いろいろとこだわる人、こだわらない人。マルシン・ディラの場合

投稿者:ヤマネ


ホロヴィッツが語ったとされるジョークに「ピアニストには3種類しかいない。ユダヤ人かホモか下手くそだ」というものがあります。(あまり上品ではないジョークを持ち出して申し訳ありません)


これが正しいかどうかはさておき、わたしは音楽家分類シリーズに「こだわりを持つ人と持たない人」というジャンル分けを無理やり追加したい、と思います。(誤解のないように付け加えておきますと、こだわりのない人が悪いとか言いたいわけでは全くありません。)


こだわらない人は、もう本当になんだっていい、という場合があります。例えば、日本に来たからにはスシを、ぐらいの事は口にしますが、スーパーのスシでオーケー、みたいな感じだったりもします。あるいはそもそもそんなこと興味がなく、ビールが飲めればいいよ、とか。日本のベストのビールを持って来てよ。それからピザのデリバリーお願いシマース。トッピング?適当でいいよー。


一方、こだわりをもつ人は、服装や食べるもの、飲むもの、車などに徹底的に凝ります。高級なものを揃えるのではなく、高級であろうがなかろうが、いろいろと自らのポリシーを持って選びます。


先日武蔵野市民文化会館で素晴らしい演奏をしたギタリスト、マルシン・ディラ(※)はこだわりの人でした。


(※)当事業団ではマルツィンと記載しておりましたが、ご本人に確認しましたところマルシンが正しい発音だとのこと。今更ですがお詫びして訂正致します。


見た目からしてこだわっている。同じ国ポーランドの傑物ピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンを彷彿とさせるような外見でした。彫りの深い顔、青い目、トレードマーク?の髭など。


そして最初の印象としては「物静か」なのですが(実際それほど爆発的におしゃべり、という人ではありませんでしたが)、いろいろと聴いてみれば、葉巻をたしなんだり、わざわざひとりでシガーバーに出かけていってサントリー山崎を飲んでみたりと、音楽以外の面でもいろいろと凝っている。


「ウィスキーはそのテイストを楽しんでいるのだ。スモーキーなのが好きだよ。ラフロイグとかいいよね。ウォトカはテイストを楽しむ物じゃないからあまり好きではないんだよね。」


音楽に対してももちろん凝っていて、どうやってプログラムを決めるのか、と質問したところ、曲はともかく慎重に選んでいるとのことでした。自分のテイストに合う物であることがもちろんだが、そうでなくても、全体の構成を考えてプログラムの中に組み込むこともするとのこと。好きな曲でも何度も演奏してフレッシュな感じがなくなったらプログラムから外す、など、どんな話よりも身を乗り出して語ってくれたのは印象的でした。


素晴らしい演奏家ですから、また来日する機会がありましたら、ぜひ足を運んで聴いて下さい。


  

  

インターネット予約、もっとご活用下さい!発売直後の繋がりにくさは改善

投稿者:ヤマネ


本日はチケット発売日でした。本日もたくさんのご予約をいただき、ありがとうございます。


チケットをインターネットで販売するようになって、早くも3年が経過致しました。はたしてどうなることかとおっかなびっくりですだったのですが、おかげさまでご好評をいただいており、導入してから登録の数は順調に伸びております。(このブログを書いている2015年3月19日13時現在の登録数は5,417件です)


インターネット予約については、導入前より多くのご意見を頂いておりました。


「ネットをやらない人に不利だからやらないで欲しい」「使えるカードの種類が少ない、増やして欲しい」「発売直後はつながりにくい」「メールが届かない」「登録ができない」「パスワードを忘れた」「ログインできない」「使いにくい」「毎回カード番号を入力するのが面倒くさい」「決定ボタンが画面上にない」「座席をクリックしても何も起こらない」「フラッシュってなんですか?」「ツールバー??」など、本当に多岐にわたる内容です。


貴重なご意見を受け、(100%「全員に」ご満足いただく、ということは難しいのですが)、より多くの皆様にとって使いやすいシステムを目指して、システム会社と話し合いをしつつ、少しずつ・・・ではございますが、進歩していると思っております。


現実問題として、「発売直後ネット予約がつながりにくい」という、とくに昨年末ごろより頻発していた状態は、現在かなり改善されており、10時の発売開始直後でもエラー表示が出ることは少なくなりました。


「繋がらないからネットはやめた」というお言葉も頂戴しておりましたが、現在はそのような事はほぼほぼありませんので、ぜひまたインターネットでご予約頂ければと思います。


電話予約のみだった頃は「電話が繋がらない」というお叱りの言葉を度々頂戴しておりましたが、インターネットでも同様のお言葉を頂くとは、当初は想像しておりませんでした。これも皆様がご利用下さっているからです。ありがとうございます。


蛇足なのですが、電話予約のみだった時の頃を思い返しますと、大ホールの発売があった日など、午後2時すぎぐらいまでずっと電話回線がふさがりっぱなしと言う事も多々ありましたが、現在は午前中で落ち着くようになりました。


これからも、亀の歩みかもしれませんが、改善をしながらよりよい予約システムとなるよう努力し続けてまいります。何卒よろしくお願い致します。


そして皆様、インターネット予約をもっともっとご活用頂けますと幸いです!


  

外国人アーティストから納豆は(だいたい)絶賛不人気

投稿者:ヤマネ


武蔵野市民文化会館の近くにくら寿司ができてしばらく経ちます。くるくる寿司の大手です。私は先日、ここのくら寿司に行きました。ウクライナのアーティストたちと共に。


居酒屋に行きたい、このへんに何かないか紹介して欲しい、と武蔵野市民文化会館でのリハーサル後に突如言い出したその人たちが、「ここがいい」と閉店間際のくら寿司へ入ったのは、お店の佇まいが目立っていたからでしょうか。


しかし、ここは日本語を解さない人にとってはなかなかにハードルが高いですね。


●タッチパネルで寿司やサイドメニューを注文する(表示は日本語のみ)
●注文した皿は通常とは別のベルトコンベアーでざーっと流れてくること
●皿がたまったら机の端に突っ込んでいくこと
●5皿に一回びっくらぽんというゲームがあること(ゲームといっても映像を眺めるだけ)
●酒は別の場所に自分でとりに行くこと
●会計するときもやはりタッチパネルを操作すること
●カード払い不可


自宅には赤子も待っているので、説明だけして失礼させていただこうかなと一瞬思ったのですが、説明を試みて約5秒後に私は腰を落ち着けておりました。日本人抜きでくら寿司の攻略は困難である。


結果的に、なかなか興味深いひとときでありました。


それはさておき、欧米人が嫌いな日本の食べ物は何かというと、やはりナットーでありましょう。くさやがあるだろうとか鮒寿司はどうだとかそういう異論は認めない。「圧倒的知名度」で「まずい」と「欧米人より」「認知されている」のが「ナットー」「Natto = MAZUI」であります。


この日も、ナットー食べるかと聞いたら1名知っている人がいて、オオー、ナットー!!ディスガスティング!と非常に強い言葉で嫌悪感を表明されたのでした。


私は関西人ですがナットーは行ける口です。カレー+ナットーもOKです(ただしパン+ナットーは認めない)


さて、納豆を知らない人に向かって、ナットーとはなんぞやと英語で説明するときには何と言えばいいでしょう?


×「糸を引いた豆」・・・糸を引くって英語でどうやって説明するのか解らない。
△「腐った豆」・・・納豆は腐っているわけではない。(その昔のことですが、ナットーとは腐った豆(rotten beans)だよとフィンランド人の少年少女合唱団の子達に説明したら、その場にいた全員がサーっと引いたのを覚えています。ていうかフィンランド人の子供、英語よう通じんなー、と私は感心していました)
○発酵した豆(fermented beans)・・・これは大体ふーんと理解してくれます。特別な臭いがするよ、と付け加えるのを忘れると後で恨まれます。

  

キット・アームストロングのリサイタル

投稿者:ヤマネ


今週の月曜と火曜は、ブロンフマン、アームストロングと、二晩連続で個性的なピアニストの演奏会が開催されました。


台湾系アメリカ人のアームストロングは、あの巨匠アルフレッド・ブレンデルが惚れ込んだ才能で、ブレンデルが「出会った中で最高の才能だ」と絶賛しているのだとか。


実際に生の演奏を聴いてみますと、ブレンデルに学んだらしく?フレージングなど細かな部分でのこだわりをたくさん持っているなと、感じさせるものでした。


素晴らしかったのは最後のベートーヴェン。ピアノソナタ第28番の終楽章のフーガで、これは圧倒的という言葉が相応しかった。小さな身体(お辞儀もまだまだぎこちなく、これからという印象を持ちました。まだ23歳になったばかり)から出ているとは思えぬ力強さと説得力がホールを満たし、非常に感銘を受けました。


たとえて言うと、たとえとして適切かどうかはわかりませんが、イチローのようなタイプなのではないかと思いました。大きな身体があるわけではなく、当たればホームランというパワーヒッターではないが、他人は絶対に拾わない(拾えない)広範囲の球を拾って確実に外野手前に飛ばすことで、結果を出していく。そういうタイプだと見受けました。


ホームランを見に来るお客様には物足りないかも知れないが、優れた才能を持つ演奏家であることに間違いはないでしょう。そしてやはりイチローのように、時にはホームランだって打ってみせる。そしてイチローは、アメリカでもスーパースターなのです!!


才能は磨いていけばどんどん輝きをましていくもの。今後に期待したいですね。彼はいったい何を演奏すれば28番のフーガみたいに超強烈な演奏をしてくれるのだろうか?と、考え込んでしまいました。


  

3月2日(月)イエフィム・ブロンフマン、完売御礼

投稿者:ヤマネ


券売に非常に苦労しましたイエフィム・ブロンフマン公演のチケットは、昨日ついに完売となりました。


本当に有難いことです。我々は大ハッスルしてプロモーション攻勢をかけましたが、まさか最後にこれほど爆発的にババーッと減るとは・・・。想像を超えておりました。ありがとうございました!


しかし、なぜ売れ行きがよろしくなかったのでしょうか。つらつらと考えてみました。順不同に書き出してみます。結果論かもしれませんが、原因を探ってみることで今後の傾向と対策をナニしたりアレしたりできるかもしれません。


■ロシア人とはいえ、長年アメリカを拠点に活躍しているから?・・・アメリカのクラシック音楽家は、傾向としてヨーロッパの演奏家よりも低く見られがちです。


■東京都内で同じプログラムで3公演が予定されているから?・・・・もっと回数の多いピアニストもいますが、ここまで売れない、ということはありませんでした。


■チラシが良くなかったから?・・・・これは痛いところです。いつも熱い思いどばっと注入してチラシを作成しておりますが、熱ければ売れるというものでもありません(結局チラシは6種類作成しました)。


■値段が高めだから?・・・友の会5,400円というのは当事業団の公演として安くはありませんが、ここにも理由があったのかもしれません。


■プロコフィエフを弾くから?・・・プロコフィエフの人気のなさは飛び抜けています。ピアノのマニアならプロコフィエフのソナタというとそれだけでボルテージが上がったりもするのですが、そうでない方には全く受けない。一般的に言って、やはりピアノを聴くならショパン、ベートーヴェン、そしてモーツァルトなどでしょうか。プロコフィエフをなまじ知っていると、不協和音でしょイヤよ、ともなりがち。


理由はただ一つではなく、いろいろと複合的にからみあうのでしょうし、上記以外の理由もあるでしょう。いずれにせよ、今回得た経験を大切に、今後に生かして行きたいと思っております。


月曜日は、皆様を会場でお待ち申し上げております!


 
 

3月2日(月)に、ブロンフマンの凄さを体験しませんか?

投稿者:ヤマネ


イェフィム・ブロンフマン。現在世界でも最も著名なピアニストの一人です。え、知らない?


そういう方ももちろん多くおられるでしょう。ツィメルマンやブレハッチのように、人気の国際コンクール(ショパン国際コンクール)で優勝したわけでもなければ、アリス=紗良・オットやエレーヌ・グリモーのように「きれい」というわけでもない。


むしろ、ふとっちょで(失礼)、イケメンでもないので(大変失礼!!)、外見的な意味での吸引力はない(・・・・申し訳ありません!!!)。だがピアノを弾かせると、怒髪天を衝く豪放な音楽を演奏するので、私たちは目を白黒させるよりない。


昨年、テニスの錦織圭が、世界ランキングの"トップ中のトップ"しか出られないという「ATPファイナル」に出場して日本国内ではおおいに話題になりましたが、皆さんは昨今の活躍をご覧になっていますでしょうか。錦織圭選手の勇姿を。え?知らない?・・・バカな!


このテニスに例えるなら、ブロンフマンは毎年ATPファイナルに出ているに違いない、世界のピアニストの中の大物中の大物なのです。


たとえば同じくATPファイナルに出ていたバブリンカという選手を知ってた、という人はある程度以上のテニスファンだけでしょう。フェデラーやジョコヴィッチと比べて知名度は低い。しかしその腕はモーレツなのです。爆発的に上手なのです。


ブロンフマン、みためはブサメンだし(*何度も申し訳ありません。このあたりは個人により考え方が異なる)、決してキムタクのような華麗な存在ではないが、演奏はド派手そのもの。無差別級で、開始早々の一本勝ちであります。


・・・・・おそらく決まり手は背負い投げか内股でありましょう。崩れ上四方固めや蟹挟みなど、小難しい(?)技は出ません。がっぷり組んで、投げ飛ばす。ちぎっては投げ、ちぎっては投げ、そういう事のできる希有な存在でありましょう(注意:蟹挟みは反則技です)。


しかも、今回、3月2日(月)にブロンフマンが武蔵野で演奏するのは、本人が極めて得意としているプロコフィエフの「戦争」ソナタ3曲。「ドビュッシー以後、最高のピアノ音楽作曲家」とさえ評されることもあるプロコフィエフの傑作です。


ブロンフマンは集中的にプロコフィエフに取り組んでいるのであります。来年は「世界の音楽の殿堂」カーネギーホールで、全曲演奏も予定されています。


いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。いま、ブロンフマンを聴くならプロコフィエフ。あ、三度書いてしまいました。しかし、何度書いても書きすぎという事はないでしょう。


現代のピアノの巨人演奏を、絶対に聴いて下さい。間違いなく、今年の目玉公演の一つであります。みなさまが度肝を抜かれること、請け合います。


■残り63枚。3月2日(月)ブロンフマンの公演詳細は:
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2014/11/post-392.html

■インターネットでのチケット購入はこちらから(座席指定可):
https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/index.jsp?id=2703021&type=N

 
 

あるピアニストのサイトで見た一枚の衝撃画像

投稿者:ヤマネ


インターネットの時代である。いろいろなサイトが世界中にあり、アドレスさえ判れば自由に訪れることが出来る。いや、むしろグーグル会長のエリック・シュミットが先月語ったように、インターネットは意識されない時代になる、「インターネットは消える」時代なのである!!ババーン!!


・・・なんつって、もったいぶっていますが、要するに変なページを見付けてしまったNEハハハハ、という話です。


一週間ほど前、アレクサンドル・タローAlexandre Tharaudというフランス人ピアニストのサイトを眺めていたのですが、そこのコンセール(CONCERTS)というページで、はて?と私の手が止まりました。


アレクサンドル・タロー公式サイト(フランス語です)
http://www.alexandretharaud.com/


そこで見付けた画像がなにやら見覚えのあるものだったからです(上の画像。大きい画像が見たいという方は本人のサイトのCONCERTSをクリックしてをご覧下さい)。


うーん?と考える事およそ0.00024秒、それが武蔵野市民文化会館の小ホール舞台袖にあるモニター画像である、ということに!!気がついたのであります!!ガガーン!!


誰が撮影したのだろうなあ、本人だろうかなあ。でも開演時刻過ぎてるよなー。5分押しで(定刻よりも5分遅らして)開演ということになっていたのでしょうなあ。前の前の理事長の後ろ姿が映っているなあ。などと私は瞬時に読み取ったのである。


そう、その画像には日時も写っております(07.10.27 15:01:00)。タローが武蔵野市民文化会館で弾いた日付、時刻と間違いなく一致しますから、これはもう、動かしようのない事実なのであります。


タローという人は、CDのジャケットなどを見てもわかるとおり、かなり細部にこだわるというか、自己全体の表現に重きを置いている感じの、というか何と言うのでしょう、エスプリの人(?)ですから、撮ってみて「ウイウイ、ビヤン、この画像・・・使えるな・・・俺のサイトに!セ・マニフィック!!」などと、ビビビと思ったのに違いありません。だからこそ、使用して頂いているのに違いありません!!ありがたい事であります!!


こうして、誰知らぬ所でひっそりと咲いていた一輪の花を私は見付けてしまい、一人でニヤニヤしたのですが、一人で悦に入っているのも、どうもあれかなと思いましたので、ブログに書いてみたというわけです。決してネタに困っているから、というわけではありません。断じてそんな事は!!ええ、ええ!!

  

マキシム・リザノフ。時には弾丸ツアーも

投稿者:ヤマネ


昨日のマキシム・リザノフ(ヴィオラ)とコンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)、すばらしい公演でした。ヒンデミットでお客様の心をガッと持って行きました。そして後半のショスタコーヴィチで、さらに盛り上がりました。


リフシッツはもう何度も日本に来ていて多くのファンがついていますが、リザノフは2回目。2006年にラクリン、マイスキーと共にオペラシティでゴルトベルク変奏曲を演奏しています。リサイタルは初めて。


OnyxというレーベルからCDを出していて、評価が高いのは知っていました。しかしヴィオラという楽器のリサイタルは人気があるとはなかなか言えないので、皆様にご来場いただけるのか、心配しておりました。しかし今回は人気のリフシッツがピアノを弾くからか、さすがに即完売とはいかなかったものの、チケットは好調に売れ、早い段階で売り切れになりました。ありがとうございました。


チラシ等にも書きましたが、リザノフは今回、武蔵野一公演のためだけに来日しました。しかも、到着したのは公演前日、つまり一昨日。着いたその足でリハーサルをし、昨日午後にはもう公演。そして今日の午後離日、というむちゃくちゃなと思えるスケジュールでした。


(ちなみに、ピアノを弾いたリフシッツも、一昨日の午後は14時から所沢で平均律第1巻(2時間半)を演奏しており、その終演直後に武蔵野に移動してきてリハーサル、という、こちらもかなりタイトなスケジュールでした)


来日の前日はスウェーデンの、マルティン・フレストがやっている音楽祭でローランド・ペンティネンとコンサートをしてきたそうですし(フレストとペンティネンの先月の公演も素晴らしかったですね!)、ヨーロッパに戻ったその翌日にはもう次の室内楽ツアーのリハーサルがあるのだとか。まさに弾丸ですね。


いやー、いやー、しんどそう、と思うのですが、ご本人は至ってハッピー。こういう弾丸の方が、時差ぼけを直す必要がないし(というか直らない)、そういう意味では楽だよ。と語りながらアップルジュースをチューチュー飲んでおられました。


さすがにロンドン、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ロンドンと10日間で世界一周みたいな動きをしたときは、自分がどこでいつ何をやっているかわからなくなったけどね、アハハハ。


だそうです。つくづく音楽家とはタフな職業なのですなあと思いました。


またあえるといいねー(「ポチたまペットの旅」のナレーション風に)。


    

  

雪が降るのか降らないのか

投稿者:ヤマネ


雪。個人的には好きです。景色が一変しますし、空気も澄んでいるような気分になります。雪の少ない京都出身だからということもあるのでしょうか。


雪が降りますと私は嬉しくなって窓の外を、猫Aと共にじっと眺めていたりします。猫Aはふりしきる窓の外の雪に向かって猫パンチを出そうとするのですが、うふふ、愚かだな(かわいい)、と思いながら、私は紅茶をすするのです。一方の猫Bはと言いますと、全く雪には興味がなく、だらしなくホットカーペットの上に伸びているか、恐ろしく悪い寝相でソファーにひっくり返って寝ているかのどちらかだ。


しかし、ですよ、仕事の上では雪は大敵です!!雪かき。そう、体力を消耗する雪かきが必要になります。今年は去年のような大雪が今のところきておりませんから、雪をかく行為もほとんどなくて済んでいますが、雪かきは楽ではありません。


そして主催公演と雪が重なると気をもみますね。「公演は実施するのか」など、じゃんじゃん電話もかかってきます。昨日も、主催公演カール=ハインツ・シュッツのフルートリサイタルがありましたが、朝の段階の予報では東京でもかなりの積雪が予想されていて、はたしてどうなることかと思っておりました。


武蔵野市でも朝から雪が降り続いていたので「どうなるのですかどうなるのですか」と電話がかかってきたりもしたのですけれども、結局気温が下がりきらなかったのか、夜になっても雪は積もることはなく、やがて雨になってしまいました。


こういう時(午前午後と天候不順の時)、残念ながら客席は寂しいことになります。遠くからお越しになる予定の方々は、早々にあきらめていたかもしれない。「雪が夜になって雨になった」というのは結果論ですから、しょうがないことですね。


昨日の客席は335名と、テレビカメラのために押さえられていた50席を差し引いても、少ない集客数でした(小ホール客席数は470)。


天候には勝てません。


昨年夏はNHKの収録のある公演開始直前に落雷と停電があり、公演開始をかなり遅くせざるを得なかったこともありました。公演とはとかくにトラブルとは縁を切れないものなのであります。

  
  

土曜日なのに、夜公演。なぜなのか。

投稿者:ヤマネ


一昨晩のルービンシュタイン国際コンクール入賞者ガラ・コンサートは無事に終演致しました。多くの方にご来場頂きまして、有難う御座いました。


ところで、土曜日なのに夜の公演でした。週末なので、昼に公演をしても良いはず・・・。なぜでしょう。なぜかしら。なんででしょう。


なぜかと言いますと、それはやむにやまれぬ「大人の事情が」あったからなのだ!!ババーン!!


・・・・ってそんなもったいをつけるほどの理由ではないのですが、今回の場合「夜しかホールが空いていなかったから」です。


このコンサートの企画が持ち込まれたのは半年ほど前の事でした。武蔵野市民文化会館はもちろん、当事業団の公演だけでなく、多くの皆様にご利用頂いております。お話をいただいたその時には既に、小ホールをお借りになっていた方がおられたわけです。


土曜日ですから、午前、午後とだけホールを借りられていたわけです(武蔵野市民文化会館は、日本の多くのホールと同様「午前」「午後」「夜間」の三区分にわけてホールをお借り頂いております)。


午後の区分が終了し夜区分になるのを待って、その後一気にピアノを舞台に上げ、出演者がホール入りし、アコースティックをざーっと確認、それが終わればピアノを調律!18時30分開場!19時開演!どやー!!という流れだったわけです。


ピアノの調律。本来なら調律は2時間程度かけてじっくりとやるのですが、短い時間をやりくりして、可能な限りのベストコンディションに持って行って下さいました。(この公演ではファツィオリのピアノが持ち込まれましたが、そのピアノは午前中に予めホールに搬入され、ホールの温度に慣らしてありました。短時間で楽器をあたためるため、特殊な温風器?のようなものがピアノの内部に入れられていたようだと聞きましたが、残念ながら実物は拝見しておりません)


いささかならず慌ただしかったわけですが、そんな慌ただしい雰囲気がお客様には伝わらぬように気をつけております。こちらは大慌てでも、お客様はそんな事はご存知ないわけですし、ばたばたしておりますと何だ何だ、という事にもなりかねませんね。


そういうわけで、土日祝日に夜の公演だった場合は、こういう理由なのである!(*)ということを、こっそりと皆様だけにお伝えしたいと思いました。


*その他の理由の場合も多々あります。