怒濤の公演ラッシュ&一息ついているこのごろ

 
投稿者:ヤマネ


主催公演が続きました。


今月頭の3日土曜日のジェフ・バラードから10土曜日の松居直美まで、休館日の水曜を挟み、待ったなし!!ズビズバコンサート!(ちなみに11日はオルガンコンクールのプレイベントということでクリーンセンターまでお出かけコンサートもありました。)


というわけでわりかし疲労していた私ですが、本日までにだいぶん復活いたしました!!息子×2の寝顔もまた栄養源であります。そう、ここは小声で言いますが今日で40になりました。え、何のことかって?それは内緒だぜ。不惑って何だ?俺のことか!!!


次の主催公演はダン・タイ・ソンですね。16日金曜日まで一週間近くも公演がない。なんと静かな日々なのでしょう。それにしても、と私は思うのですが、驚きの絶えない一週間でした。いろいろご来場いただきました皆様はどの公演がお好きだったでしょうか。


個人的にはとりわけホリガーの公演が素晴らしく印象に残りました。ホリガー、絶好調。東響の荒木さんが共演でしたが、ホリガー、シュプバッハ両者にとって「かわいい孫」みたいな感じでしたね。二人でむちゃくちゃにかわいがっていた様子が印象的でした。いや、かわいい孫っていうけど、楽器を持たすと実はすごいんだぜ?そのギャップもまたイイネ!


ブリュッセル・フィルはいかがだったでしょう。こう言いますと怒られそうなのですが「期待を大幅に上回る演奏」で、とてもいい印象を受けました。初来日公演はまだ続行中のようですので、お近くにお住まいの方は行かれてみてはどうでしょう。


知名度はヨーロッパでもそこまで高くはないそうですが演奏は評判がよいとのことで、このプロジェクトに関わるイギリスの方がこのように言っていました。「ブリュッセル・フィルのコンサートに来た人はみんなショックを受けるんだよね。人々が期待するよりもはるかにいいオーケストラで、いい演奏をするからなんだ」。


知名度と実力、そのバランスの取れた幸せなオーケストラになっていくといいですね。いや、知名度、実力もどんどん上がっていくといいですね!


それでは今月後半も、がんばっていきまっっしょい。今月を乗り切りさえすれば、今年も残すところあと6ヶ月!!(もう1年の半分が終わるという驚愕の事実にあなたは耐えられるか!!)