市民文化会館絶賛仕事中

 
投稿者:ヤマネ


皆様、武蔵野市民文化会館です!はいっ!武蔵野市民文化会館ですっ!!ですっっっっっ!!!!!


そうです。我々は武蔵野市民文化会館にいるんです。つまり、長い間、玄関を開けたら左へ行く、という習慣が付いていたのに、明日からは右へ、と言われたようなものです。よくわかりませんけど、「すこしのとまどいと、かるいこんらんがある」・・・そういうことです。


今日も、武蔵野市民文化会館は来月からの再稼働を前に、バシバシとバンバンしています。え?何の事かわからない?なんだとっ、君っ、待ちたまえッ!!待て!ゴボウのささがきは、したことがあるのか!!ないのか!!ないだろう?ええっ!!?・・・ハァハァ・・・。本当に腹立たしいことだ。全く、最近の若者ときたら・・・。


そういうわけで今日の午前中は、ピアノの搬入がありました。武蔵野市民文化会館にピアノは全部で9台あります。どこにあるのか、全部確実にスラスラと言える人には症状を、ではなく賞状を差し上げます。私も考え込まないと言えない。ともかく9台あります。ざっくり言いまして練習室2台、リハーサル室2台、そしてホール5台です。思ったより多いね、でしょうか、少ないね、でしょうか。


このピアノたちが、完璧に直され戻って来ました。皆様の目に一番触れると思われるのは、練習室のヤマハ小型グランドピアノですが、これらも、ギラギラに輝きキラキラと輝かしい音の出るピアノとなって帰って来ましたので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。


ボディは磨かれてまぶしく輝いています。真鍮製のキャスターも、ゴールドのような輝きを放っており、感無量である。鍵盤のアクションもすっかり新しくなりました。鍵盤に触れてみると反応は敏感で、ちょっと踏めば一気に加速するフェラーリのような乗り心地だ(乗ったことないんで、すごく適当なたとえ)。


けさ実物をみた音大ピアノ科卒(20年前)の私山根がここに断言致します。何の情報もなく、これらのピアノを見て触った方の99.999999%までが、新品のピアノだと思われるでしょう。いやむしろ新品でここまで見事な音を出すピアノに出会えることもなかなかない。


新しいって素晴らしいですが、古いものを大切に使う、ということも素晴らしい事だと思います。ビバ!オーバーホール!皆様、武蔵野市民文化会館の新しいピアノにはご注目を。


ピアノのオーバーホールに関わって下さった日本随一の専門家の皆様にここで深い謝意を、あえて各国語で述べたいと思います。グラッチェ、ダンケ!メルシ、シェシェ、カムサハムニダ!ขอบคุณครับ!!


ではまた、ごきげんよう。