シェイクスピア・イヤー

投稿者:I.D

ひよこちゃんも書いていましたが、今度の4月から1年間、吉祥寺シアターでは「シェイクスピア・シリーズ」としてシェイクスピアの作品を上演することになります。

 

現在はブルーノプロデュースの『My Favorite Phantom』(原作:ハムレット)と無名塾の『ウィリアム・シェイクスピア』(シェイクスピアの青春時代に焦点を当てた作品)を発売しています。ほかのラインアップの間もなく発表となります。

 

2014年はシェイクスピアの生誕450周年の年となります。この年にはおそらく世界各地でシェイクスピアが盛り上がるだろうと思いますが、吉祥寺シアターではそれに9ヶ月先駆けてシェイクスピア・イヤーの始まりです。

 

今回はちょっと高尚なイメージもあるシェイクスピアに親しんでいただく豆知識をいくつか。

 

文学史上最高の文豪ともいえるシェイクスピアですが、その生涯はあまりよく分かっていません。無名塾が上演する青春時代の7年間は全く記録がなく特に謎に包まれていますが、それ以外でも日記、手紙類はなく、自筆が見られるのは僅かな公的書類などだけ。この記録の残ってないっぷりは、当時のもっと格下の作家などと比べても特出しています。

 

また当時の劇作家は大学を出たインテリが多かったのですが、大学を出ていないシェイクスピアが果たしてあれだけの、あらゆる知識が詰め込まれた戯曲が書けたのか等の理由により、シェイクスピアは別人説もあるほどです。それをテーマにした「もうひとりのシェイクスピア」という映画が、ついこの前まで東京で上映されていました。調べたら今はもう横浜でしかやってないようです。ご興味があれば…。

 

自筆の戯曲も残ってなく、出版されたものだけが現存します(「サー・トマス・モア」の3枚の原稿がシェイクスピアの筆によるものとも言われていますが)。それも当時の粗悪な出版など色んなバージョンがあり、どれが本来シェイクスピアが書いたものなのか、議論のタネとなっています。つまり我々はシェイクスピアの思惑とは違うものを読んでいるかもしれないですね。(もちろん芸術にとってそれは重要なことではないといえるかもしれません…。)

 

さて当時の演劇の上演は昼間、屋根のない劇場で行われていました。なので夜の場面(例えば「ロミオとジュリエット」のバルコニーのシーンなど)も全て陽の光のなかで演じられていたため、しばしば暗い夜であることを示す台詞などが出て来ます。たぶん当時の観客は、これで漆黒の闇の中で行われるラブシーンや残忍な暗殺などをイメージできたのだから言葉の力はすごいと言うべきか、想像力って不思議というべきか。

 

また、当時は女優がおらず全て男性が演じていました。女性の役は往々にして少年俳優が演じていました。「ヴェニスの商人」とか「十二夜」「お気に召すまま」などのシェイクスピアの戯曲に、ときおり男装をした女性が出てくるのも、これを知ると納得できます。しかし現在男性がリアルに演じようとすると、単純に女性を演じるより、男装した女性の方がムズかしいように思います…。

 

それではシェイクスピア・シリーズの幕開け「ブルーノプロデュース」と「無名塾」楽しんでいただけましたら幸いです。

 

 

コンサートのない日々。


投稿者:あ・と・お
 
いつも主催公演が多い武蔵野文化事業団ですが、珍しくこの2週間近くコンサートなどが入っていません。特に理由はなく、偶然なのですが…。
 
 
そんな今日の文化会館は保守点検日です。たしか、以前もそんなことを書きました。その時は照明設備の保守点検をしていましたが、今日はピアノ・リサイタルなどで、皆さまもよく目にされ、その音色に耳を傾けられているスタインウェイ・ピアノの保守点検をやっております。もちろん、リサイタルの度に調律をしていますが、年に2回は保守日を設けて大掛かりなメンテナンスをおこなっています。武蔵野市民文化会館の大・小ホールには、フルコン(フル・コンサート・ピアノ)と呼ばれるスタインウェイの中で一番大きなModel D(274×157cm、480kg)が合わせて3台あります。それをステージ上に並べ、調律師さんも3人来られて今日と明日の2日間かけて、ピアノを最良の状態を保つためにみっちり隅々までメンテナンスをしてもらっています。
 
コンサートの入っていない日は、われわれも休日になることが多くなります。昨日は世田谷にある静嘉堂文庫美術館に行ってきました。三菱財閥の2代社長の岩﨑彌之助とその子で4代社長の小彌太が二代に渡って収集した東洋古美術のコレクションで知られています。今回は、静嘉堂文庫創設120周年・美術館開館20周年記念ということで、そのコレクションを昨年から3会期に分けて紹介しているPart III「茶道具名品展」にあたります。徳川将軍家が所蔵し、世界に3つしか現存しない「曜変天目」茶碗のひとつ(国宝!)や、信長―秀吉―家康と天下人を経た茶入「付藻茄子」などが展示されています。
 
静嘉堂文庫美術館
 
美術館といえば、われらが吉祥寺美術館では「中ザワヒデキ展 脳で視るアート」が今度の日曜日(2月17日)まで開催中です。実は、私はまだ行っていないのですが、脳の活性化に効きそうです。刺激を求めている方、ぜひどうぞ!
 
吉祥寺美術館「中ザワヒデキ展 脳で視るアート」
 

犬族に属する私

投稿者:Director's Choice

先日、ヨナス・カウフマンとヘルムート・ドイチュについてブログに書いたところ、友の会のお客様から好意的な、ブログおもしろいね!というようなお手紙をいただきました。

新しいものを出し続け公共のホールでもあるので、あまりお客様に褒めていただくことはないので、人生を賭けて芸術の仕事に取り組んでいる私としては、わかっている方にさりげなく「いいね!」と言われると本当に“ワンコ”(犬)のようにシッポを振って喜んでしまうこともあります。ブログを読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

さて、武蔵野では6月にドレスデン・フィルをやることは皆様ご存じですよね。このオーケストラ、今まで色々な指揮者で聴きましたが、いつももう一つ不満が残っていました。

 

武蔵野が初めてこのオーケストラを招いたのは、フリューベック・デ・ブルゴスが指揮者に就任してからで、それはもう別のオーケストラのように素晴らしくて!確かブルックナーの3番を聴いたんですが、フリューベックがアメリカのメジャー・オーケストラで活躍していることを裏付ける円熟の演奏で「これは絶対武蔵野でブラームスの交響曲全曲をやろう!」と思って、公演をやったのです。

 

この巨匠フリューベックの後、オーケストラが選んだのがミヒャエル・ザンデルリンク。意外と彼の演奏を聴いた人は少ないのではないかしら。

 

言わずと知れたクルト・ザンデルリンクの3人の兄弟の末っ子です(全員指揮者になりましたね)。長男のトーマスはちょっと残念…。次男のシュテファンがNHK交響楽団をはじめ、よく日本に来ていますね。このシュテファンとミヒャエルを間違えないでくださいね。

 

今は断然ミヒャエルがヨーロッパ大注目の若手なんです。来年、再来年はガンガン行きます。ロンドン・フィル、ゲヴァントハウス管、チューリッヒ・トーンハレ管、ケルン放送響、バンベルク響に次々と出演。このミヒャエル・ザンデルリンクが、フリューベックが鍛えた高水準のドレスデン・フィルをどのような方向に導くのか、本当に楽しみです。

 

神楽坂にあるLouRon(ルウロン)という中華のお店、お昼休憩なしの店としては東京屈指…1番かも(!?)。ちょっとお昼を食べ損ねた、夕方にちょっと食べたい…という時に便利です。ちなみに私は6時開演の武道館での米米CLUBのコンサート前にちょっと寄ったところであります。

 

 

ブルーノプロデュースって知っていますか?

投稿者:ひよこちゃん


吉祥寺シアターでは来年度(つまり今年の4月から)「吉祥寺シアター シェイクスピアシリーズ」と銘打って、年間で10本ほどシェイクスピアを上演する予定となっております。その中でまず第1弾として登場するのが2/2にチケット予約を開始した劇団ブルーノプロデュースです。


ブルーノプロデュースはまだ活動開始から5年ほどの若手劇団です。小劇場の世界でもまだ注目されるようになってあまり間もなく、知名度も彼らのあとに「シェイクスピアシリーズ」に登場するどの劇団よりも低いのではないでしょうか。実際、吉祥寺シアターくらいの大きさの劇場での公演は、彼らにとって初めてです(たぶん)。


という訳で、もっとブルーノプロデュースを皆さまに知っていただこうという訳で、今回の公演に先立ち3月の日曜日にプレイベントを3本!行います。大きく分けると「観る」「体感する」「聞く」という3本です。


 
1日目の3/17は「観る」。吉祥寺シアターのけいこ場にてDVDの上映会を行います。13:00-21:00まで途中入退場自由でワンドリンク付き。彼らの代表作3本を上演します。


2日目の3/24は「体感する」。実際にブルーノプロデュースの作品作りを体験しようというワークショップです。彼らがこの1年ほど取り組んできた「ドキュメンタリー・シリーズ」という、"俳優の記憶"をもとに舞台を創り上げるという手法を体験できる面白い機会です。最後に小さな短編作品を参加者でつくりあげ、発表も行うそうです。経験不問なので、演劇作りにご興味のある方はぜひ!


3日目の3/31は「聞く」。吉祥寺シアター付属のシアターカフェにて、ブルーノプロデュース主宰の橋本清さんが、東京デスロック主宰・多田淳之介 氏、中野成樹+フランケンズ主宰の中野成樹 氏を迎えて、「古典戯曲を現代に立ち上げること」「古典戯曲と今生きている観客が出会う場を作ること」などについて語り合います。


 
こちらのプレイベント売れ行き好調で、武蔵野文化事業団での取扱分が残りわずかとなっています。アルテ友の会会員・武蔵野市民の方は本公演とプレイベントのセット券をご購入だとプレイベントは実質無料で3日ともご参加いただけます。この特別価格分チケットの取扱は武蔵野文化事業団のみですので、ご興味のある方はお早めにご予約をどうぞ!


プレイベント内容詳細:
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2013/01/post-13.html


実は私、ワークショップに参加したいんですよね・・・面白そうだなあ・・・・・・

 

配布プログラムを新しくしてみた話を事後報告

投稿者:ヤマネ


当事業団のコンサートでは、非常に簡単ではございますが、プログラムをご来場の皆様にお渡ししております。入り口でお配りしている、B4二つ折り4ページの物です(ただし、販売プログラムが主催者により用意されている時はさらに簡素な、プログラムもしくはキャストのみ記したA4一枚の紙)。もちろん外注などではなくて、いつも職員I.D.氏がMicrosoftのワード2010で作成しております。いやあ、I.D.氏に感謝、拍手っ!!!


ってそういうオチのブログではなくて、最近、それをちょいちょいっといじりました、というお話です。


プログラムのフォントなどを変えてみたのです。どうかなと思ってしばらく様子を見ていたのですが、とりたてて「読みにくくなった」等というお言葉もなく、とりあえずほっとしております。というか、そもそも変わった事にお気づきでない方も居られるかもしれません。


フォント以外にもちょっと目立つかなと思う変更点もありまして、それは、飴などは音が出るから演奏中は開けないで下さい、という一文を足してみた、という点。少し目を引くように「!」マークも付けて。


コンサートというのは静かに聴く物だという暗黙のルールのようなものがあります。個人的には、ガサガサ音がしても、それがクラクションのような大音量でもなければ気にしませんが、中には敏感な方も居られます。(蛇足ながら、意外に思われるかも知れませんが、ヨーロッパでは日本よりも遙かに、演奏中に咳、くしゃみ、ヒソヒソおしゃべりなどのノイズが聞こえます。)


当事業団では、いわゆるファンやマニアの方だけではなくて、より幅広い方々に会場にお越し頂きたいという気持ちで公演を開催しており、実際いろいろな方にお越し頂いております。あまり神経質になりすぎず、リラックスして皆様に音楽をお楽しみ頂きたいと思っております。が、その一方で、音楽以外の音が聞こえると気が散る、とおっしゃる方のお気持ちも理解できます。


ですので、少しくどい、しつこい、と思われるかもしれませんが、場内アナウンスでは客席での飲食お断りについて触れておりますし、今回このように一文を足してみたりしてみているわけなのです。


この一文が、まるで魔女狩りのような事態を発生させたり、それを加速させたりしない事だけを希望しております。

  
 

ダンス・ダンス・ダンス

投稿者:I.D

2月に吉祥寺シアターで急遽決定した公演のご案内です。

 

本当に急に決まったため、会報小冊子「インフォメーション」にも載らず、チラシだけでご案内した「KENTARO!!とダンスを本気で楽しむプロジェクト 発表公演」です。

 

そのお値段はなんと!なんと!の100円 !!! ダンスに興味のある方はもちろん、いままでダンスを観たことがない方も、未知の世界を覗きに来てみてください。日曜日に時間が空いたから吉祥寺をお散歩してたら、見たことがないちょっと興味そそる妖しげな店があったからふらりと入ってみた、みたいな感覚でいいと思います。100円だから懐を痛めることなく冒険できますね!

 

100円だからたいしたことないのでは…と思う方もいるかもしれません。いえいえ、もちろん手抜きは一切なし!

今年1月にニューヨークで公演を行い、そのHIPHOPを中心としたテクニックをベースとしながらも、既存のスタイルとはかけ離れた独自の表現はニューヨーク・タイムズにも絶賛された振付家/ダンサーのKENTARO!!(ケンタロウ)さんの魅力を存分に味わっていただきます。

 

この公演3部構成となっており、KENTARO!!さんが本気で踊り、本気で指導します。

1. KENTARO!!さんのソロ・ダンス

2 .KENTARO!!さん率いるダンス・グループ「東京ELECTROCK STAIRS」によるパフォーマンス

3. KENTARO!!さんのワークショップを受けた方のパフォーマンス

 

この3番目のワークショップは学生さんと、学校の先生を対象としていますが、応募締め切りは2月10日。明後日です。応募条件に当てはまり、ダンスへの情熱が漲るあなた!まだ間に合います!今すぐ応募すれば、2月24日には吉祥寺シアターの舞台に立ててしまうのです。ワークショップの詳細はこちらをご覧ください。

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventworkshop/2012/05/-2012.html

 

「KENTARO!!とダンスを本気で楽しむプロジェクト 発表公演」の詳細はこちら

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2013/01/post-14.html

 

 

新記録更新!

投稿者:あ・と・お
 
昨日は積雪の予報だったため、今日は雪かきになるだろうと覚悟していましたが、1月の大雪の時とは違って、今回は大丈夫でした。待っていたのは、2月2日~5日にご予約いただいたチケットの発送作業。
 
以前は発売日もその日毎に発送していましたが、今は、月初めの発売日のものはまとめてお送りするようにしています。
 
チケット予約が、いくらコンピュータ化されているとはいえ、この封入作業は手作業です。間違いのないように細心の注意を払いながら、一つひとつ入れていきます。「うれしい悲鳴」を上げながらの作業は、結局ほぼ半日を要し、最終的に発送したチケットは≪732通≫にも上りました!私の記憶では、一日に発送した通数ではおそらく過去最多です。
 
たくさんのご予約、ありがとうございました!
 

武蔵野のチケット代は安い?


投稿者:Director's Choice


武蔵野のチケットが安いのは、日本や世界のマネジメントなどの協力があってはじめて出来ることなのだ。なぜ、今さらこんなことを言うか・・・というと。


先日音楽関係者2人と話していて「アーティストの出演料の5倍近い売値をつけて、各主催者にコンサートを売っているエージェント」はおかしい、ものには限度というものがあるんじゃないだろうか、と言う私に対し、彼らは「エージェントは君のように後ろ盾がないんだから、お金は儲けてもいい、高く売ってもいいんじゃないかと思う」という。ロンドンの大手マネジメントが、こうした日本の状況に対して、やりすぎだと怒って、様々な新しい手段に出たことを話しても「お金を儲けることも大切じゃないだろうか」。つぶれてしまっては元も子もないというわけだ・・・。


僕がおかしいというか、ありえないと思うのは、結局お客さんが、世界一高いと言われるチケット代を払わなければならなくなることだ。ヨーロッパの場合、あまり高いチケットを売れば、切符は売れない。したがって自動的にブレーキがかかる。残念ながら日本の場合「有名なものにはいくらでも払うが知らないものは観ない」という傾向が強くて、こうした制御装置がはたらなかい。


その一方、良心的で、こうした暴利とは全く無縁のエージェントもある。その一例が、もうすぐ売り出すゴムツィアコフというチェリストのエージェントだ。シカゴ交響楽団の定期に二回招かれ、ピリスなどのデュオで知られる名手を1,000円(友の会)で武蔵野がお客様に提供できるのは、こうしたマネジメントがついているからだ。


「1,000円だからたいしたことない人では?」などという心配は無用なのです。是非聴いて欲しいです。


虎ノ門に天然居(→公式サイト)というチャイニーズがありますが、四川の方が調理していて、安くて美味!本物の味をお楽しみ下さい。


4月16日(火)パヴェル・ゴムツィアコフ無伴奏チェロ・リサイタル(2/15[金]発売):
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/01/post-157.html

  

Takumiの技、プロの技に感動。チェンバロ編。

投稿者:ヤマネ

今夜はヴァイオリンとチェンバロの公演です(寺神戸亮とフレデリック・ハース)。お二人は先月、ベルギーで一度、合わせ(リハーサル)をし、さらに、一昨日と昨日は目白でリハーサルをし、本日武蔵野市で本番を迎えるというわけです。


先日「注文の多い・・・」という事で、同じチェンバロ奏者のピエール・アンタイの事を書きましたけれども、アンタイとは別の風な感じで注文がなかなか多い方でございました。それは、楽器の調律についてでした。


調律という言葉を聞くと、音の高さを合わせる事かと反射的に思われるかもしれませんが、それ以外にも、鍵盤のタッチを揃えたり、音色をああしたりこうしたりとか(企業秘密)、そういう事やああいう事もするわけです。


で、ハース氏の場合は、事前にメールで事細かく、こういう風にしてちょうああいう風にしてちょう、と連絡が来ていたわけです。不肖私はと言いますと、調律とかその辺の事情、技術的話題には疎うございますので、とりあえず英語で送られて来た要望を、何となく、こんな感じ?っつってテキトーに日本語に訳して、それに原文もくっつけ、調律師の方に「こんなん出ましたけど、どんなもんでしょ?」と丸投げしたわけです。


やはりプロですね、プロです。ええ。素晴らしいですね。多岐にわたる要望の中には例えば「ティッシュ一枚分のアフタータッチ」なる一文もあったのですが、一昨日のリハーサル前に、おそるおそる目白のリハーサル室に行きましたところ、「やっときましたからハハハハ!!ほらほらほら、ほーらほらほら!!!」と、実演付きで何とも豪快で説得力溢れるお言葉を頂きました。こんなに細かい要望は(グスタフ・)レオンハルト以来かも、とか言いつつも、実に爽やかな笑顔でありました。もちろん、試しに演奏してみたハース氏も、にっこり笑って、マニフィック(素晴らしい)、シューペアー(スーパー)と言っていました。


私はああ、プロって素晴らしい、世界に誇る日本の技術!ラララプッチンプリン♪などと意味不明に感動し、痺れたのでした。そうしてちょうどお昼時だったので、近くのおそば屋さんに入り、うむ、あまりおいしくないな?とほんの少しだけ落胆して、事務所に帰りました。


というわけで、繊細で微妙な調整をされたチェンバロを今夜、ハース氏はどのように弾きこなすのでしょうか。楽しみなのであります。

 
 

平日のマチネ公演に行く背徳感

投稿者:ひよこちゃん


昨日発売の公演で完売一番乗りとなったのは「クレメンス・ハーゲン(チェロ)&河村尚子(ピアノ)」の公演でした。
こちらの公演は平日のマチネ(昼公演)だったのですが、「平日の昼でもOK」と4ヶ月先の予定を入れられるお客様がざっと500人近くいらっしゃるとは・・・!皆さまなかなかの好き者ですね。


私を含め、文化会館のスタッフは土日祝も関係なくシフト制で勤務しておりますし、しかも水曜日が休館日なので皆バンバン平日のマチネにも行っているはずです(他のスタッフが休日に何をしているかは全く知りませんので、単なる推測ですが)。かく言う私はバンバン行っています。お昼ご飯を食べて、2時くらいからの公演に行って、ちょっとカフェでお茶休憩、そして夜の公演へというのがよくある平日休みの過ごし方でしょうか。
平日のマチネの何が素晴らしいかって、皆が働いている中、自分は勝手気ままに過ごしているという、背徳感にも似た感覚でしょうか。ちょっと悪いことをしているような、いやいやでも全然悪くないんだぜ、みたいな。


平日の昼の時間帯に、昔からよく公演を行っているものの筆頭はやはり落語でしょうか。寄席定席は昼12:00前後から始まり、たっぷり4時間近く行われます。さすがに満席のことは少ないですが、落語家さんがネタにするほどのガラガラ状態にはなかなかお目にかかったことがないですね。いつでも割とお客さんが入っている気がします。
演劇も平日マチネ公演を昔からよく行っていますよね。そして最近、特に増えてきたように感じます。演劇は最近日曜日の夜公演が急速に減っているように感じますので、その分を平日のマチネで増やしているのでしょう。
私が平日の昼によく行くのも、こちらのどちらかですね。


クラシック音楽も確かにちょこちょこあるようですが、ランチタイム・コンサート(無料とかワンコインなんかが多いですよね)のようなものが多いでしょうか。今回の「クレメンス・ハーゲン&河村尚子」公演のような、平日午後2時開演のようなものは個人的にはあまり縁がないです。他のコンサート・ホールのカレンダーなどを見る限り、増えてはいるようですが・・・。
例外はオペラでしょうか。オペラは1公演の時間が長いためか、海外の歌劇場の来日公演や新国立劇場などでも平日マチネがたくさんあります。私も手帳を見たら、4,5,6月に毎月1本ずつ平日マチネのオペラ公演を既に予定に入れていました。私も好き者の一派のようです。