伝統と、革新

投稿者:Director's Choice

創業寛政○年、変わらぬ伝統の味・・・などというコピーを見ることがある。僕は食べることが大好きで、江戸の料理を出来るだけ忠実に出している料亭などに行ったこともあるが、必ずしもおいしいとはいえなかったりする。


僕は伝統を守ると言うことは、伝統を受け継ぎながら行う革新である、と考えているが、たとえば和菓子などでも江戸時代のものをそのまま出したら今の時代、受け入れることはむずかしいのではないか。(ちなみに僕の好きなオール・ラウンダーの和菓子店は日本橋の長門茗荷谷の一幸庵だ。)


さて、文化事業団は江戸時代から続く糸操り人形劇の「結城座」の公演を長い間行っているが、昨年から古典にこだわらず、新作も上演するようにした。昨年はシェークスピアの「真夏の夜の夢」。今年は石川啄木をテーマにした「笑うタクボク・雲は天才である」(6月30日土曜日、7月1日日曜日、武蔵野芸能劇場)だ。江戸から続く伝統の術を現代においてどう生かすのか。「伝統と革新」というテーマは芸術を志す者にとっては永遠のテーマとなっており、人形劇を観ながら、企画しながら、僕も考え続けている。


【追記】結城座の最新作「笑うタクボク」公演は19日木曜の午後5時現在、6月30日(土)午後2時公演が残券15枚、7月1日(日)午後2時公演が残券14枚、両日完売間近となっております。まだチケットをお持ちでない方は、どうぞお見逃しなく。

  


こちら現場!武蔵野チラシ、絶賛印刷中!

投稿者:ヤマネ

以前I.D氏がチラシの印刷についてちらりと書いたことがありますが、武蔵野文化事業団には秘密の印刷工場があります。工場と言って大仰であれば、例のチラシを印刷し、3つ折りにする作業場とでも申しましょうか。


印刷機が2台、そしてチラシを3つ折りにする機械が2台、そして気休めの扇風機も1台あります。なんせクーラーのない秘密部屋ですので、夏場は猛烈に暑くって絞れるほど汗が出ますよ、ええ、ええ(ヤマネ氏談)。場所は・・・残念ながらそれは内緒です。機密事項をくすねられたりしたら大変ですから(ウソ)。


そして現在、秘密ルームは激烈に稼働中です。


そもそも我々は専門の業者ではないので、印刷には時間がかかりますが、武蔵野文化事業団は何と言っても倹約一筋!27年7ヶ月です。自前の印刷の方が遙かに安上がりというのは、代え難い事実なのです。当事業団のチケット料金を、低く抑える事が出来ているのも、この低コストなモノクロ印刷のおかげ、でもあるのです。もちろんこれだけが理由ではありませんが、ま、理由の一つです。他の理由については・・・またいずれ。アハハハ。と笑って茶を濁しましょう。


チラシは1種類につき1万部ぐらい刷ります。昨日測ってみたら1万部印刷するのに1台で70分ぐらいかかりました。つまり10種類印刷すると700分(11時間40分)ぐらいかかるという計算ですね!!あ、2台動かすから半分350分(5時間50分)ですか。って全く何の意味もない計算ですが。


実際にはずっと印刷機の横に張り付いて作業を出来るわけでもないので、もうちょっと時間がかかります。昨晩の私は5万部刷れました。そうすると上の写真のような感じになるわけです。(見えにくいですが、写真の奥側にもう一列同じタワーが出来ております)


こいつら、いえ、こやつら、いえ、このおチラシ様方のインクを(理想を言うと)一晩かけて乾かし、それを3つ折りの機械にかけるのです。・・・が、その機械についてはまあ、また次回にでも。


それではいずれまたお会いする日まで、ごきげんよう!

  

吉田秀和とレイ・ブラッドベリを悼む

投稿者:ひよこちゃん


    

 

   
もうひと月ほど前、日本を代表する音楽評論家である吉田秀和氏の訃報を耳にした。
恥を承知で告白すれば、私は彼の著作を全く読んだことがなかった。


そして、10日ほど前、アメリカの著名なSF作家、レイ・ブラッドベリの訃報が届いた。
これも恥ずかしい話だが、私は彼の著作に関しても、いい読者ではなかった。

   
もちろん、私は彼ら2人とも、面識などあるはずもない。私が一方的に知っているだけの関係だ。それでも、私は彼らの訃報を耳にしたとき、重い鉛の玉がお腹にぶつかったような鈍く重い衝撃を感じた。「弔いを」と思ったときに、私の心に浮かんだのは、彼らの書いた本を読むことだった。作家として生きた彼らの生の名残がそこにはあるのではないかと思ったのだ。そこに生き延びる彼らに、やはり一方的に手を差し伸べることが、たぶん赤の他人の私にできる唯一の弔いなのだと。


吉田氏の著作では『世界のピアニスト―吉田秀和コレクション』(ちくま文庫)を手に取った。特にこれでなくてはならない理由などなかったが、11月に武蔵野でも公演を行うツィメルマンが言及されているのを知り、第1歩目はこれにした。
そして、レイ・ブラッドベリの本は、最も有名なものの1つである『火星年代記』(ハヤカワ文庫)を読むことにした。


   
2人の著作を読み進めて気づいたのは、彼らの文体の美しさだ。改めて私が言うことではないことだが、ここまで美しい“音楽評論”、ここまで美しい“SF小説”、ともにそうそうあるものではないだろう。そして、その美しさは、彼らの「声」に裏打ちされているのではないだろうか。言葉が作り出す表象を超えて、彼らの心の叫びのようなものが遠くから響いてくるのが聞こえてくる。肉体は死してなお、ここには確かに彼らを感じることができるのだ。


丁寧に1ページ1ページ、本をめくりながら、私は吉田氏の熱い思いに唸らされてしまう。ミスター・ブラッドベリが口から唾を沢山飛ばしながら私に語りかける言葉に、1つ1つ相槌をうつ。彼らが遺したものはほとんど果てがないほどに多い。私はその全てを辿ることができないかも知れない。それでも私にも彼らに語りかけることが許されるのであれば、私はきっとこの2つのだけは言うだろう。


  
「おつかれさまでした。天国でゆっくりお休み下さい」
そして、「ありがとうございます」、と。


それが、死者に、彼らの遺した「声」に、今の私が応えられる唯一のことなのではないかと思うのだ。

 

    

操り人形を買おうと思った事はありますか?

投稿者:I.D   

人形劇が盛んなチェコを旅行したときに人形劇を観て以来、人形劇は大人も楽しめるものだとの認識を持っている私ですが、高レベルな人形劇というものには、とても“詩”を感じてしまいます。さらに人形という“異形のものたち”の実在感が、“すぐそばにあるけど普段は気が付かない奇妙な異空間”へ誘ってくれる感じが好きで、質の良い人形劇と聞くと見に行きたくなってしまいます。

 

さて、飯田橋にある“日本で初めてのパペット専門店”「パペットハウス」をご紹介したいと思います。ここは小さくて可愛らしい指人形から、本格的な糸あやつり人形まで多くの人形を売っており、小さな企画展や、ワークショップまで催したりしている楽しい店です。ここに掲載されているもので私が好きなのはやはり(?)、イジー・バレシュのものですね。見てるだけでワクワクする人形たちです。でもミヒャエラ バルトニョバー & アントニーン ミュレルの「偽医者」も捨てがたいですね。いつか買いたいな、それまで売れなければいいなと思っています。(彼らの作品は高額なので今は手が出ないです…。)

 

さてさて、公演まで2週間となった結城座にも勝るとも劣らない素敵な人形たちが出演します。人形自体をみるのも大きな楽しみの一つとなるでしょう。

 

おまけ

結城座が創設されたのは1635年ですが、武家諸法度で参勤交代が義務化されたのがこの年のようです。一つの人形劇団が、そのような昔から時代の波を乗り越えて続いているってすごいなぁ…。

 

500円でコンサート、500円でピッツァ

投稿者:Director's Choice


7月にオルガンコンクールのプレ・イベントとしていくつかの500円のコンサートを企画した。チケット代が安いと、あまりたいしたものではないと思うから行かない、、、というお客様に時々出会う。仕事柄年に500回以上の公演を観る私としては、チケット代はとにかく安いと助かる・・・。


今回の500円コンサートシリーズは、普段オルガンにあまり興味を持たれない方々にも、この楽器を楽しんでいただきたいと考えての特別料金で、各々聴き所が違っている。


7/13(金)の田村直美+クリスティーナ・カオリ・林はポップス・ファン向け。ヘヴィメタルどっぷりの中高校生時代を私は過ごしたこともあり、田村直美と言えばPEARLのヴォーカリストなのだが、今PEARLといっても知っている人は少ないのかしら・・・。紅白にも出たロック・クイーンをお楽しみ下さい。


7/19(木)は松居直美さんのレクチャーコンサート。オルガンコンクールの課題曲は一般に知られていないので、コンクールを楽しむためのイントロダクションとしてレクチャーコンサートを行います。あまり他のコンクールでは見たことがありませんが、これを聴けばオルガンコンクールを100倍楽しめる!と考えて松居さんにお願いしました。


7/24(火)のピーターと狼は、今回のためにオルガニストのメルカールトと徳岡めぐみがアレンジを行い、こんにゃく座の豊島理恵が朗読をします。バギーで来られる企画でありながら(0歳児から入場可能)、内容は手抜きなしです。


500円で手抜きなし、という意味で、渋谷/恵比寿のオステリア・ミランの500円のピッツァはお勧めです。ナポリの人からしたらローマのピッツァは江戸前に対してカリフォルニア・ロールみたいなものかもしれませんが、このミラノ風ピッツァはなかなかです。現地ミラノの味と値段をそのまま日本へ!というシェフの心意気が伝わります。

ソプラノ歌手アンナ・スキビンスキーさんとの愉快な対話

投稿者:ヤマネ



明日、武蔵野市民文化会館小ホールでリサイタルを開催するソプラノのアンナ・スキビンスキーは、ロシアで18年育ち、その後イスラエルへ。そしてイタリアの歌劇場などで活躍する傍ら、ニューヨークのマンハッタンにも居を構えるという。聞いてみれば、ロシア語、英語、イタリア語、ヘブライ語、そしてフランス語を少し話すという。うむ、うむ、国際派だな。重々しく首肯する私である。


それにしてもスキビンスキーさんは気さくで冗談ばかりを言っている人だ。ピアニストの斎藤雅広さんのブログにもリハーサル時の状況が書かれているのでぜひそちらもお読み頂きたいが、リハーサルへの行き帰りの道でもずーっと、おしゃべりをしっぱなし。


愛する故郷ロシアの春夏秋冬の美しさ(とりわけ冬の雪景色は特筆すべきものだという)、ロシア人がいかに妙な人たちであるかと言うこと(あれこれ理由を付けウォッカを大量に飲むこと、そしてその特異な飲み方)、あるいは厳しい戒律を持つユダヤ教徒の、日本人にはにわかに信じがたいエピソードなどを実に愉快に話す。


「女性の声を聞いてはいけない」(もちろん宗教的理由で。女の声は男を惑わすから、というような理由だそうだ)と信じる人たちの前でうっかり歌ってしまい、その場が恐ろしい大混乱に陥った時の話なども実におかしく、爆笑に次ぐ爆笑であった(おもしろおかしくと言っても「こういう戒律を守る人々は本当に尊敬する」とまじめな顔で言っていたので、誤解のなきよう)。


人柄というのはステージ上でも表れるものである。きっと見ていても楽しめる幸せな公演になるに違いない。

 
  

ひよこちゃん、初めてサイン会に並んでみる。

投稿者:ひよこちゃん


 
先日、ひよこちゃんは都内某所にヴァイオリンのリサイタルを聴きに行って参りました。ヴァイオリンの美しい響きを堪能し、あっという間に前半のプログラムは終了し休憩へ。するとロビーでは出演者のCDが販売されておりました。


普段はあまり物販を買わないひよこちゃんなのですが、お手頃価格のCDもあったので、珍しく購入してみることにしました。すると、終演後にはサイン会があるとのこと。ふむふむ。


ひよこちゃん今まで(クラシックのコンサートに限らず)サイン会に並んだことなどありませんでした。それは、あまりサインに興味がない(演奏あっての演奏家なので、演奏以外のものは別に興味がありません)からなのですが、「サイン会に並ぶってどんな感じなのか知りたい!」という謎の好奇心が発動され、終演後のサイン会に並んでみることにしました。


しかし、終演後ボヤボヤしていましたら、もう既に列はかなりの長さに。最後尾にちょこちょことついて並ぶことにしました。こんだけ長いとかなり時間かかるかなと思ったのですが、意外にも列はサクサクと前に進んでいきます。(マナーのいいお客さんが多かったのでしょうかね)


   
いつもサイン会に並んでいるお客様を見ると、一様にワクワク楽しそうなので、そういう風に感じるものかと思いきや、そこは人見知りでシャイなひよこちゃん、前に行けば行くほど緊張が深まるばかり。結局数分後に、順番が回ってきたのですが、もはやどうしていいかわからないパニック状態になっていたので、あまりまともにお顔を観ることもできず、「(ステキな演奏)ありがとうございます。サイン、お願いします。[サインしてもらう]ありがとうございます。」と小さくボソボソした英語で話しかけ、ちょっとおじぎをしてスタスタと会場を後にしました。最後に1度、目があったのですが、演奏者の方がいささか不思議そうな顔をしていたように見えたのは、私の思い過ごしであって欲しいものです。


その一瞬目があったときに感じたのですが、2時間ほどの演奏会後すぐに数十分サイン会を行うのですから、演奏者の方はなんとなくお疲れのように見受けられました。全集中力を使って演奏した後に数十分間のサイン会では、確かに疲れるだろうと思うのです。
お疲れのところを、更に疲れさせるような手間をかけさせたような気がして罪悪感を覚えたひよこちゃん、もう当分サイン会には並ぶまいと決意したのでありました。


     

ホール最後列

投稿者:I.D  

現在「新日本フィル」「トスカ」「ツィメルマン」「志の輔」と大ホールの公演を色々販売しています。

 

大ホールの公演ですと、2階席の後ろのほうならチケットはいらない、とおっしゃるお客様もたまにいらっしゃいます。もちろん私でも1階席の中央か、2階の最後列か選べといわれたら、絶対1階席を選びます。たしかに5000席もあるホールだと、最後列では出演者は豆粒のようになってしまいます。しかし武蔵野の1350席の大ホールの最後列は、思ったよりも舞台との距離がないように感じられます。これは売り込みでもあるのですが、素朴な感想でもあります。

 

では実際に見ていただきましょう。

こちらが一階席8列目中央。ちなみに舞台上に置いてあるのは、バレエ公演の時に敷く「リノリウム」というシートです。

こちらが2階席最後列左端。

あっ、やっぱり結構差がありますかね…。でも写真などではわかりません!(自分で掲載しといてなにを言う) 実際に来ていただければ、お分かりになると思います!! 最後列でもかなり楽しめると思います!!!(説得力ないなぁ…)

 

そういえば、かなり前に観たテレビ番組で小澤征爾さんが、ボストンのホールで一番好きな席は、上階の最後列と言っていたのを思い出しました。確かその席には記念のプレートがあったはずです。

 

オルガンコンクール始動

執筆者:あ・と・お
 
今年は4年に一度のオルガンコンクール・イヤーです。コンクールそのものは9月に開催されますが、より多くの方にパイプオルガンに親しんでいただくために、プレ・イベントをたくさんおこなっていきます。その第1弾として、先日(6月8日)、「シン・ドンイル オルガン・リサイタル」を開催しました。
 
終演後、舞台袖でくつろぐシン・ドンイル写真(武蔵野文化事業団Facebookページ)
 
 
シン・ドンイルは、1996年におこなわれた第3回コンクールに参加し、見事第3位に入賞したオルガニストです。16年前、当時22歳だったそうです。
 
▲第3回コンクールのパンフレットより。若い!(でも、あんまり変わってない?)
 
その後の活躍は目覚ましく、この武蔵野のコンクール入賞を足掛かりに、フランスへ渡り、リヨン国立高等音楽院とパリ国立高等音楽院で研鑽を積んでいきます。ヨーロッパのコンクール(イギリス、チェコ、リトアニア)でも入賞を果たし、2006年にはフランスのシャルトル国際オルガンコンクールで優勝を果たしました。ヨーロッパ各国、アメリカで高い評価を受け、着実にキャリアを築いてきています。
 
ちなみに、このシャルトル国際オルガンコンクールは、2年に一度おこなわれていますが、過去2回は日本人オルガニストが優勝しています(2008年、青木早希。2010年、石丸由佳)。日本人オルガニストのレベルも着実に上がってきているといえるでしょう。
 
もうひとつ“ちなみに”、武蔵野の第3回コンクール参加者は40名(13ヶ国)でしたが、今回の第7回は3倍の120名(21ヵ国)の応募がありました。海外での認知度も高まり、レベルもより高くなってきています。
 
さあ、今年のコンクールでは、どのような戦いが繰り広げられ、誰が優勝/入賞するか、そして彼ら/彼女らが、その後どのようなキャリアを築いていくか…。どうぞ、お楽しみに!
 
第7回武蔵野市国際オルガンコンクール オフィシャル・サイト:

 

地球最後の日の音楽会と食事

投稿者:Director's Choice

明日、地球が滅んでしまう…、などという空想をすると最後の音楽会が何に当たるかは大きな問題だ。

 

僕は今までに少なくとも6000回位はコンサートに行っているけれど、最後が「え!?」というようなもので終わるのも僕らしいかもしれない。その一方、武蔵野としては今、ルプーツィメルマンホリガーなどの主催事業をやろうとしていて、こうした巨匠達の公演が最後にあたる場合は、ある意味納得できるものかもしれない。特にルプーの小ホール公演は、あの森の奥から夢みるように揺れながら弾く幻想の世界を残響2.2秒の空間で聴くのだがら、最高の贅沢というものだろう。

 

普段ブログでカレーとか中華のことを書いている僕だが、本当はフランス料理とワインバカである。ルプーを聴いた後、家族で最後の食事をレストランでするとしたら…。

 

やはりクリュッグのシャンパンで乾杯し、古い70年代くらいのエルミタージュ・ブランでくらくらと目まいを感じながら魚料理(内容は迷いますね)。鳩と鳩の内臓と、最後だからロマネ・コンティ。大好きな1982年のラフィットを開けて羊。ラ・ヌーブル・ド・コンマの小峰シェフのブラン・マンジェをおかわりして食べて、ロックフォール・チーズをトーストの半分位の大きさに切ってヴィンテージ・ポートに葉巻。あとはシャルトリューズ・ヴェールで酔い続けたい。

 

ルプーが好きな方は、この最後のシャルトリューズで朦朧となっている状態のような至福を、武蔵野の小ホールで味わえるとよいと期待しています。