よりも日本に仕事で来れば(演奏家として招聘されれば)全てはうまくプランニングされているので困ることなどなにもない、とのこと。電車も正確に走っているしね。

今回ゴルバッチの来日スケジュールすべてをプランニングをしてくれたのはひよこちゃんであります。ひよこちゃんにここでも感謝したいと思います。もう君はひよこじゃない、立派な大人の白鳥になったんだよ!!(映画化決定、仮題「~ひよこから白鳥へ~」)


なお、ゴルバッチさんは日本食も大好き。お箸もお上手。白子の天ぷらを本人に内緒で頼みましたところ、これはなんだ、うまいな、え?白子?ああ、わかるわかるバリバリバリ(天ぷらを食べた音)、ロシアでも食べるよただしニシンのだけどバリバリ(天ぷらを食べた音)。


さらにはナットー?発酵させた豆?ああ、それはケルンで勉強していた時代に食べたことがある、美味しいと思ったよ、スティッキーなやつだろ、そうかあれは日本語ではナットーっていうのか、うまいうまい。


どうやら世界が日本においついてきたな?と思った日々です(広げすぎ)。