まだ入れないはずの小ホールに入る方法、教えます

 
投稿者:ヤマネ


みなさま、おばんです。お元気ですか。日曜の夜は静かで、仕事がはかどります。もとへ、たまっていた仕事がサクサクと消化されていきます。そして20時を過ぎた今、はたと思い至りました。ブログ、書いてないね、書いてないよ。一ヶ月近くも・・・。


いままでお待たせしていた皆様、お詫びいたします!ごめんよ!ごめんね!Sorry!


ウィーン・アカデミー管弦楽団の激動の4日間があり、私たちは燃え尽きました。そして先週はきゃーって皆が喜ぶウィーン少年合唱団の公演があり、さらに白く灰のように燃え尽きました。そう、お嬢さん、真っ白によ・・・。


ホールをお借りいただいての公演も行われており、武蔵野市民文化会館は活動再開をしっかりと始めています。小ホールはまだ残念ながらあいていないので、100%フルスロットル!というわけには行きませんが、ま、90%ぐらいの状況でございましょうか。


新車にも慣らし運転が必要でございますね、武蔵野市民文化会館もまだまだこれから。というわけで小ホールの方は、なんでございますね、5月21日のラトビア放送合唱団、これが主催公演として改修後初の公演になるわけです(チケットは完売しております)。うおお、楽しみだぜ。果たして音響はどうなっているのか・・・!!ご期待ください。


うおおお、待てねえよ、やべえよ、という強烈に江戸っ子な小ホールファンの方のため今夜は特別に、もう、特別だからね?抜け駆けで最新の小ホールを体験いただけるちょっとした裏技をご紹介いたします。しかも・・・タダなんだぜ・・・。


あさっての夜、つまり2017年5月16日火曜日の午後7時から「パイプオルガン見学会」なるイベントが小ホールで実施されるのです。これは何か。パイプオルガンはいまも小ホールで修理、調整をやっているのですが、技術者であられるディック・コーマンスさんと長山結さんが舞台上で話し、ちょっとオルガンも弾いてみる、という1時間ぐらいのイベント。うおおお!!燃える!!!先月のプレオープンデーでも実施されたこのイベント、実はメチャクチャにもりあがりました。面白いなんてもんじゃなかったんだぜ、本当に?当日来られなかったという方のため、にもう一度実施する運びとなりました。


新しくなった武蔵野市民文化会館のオルガンの音が、そして新しくなった武蔵野市民文化会館小ホールの音が、聞ける!


しかもですよ、なんたるチアサンタルチア、これは無料イベントなんですよ。いよっ、太っ腹!空席ですか、ございます。気になる方はぜひ0422-54-2011までお電話ください。申し訳ありませんがこのイベントはネットでの予約はできず、電話のみの受付となりますのでご了承ください。