こんちゅうをご存知ですか。虫ではなく魂の柱と書くほうの

 
投稿者:ヤマネ


先日のアレナス公演もたくさんのご来場ありがとうございました。ショパンのチェロソナタとフランクのソナタというピアニスト殺しのプログラムでしたが(ピアノパートが非常に難しい)、鈴木さんに感謝。


鈴木さん、今度はラフマニノフも加えたプロでお願いします!!(ラフマニノフのピアノパートも難易度F。「チェロ付きピアノ・ソナタ」と言われる)


さて、公演の前々日に、チェロの調子がよくないんだよね、と、アレナスさんが言ってきました。出来たら、たぶんだけど、楽器屋に行きたいんだよ、と。なるほど、楽器屋ですか。


で、楽器屋に行く前にどういう症状なのか、あちきに教えてくんねぇかてやんでえ?と、何ちゃってべらんめえ口調で尋ねてみましたところ、サウンドのアジャストメントが必要なんだYONE、と横文字で返ってきました。むむむ、おぬし、出来るな・・・!!sound postの調整が必要だと思うんだYONE、と。


サウンド・ポストと聞いて即座に浮かんだ言葉、それがこんちゅう。魂柱って、英語でsound postって言うんだなと、勉強になりました。当事業団には昆虫博士はいますが魂柱に詳しい人はいません。なので、楽器屋に直行です。我々も楽器のスペシャリストではないのですが、まあまあ、いろいろな方のご助言をたまわり、楽器屋さんが見つかったのでお連れして来たわけです。


楽器やさんでも、見ず知らずの楽器の魂柱をさわるのは抵抗があるようでしたが(実際にシブーヤまでイノカシーラ・ラインで行ってきたひよこちゃん談)、ちょっちょっちょっ、と調整してもらった結果、少しは状況が改善したようです。良かったです。


魂柱が何なのか、どういう風にいじったりするのか、については、こういうページなんかを御覧下さい。ちょっと動かしただけで楽器の鳴りがものすごく変わるようなので、繊細な調整が必要だそうです。


とくに、アレナスさんの楽器は、とある財団が所有するめちゃくちゃ高価なもののようですから、さらに慎重にならざるをえない。


今日はみなさん、魂の柱と書いて、こんちゅうという物がヴァイオリン系の楽器の中には入っているのだ、ということだけ覚えて帰って下さい。来週のテストに出します。