進め!武蔵野文化事業団君

 
投稿者:ヤマネ


武蔵野文化事業団には車があります。商用車というやつです。この車、武蔵野文化事業団君です(たった今、名前が付きました。つきたてホカホカ)。はいどうぞ。



ザ・商用車ですよね。そうですよね。わかります。通常この車は武蔵野市民文化会館の地下にひっそりとたたずんでいます。地下駐車場に入るゲートの手前ぐらいが根城なので、目にした方は多いはずですが、この車の事をきちんと認識している方は少ないと思います(改修中の今は、市役所の駐車場が仮住まいです)。


で、この車の主なミッションはなんでしょう。はい、クイズ。カチカチカチカチ・・・ブー!!0点。


お教え致しましょう。この車は主としてチラシを運んでいます。チラシって紙なんですよ。紙って、重いんです。めちゃめちゃ重い。その重たい紙を、うおりゃーっと我々が積み込んでは運び出し、積み込んでは運び出し、という事をしています。


普段は武蔵野市内でしか走っておらず、市外に出ることは滅多にありません。もし見かけたら、あ!!いた!!急いで頭の中で願い事を3つ、車が消え去る前に唱えることが出来れば、もしかしたらあなたの願いがかなうかもしれませんよ(かなわなかったからと言ってうちに怒鳴り込まないでNE!)。


車体が深く沈み込んでいたら、チラシ運搬中なんだな・・・クスッ。って微笑んであげて下さい。車体が沈んでいなかったら・・・・運搬終わったんだね(運搬していないんだね)・・・クスッ。って微笑んであげて下さい。手なんか振って頂いたら、喜んでクラクションをパアアアアン、ってやりますよ(迷惑な運転手だ)。


商用車はたまに人も運びます。あんな指揮者や、こんな大歌手もホテルからホールまでお連れしました(近距離限定です)。えっへん。グラツィエ!ノルマ!!・・・・ちなみに諸般の事情あり、急遽羽田空港にアーティストのお迎えに行ったこともあるんだぜえ?


さすがにそのときは気が引けて、こんな車で申し訳ありません、と言ったところ、いいって事よ、という感じのお返事を頂きましたので少しだけ安心いたしました。少しだけ。でもってその羽田からの戻り、大渋滞に巻き込まれ猛烈に時間がかかっちゃったことはあの子にはナイショだぜぇ?


しょうがないから高速を出て、オペラシティの駐車場に入れて、アーティストと大戸屋でご飯を食べて休憩しました。オペラシティって、入り口は小さいですが地下に特大の駐車場があるんですよ。べんりー(※迷子注意)。オペラシティ駐車場も知っている武蔵野文化事業団君は、なかなかのやり手だねっ!!


武蔵野文化事業団には実はもう一台、車がありますが、それはもっとレアキャラなので、今ここで触れることはいたしますまい。