スタッフブログ:カテゴリ

デヴィ夫人、『魔笛』を応援する

投稿者:I.D

デヴィ夫人が、10月17日に武蔵野公演も行われるプラハ国立歌劇場の歌劇『魔笛』のPR大使に就任いたしました!

 

…なにしろデヴィ夫人です。元大統領夫人であります。私は存じ上げないのですが、おそらくオペラにも造詣が深い方なのだと思われます!

 

デヴィ夫人はもうすでに各メディアでプラハの『魔笛』の魅力を大いに伝えていただいているのですが、直近の出演情報は次の通りです。

 

・番組名  「PON!」(日本テレビ)

 放映日時:10月8日(火) 10:25~11:25

 

・番組名  「ヒルナンデス!」(日本テレビ)

 放映日時:10月8日(火) 11:55~13:55

 

・番組名  「飛べ!サルバドール」(文化放送 ※関東圏のみ)

 放映日時:10月8日(火) 16:00~17:00

 

・番組名  「徹子の部屋」(テレビ朝日)

 放映日時:10月10日(木) 13:20~13:55

 

すいません、「PON!」はブログのアップの時間には終わってしまっていますね。録画した方が是非ご覧になってください。注目はなんといっても「徹子の部屋」ですね。デヴィ夫人と徹子の普通のトークだけでも充分楽しめる上に、『魔笛』のことをお二人がどんな風に語り合うのか…、見逃せません!

 

『魔笛』の武蔵野公演は残券14枚。完売間近です。ご希望の方はお急ぎください!

 

10/17 プラハ国立歌劇場『魔笛』

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/04/post-186.html

 

 

スコティッシュ・ハープ

投稿者:I.D

さてさて、昨日『カトリオーナ・マッケイ(スコティッシュ・ハープ)&クリス・スタウト(フィドル)』を発売いたしました。スコティッシュ・ハープとフィドルのデュオで、スコットランドの伝統音楽に根ざした音楽をやるのですが、色々と頭の中に「??」が浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

 

スコットランドねぇ…、メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」は好きだし、スコッチ・ウィスキーも好きだけど、「スコティッシュ・ハープ」ってのは聞いたことがないなぁ、という方がほとんどだと思います。

 

カトリオーナ・マッケイはスコティッシュ・ハープについて、このように説明しています。

 

『クラシック・ハープよりサイズが小さく、弦の数も少ない。クラシック・ハープには足ペダルがついているけれど、スコティッシュ・ハープはレバーを手で動かす作り。これはオートマの車か、ギア付きかの違いのようなもの。

 

スコットランド、アイルランド、ウェールズ、ブルターニュにおいて、ハープは意味深い歴史をもっていて、文化の一部としてとても重要な楽器。「クラルサッハ・ソサエティ」(クラルサッハはゲール語でハープのこと)によると、スコティッシュ・ハープはスコットランドで一番古い楽器といわれ、古代の石の遺跡の彫刻にもその絵柄が見られるとのこと。12世紀には他国の学者に、スコットランドはハープ芸術の中心地として紹介されている。

 

しかし、18世紀にはハープシコードなどの鍵盤楽器にその地位を奪われ、衰退の一途をたどる。ほぼ絶えたかと思われた19世紀末に復興の波が押し寄せ、やがて今日の隆盛へとつながっていく。』

 

うーん、なるほどケルトとハープは切っても切れない関係なのですね。そういえばギネスのマークもハープですよね。カトリオーナによると彼女にとって「小さい」ということが意外と重要らしいです。『私は“祖国の一部”を持ち運ぶことができ、素晴らしい人達に出会えて、その人達と音楽の喜びを分かち合える』とのこと。

 

ちなみに「スコティッシュ・ハープ」と「アイリッシュ・ハープ」「ケルティック・ハープ」の違いは、「フィドル」と「ヴァイオリン」の違いのようなもの、つまり明確な違いはないようです。

 

さて肝心の音は…、やはり聴いていただくのが一番です。

 

 

カトリオーナ・マッケイ&クリス・スタウト 公演詳細

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/08/post-225.html

 

 

 

ロン・カーター

投稿者:I.D

8月3日には、ロン・カーター(11/27公演)を発売いたします。ロン・カーター!言わずと知れた超大御所だっっ! と興奮しても、当然「なんか名前聞いたことある程度…。」もしくは「そんな人、知らん!」とおっしゃる方も大勢いると思うのでちょっとご紹介を…。

 

カーターは、御年76歳、芸歴50年以上、1960年代よりモダン・ジャズの歴史の直中を歩みつづけるジャズ・ベーシスト。

 

まずなんといって60年代の、マイルス・デイヴィスのクインテットということになるでしょう。ポール・チェンバースの替わりとして、1963年に加入。マイルス、カーターとハービー・ハンコック、トニー・ウィリアムス、ジョージ・コールマン。翌年にはコールマンがウェイン・ショーターに替わり、68年頃まで続くクインテットが出来上がる。

 

カーター、ハンコックとトニー・ウィリアムスは、ほぼ同時にマイルスの元に集まってきたのですが、マイルスはその時のことを、自叙伝でこう言っています。「新しいクインテットはものすごいバンドになるという自信が、オレにはあった。彼らはほんの二、三日間であれだけすごくなったんだから、二、三カ月後にはどうなっているんだろうかと、こみ上げてくる興奮があった。それは、オレがしばらく忘れていた感覚だった。すばらしい、ものすごい音楽が聞こえてくるようだった。」(中山康樹氏訳)

 

またマイルスはこんなことも言っています。「(このクインテットで)個人的な関係では、たぶんロンと一番近かっただろう。…バンドの中でおふくろに会っていたのは、ロンだけだった。」

 

70年代にもV.S.O.P.クインテットへの参加など、活躍を続けるロン・カーターですが、なんと彼はこれまでに2500枚以上ものアルバム録音に参加しているとのことなのです。ちょっと待ってくださいよ。50年間でって言っても、年間50枚、つまり…50年間コンスタントに7.3日に1枚の録音をしないとその枚数にはならないぞ。うーむ、恐るべし。しかもその共演者が、ソニー・ロリンズ、ビル・エヴァンス、ベニー・グッドマン、アレサ・フランクリン、B.B.キング、ジェームズ・ブラウン、クロノス・カルテット…。挙げるとなると延々続くのでやめますが、豪華絢爛です。

 

往年のジャズ・ファンから、最近ジャズにハマりかけている方まで、皆様是非お越しくだしさい!(ホームページは近日中に公開いたします。)

ロン・カーター アメージング・トリオ

11月27日(水)19:00開演 / 武蔵野スイングホール / 全席指定 友の会 4,500円(一般5,000円)

 

 

夏休み、パントマイムに出会う

投稿者:I.D

本日6/29日は、親子のための特別公演の発売日でした。おかげさまで3公演すべて即日完売となりました。誠にありがとうございました。

 

さて、7月29日にも子供も大人も楽しめるパントマイム公演「ミミリチ」があります。0歳から入場可能で、3歳未満はひざ上鑑賞無料です(3歳以上有料)。

 

ミミリチは、ウクライナのキエフを本拠地とするパントマイム・グループ。1960年代にソ連のクラウン芸に革命を起こし、夭折した伝説の天才エンギバーロフを師とし、20以上の世界各国のコンクールに次々に優勝、入賞する“すご腕”集団です。1990年代より、前身の「ミミクリーチ」としても何度か来日しており、その舞台を覚えている方もいるかもしれません。

 

今回の演目は、「ペーパー・ワールド」。その名の通り、“紙”を徹底的に使ったステージとなります。この世界を闊歩するクラウンは3人。

 

“お掃除屋”

オレンジ色の鼻が特徴。頭から2本のしっぽのようなものが出ている。キレイ好きな彼はゴミを見つけたら掃除をせずにいられない。

 

 

 

 

“もの書き”

青い眼の周りがチャームポイント。鼻に×の絆創膏がついている。彼にとって紙は自分の思いを伝えることができる大事な友達。

 

 

 

 

“Mr.グリーン”

緑色の鼻と口。ストレートの髪の毛は肩にかかるほどのびている。いたずら好き。彼は紙については、あまり気にしていないようだ。

 

 

 

このアナーキーな3人が“紙”の可能性を追求します。吊してみたり、映してみたり、破ってみたり。紙は彼らのアドリブの宝庫となります。大人もいつしか子供の心にかえる、“マイムの真髄”ともいえるミミリチの「ペーパー・ワールド」をお見逃しなく!

ミミリチ 公演詳細情報

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/03/post-170.html

 

 

 

 

"船乗り合唱団"リーダーへのインタビュー

投稿者:I.D

歌えヴァイキング!「ストーム・ウェザー・シャンティ・クワイア」…、と言われても多くの方は、なんのことだかピンとこないと思います。

では、本日はストーム・ウェザー・シャンティ・クワイアの創設者のホーコン・ヴァトレさんにお話を伺ってみましょう。彼は船歌のリーダーであり、ノルウェーの大型帆船SS Statsraad Lehmkuhl 号で長年勤務していた正真正銘の船乗りでもあるのです。

 

-- “シーシャンティ”って、どんな歌?

ホーコン・ヴァトレ:シャンティは、船乗りの歌の一部であり、とりわけ偉大な日帆船(大きな帆船)の労働歌として使用されます。帆船で行う仕事によって、(例えば、長距離航海、短距離航海、帆船のロープ をたぐりよせる時に歌うシャンティ、いかりを巻き上げる時のシャンティ、出港または帰港の時のシャンティ、等々…)シャンティにはさまざまな種類があります。

船乗りの歌は航海にはとても重要なもので、昔から「歌のある船は、幸せの船」と言われています。もし航海中に歌がないとしたら、それは悪いニュースです! 船唄の歌い方は、まずリーダーであるシャンティマン(キャプテン)がソロで歌って、その後、他の乗組員が繰り返し部分(リフレイン)に加わるのがスタンダードなスタイルです。 シャンティマンは航海においてとても重要な役割を担っているのです。 「シャンティマンは、金と同じ価値がある」と言われ、航海中 船員の士気を保ち続ける役割を果たします。 また、良いシャンティマンはロープを引く10人の船員と同じ価値があるとも言われています。

 

-- シャンティの魅力って?

シャンティの魅力は、とてもシンプルで、良い曲を生声でうたうところにあると考えています。そして同じフレーズを何度も繰り返すので覚えやすい。実際何より 100年以上も歌い継がれていることが、良い歌であることの証です。厳しい航海を乗り越えるには良い曲でなければならなかったのです。

 

--“ヴァイキング”とは何ですか?

ヴァイキングは8世紀終わりごろから11世紀中頃の探検家、戦士、商人、海賊、商人のことを言い、ヨーロッパ、アジア、北大西洋の国々の地域に定住しました。 ヴァイキングは、西はコンスタンティノープルやロシアのボルガ川、東はアイスランド、グリーンランド、ニューファンドランドまで長い船で移動しました。

一般的に‘バイキング’は‘海賊’を意味しますが、スカンジナビアでは、スカンジナビアからの侵略者のことを指す言葉として使われています。ノルウェーのヴァイキングの歴史は非常によく知られています。

 

--“海のフォークソング・フェスティバル”について教えてください。

海のフォークソング・フェスティバルは、私達もブレーメン(ドイツ)とRomanshorn(スイス)で出演したシャンティ(船唄)フェスティバルです。他のフェスティバルと違うところは、全てのフェスティバル会場とライブ会場で演奏することです。

私達の大きな目標は、若い世代の人たちに継承されてきた伝統的な船歌を継承することです。すべての年齢の人々と、幸せな時間を共有することはかけがいのないことだと思っています。元気な若い世代の人から、小さな子供やお年寄りに向けて音楽を届けます。シャンティは良い曲なので、どこに行っても大丈夫!

 

-- メンバーが住んでいるのはどんな場所?

ストーム・ウェザー・シャンティ・クワイアのメンバーのうち5人はストッドという島に住んでいます。ノルウェーのHordalandにある人口2万人の小さな市町村です。 ストッドの中には海岸線、フィヨルド、森、農地や山間部などが豊かにあり、“ミニチュアのノルウェー”と呼ばれています。 メンバーのひとりは、ストッドから約60キロ南のHaugesundに住んでいます。

 

 

10月4日(金)ストーム・ウェザー・シャンティ・クワイア(動画もあります。)

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/05/post-195.html

 

 

バシキール民族舞踊団

投稿者:I.D

6月2日より、ロシア連邦バシコルトスタン共和国の「バシキール民族舞踊団」を発売いたします。

 

地図をひろげて、「ロシア連邦バシコルトスタン共和国はどこですか」と言われた時、迷わず「ここです!」と即答できる方は、かなり筋金入りのロシア好きか、地図好きじゃないでしょうか。私はロシアも地図も好きなのですが、「ふーむ、ロシアのどこかだよね…(当たり前)、バルト三国やカムチャツカのあたりではなさそうな…、中央アジアのほうかな…」という感じでした。

 

どうもウラル山脈の南のほうにあるようです。広大な草原、透き通った川や湖のある美しい国だとのこと。ここに住んでいる「バシキール人」である振付家ファイジー・ガスカロフが1939年に創設したのが「バシキール民族舞踊団」です。

 

ガスカロフは1912年生まれ。1932年にボリショイ劇場附属の舞踊学校に入学、ロシア民族舞踊の巨匠イーゴリ・モイセーエフに師事し、多大な影響を受けます。モイセーエフもガスカロフを自らのバレエ団のソリストに起用したり、振付アシスタントをさせたりとかわいがり、一緒に活動し続けることを求めました。

 

しかしガスカロフは祖国バシキールの民族舞踊への情熱を断ちがたく帰郷。バシキールの人々の生き方、民俗学、風俗学などを徹底的に調査し、その成果を100作以上の舞踊へと結実させます。「バシキール民族舞踊団」はまさに、ガスカロフの情熱の結晶なのです。

 

さて、それがどんな感じの踊りなのか、というと動画を見ていただくのが一番ですね。“民族舞踊”“フォーク・ダンス”というと村の素朴な踊りを想起してしまいますが、彼らのダンスは民族性に、確かなテクニックとエンターテイメント性が加わった見応えのあるもとなっています。

 

 

 ↑38秒あたりからダンスが始まります。↑

 

「国立バシキール民族舞踊団」

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/05/post-194.html

 

 

 

「NYハーレム・ジャズ・トリオ」のマーク・ホイットフィールド

投稿者:I.D

映画監督ロバート・アルトマンの作品に『カンザス・シティ』というのがありました。この映画は、本筋とは関係ないジャズの演奏シーンが全編に溢れていて、むしろこちらが主役となっている感もあります。ここに登場するジャズマンは、実際に90年代に台頭してきた若手が、30年代の大物達を演じています。例えばこんな具合に。

 

レスター・ヤング → ジョシュア・レッドマン

ベン・ウェブスター → ジェームス・カーター

カウント・ベイシー → サイラス・チェスナット

コールマン・ホーキンス → クレイグ・ハンディ

ハーシャル・エバンス → デヴィッド・マレイ

 

ジャズにも造詣が深かったアルトマンが選りすぐった、この生きのいい若手たちに混じって、フレディ・グリーンを演じるのが、マーク・ホイットフィールドです。

 

1966年生まれのマーク・ホイットフィールドはジョージ・ベンソンに気に入られ、彼の手引きでアート・ブレイキー、ロイ・ヘインズ、ベティ・カーターなどと共演する機会を得ています。さらにベンソンの世話でワーナー・ブラザーズとの契約を成功。ファースト・アルバムのプロデューサーがトミー・リピューマという華々しいデビューを飾り、セカンド・アルバムは、ケニー・バロン、ロン・カーター、ジャック・ディジョネットを従えるというエリート・コースを歩んでいます。

 

その後もワーナーやヴァーヴから“ジャズ・ギターの王道!”という感じのCDを発売するほか、クリス・ボッティともよく活動することからもわかるように、スムース・ジャズも得意としています。ここらへんからも“ジョージ・ベンソンの後継者”と言えるんじゃないでしょうか。

 

今、脂がのって円熟の時を迎えるギタリスト マーク・ホイットフィールドが参加する「NYハーレム・ジャズ・トリオ」の発売は5月24日です!

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/04/ny.html

 

 

 

 

「リオーネル・ルエケ・トリオ」のベース奏者 マイケル・オラトジャ

投稿者:I.D

6月19日公演の「リオーネル・ルエケ・トリオ」はベーシストのマイケル・オラトジャにも注目してもらいたい公演です。

 

オラトジャはナイジェリア系英国人。11歳のころよりベースを始め、ジョージ・ベンソン、ジョン・パティトゥッチなどに影響を受け、リチャード・ボナに師事。

 

これまでに、スティービー・ワンダー、リサ・スタンスフィールド、テレンス・ブランチャード、チャカ・カーン、パティ・オースティンなどと共演しており、2009年には、ObliqSoundレーベルより『Speak』でリーダー・アルバム・デビュー、これはインディペンデント・ミュージック賞(R&Bアルバム部門)を受賞しています。

 

また、プロデューサーとしても活躍しており、躍進著しい歌手Somiのアルバム『If The Rain Comes First』などをプロデュースしています(このアルバムにはヒュー・マセケラも参加)。

 

彼の妻のアリシア・オラトジャも歌手であり、彼女とジャズ、ゴスペル、ソウル、アフリカン・ミュージックを融合したグループ「オラトジャ・プロジェクト」を発足。アルバム『The Promise』を発売、ヨーロッパ・ツアーなども成功させ、公私ともに(?)絶好調のオラトジャです。

 

■主役はもちろん、サイドマンも充実した「リオーネル・ルエケ・トリオ」は残券僅少です!

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/03/post-175.html

 

■オラトジャ・プロジェクトの動画です。(武蔵野公演に歌手などは出演しません。念のため…。)

 

 

 

 

 

佐々木マキ見本帖

投稿者:I.D

子供の頃、ふんだんに与えてもらったこともあり、絵本が大好きでした。無数の絵本を読んだり、読んでもらったりしていましたが、そのなかでよく憶えているものに佐々木マキさんの『ねむいねむいねずみ』シリーズがあります。ポップでキュートな絵柄にハマって、繰り返し繰り返し読んでいました。それから『ムッシュ・ムニエル』シリーズ、これも好きでした。子供ですから、絵本は好きでも作者の名前などは気にもかけず、ほとんど憶えていないのですが、なぜか「佐々木マキ」という名前は鮮明に憶えています。

 

『ねむいねむいねずみ』を読むこともなくなった大人になってから、村上春樹にハマりました。グイグイと前のめりに読んでいると、安西水丸、和田誠とならんでしばしば登場する佐々木さんのイラスト。佐々木マキは再び僕にとって身近なものとなりました。村上さんも、昔から佐々木さんのファンと知って嬉しくなりました。

 

その佐々木マキさんの展覧会「佐々木マキ見本帖」が現在、吉祥寺美術館で催されています。『ねむいねむいねずみ』も村上春樹のも展示されているとあり、僕は早速観に行ってしまいました。そしてつい興奮して、マグカップまで買ってしまいました。

 

ご興味のある方は是非行ってみてください。5月15日までの前期と、それ以降の後期では展示作品も変わるようです。イベントも色々とあり、5月18日にはサイン会もあるとのこと。僕も子供の頃の『ねむいねむいねずみ』を持って行ってみようかしら(完全なミーハー)。

 

しかし、会場にあるビデオを見ているとショッキングなことがありました。ご本人が出演していたのですが、佐々木マキさんて男性だったんですね。ずーっと、約30年もの間、女性だとおもっていました。

 

「佐々木マキ見本帖」詳細

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html

 

 

ジャズ・ギタリストのリオーネル・ルエケ

投稿者:I.D

今年2月に、ブルーノート・レコードから「最新曲から歴史的名曲まで網羅した究極のベスト!」と銘打たれたコンピレーション・アルバムが発売されました。そのなかにノラ・ジョーンズ、カサンドラ・ウィルソンなどと並んで収録されているのが、リオーネル・ルエケです。

 

リオーネル・ルエケは、アフリカのベナン共和国生まれのジャズ・ギタリストです。小さい頃からパーカッションに親しみ、17歳でギターに目覚めたらしく、その頃はギターを買えずに自転車の鉄線をギター代わりにしていたとか。

 

パリを経て渡米してからは…、

・ハービー・ハンコック、テレンス・ブランチャードという超大物に気に入られ、ツアー同行やCD録音へ参加!

 

・2002年にはブルーノート・レコードよりデビュー!これまでに3枚のアルバムを同レーベルからリリース!最新作の共同プロデュースは、今年グラミー賞を受賞した今ジャズ界で最も勢いのある男の一人ロバート・グラスパー!

 

・2005年には、カルロス・サンタナと共に、夏の広島被爆60周年記念のコンサートへ出演!

 

・2009年には、アメリカの老舗ジャズ雑誌「ダウンビート」の批評家投票第1位!(ライジングスター/ギター部門)

 

これは現代ジャズ界におけるシンデレラ・ストーリーだ!!っと、ちょっと興奮してしまうほどの八面六臂の大活躍っぷりです。

 

「リオーネル・ルエケ・トリオ」は4月20日より発売開始です。是非お楽しみください!

 

「リオーネル・ルエケ・トリオ」の詳細は

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/03/post-175.html