コンサートでのトーク。クラシック音楽の場合。

執筆者:ヤマネ

基本的にクラシック音楽のコンサートでは、演奏だけが行われ、トークが入ることは滅多にない。滅多にないと言うからには例外はあるわけで、話す場合もある。そういう場合はだいたい事前に、話をしたいが良いか、と連絡が来る(もちろん事前の連絡がない場合もある)。


世界中を飛び回っている音楽家は、英語が共通語で、トークもだいたい英語でするのだが、お客様には英語を解さない方もたくさん居られるわけで、こういう時どう対処するか、考える。それに、武蔵野市民文化会館小ホールで公演をするとなると、残響が長く、そもそも何を言っているかわからない、と言う事態になりやすい(マイクを使っても聞き取りやすさはさほど改善しない)。


先日のクラッゲルー(無伴奏ヴァイオリン・リサイタル)は、実はステージでイザイの曲目の解説をしながら演奏したかった。事前に打診があった。曲間で次のソナタについて話をする、というスタイルだがどうか、との事だった。ポーランドでのリサイタルではそれで大成功を収めたようだ。しかし、英語で解説をされると、それはそれでおもしろいのだけれども、何を言っているかさっぱりわからず座っているのが苦痛になってくる方も居られるかも知れない。だからといって通訳を立てると、話の流れ、公演全体の流れが切れ切れになり、ホール全体の集中力が落ちてしまう。


そこで今回は鳩首協議、喧々囂々、侃々諤々、口角泡を飛ばす大舌戦!の結果(ウソ)、プログラムノートとしてチケット購入者には事前にメールで告知、ならびに当日も会場で配布をした。公演をよりお楽しみ頂けたのであれば幸いだ。


ちなみに昨日のアフナジャリャン(無伴奏チェロ)もフドヤンのソナタを演奏する前にすこし話をしたが、その意味はだいたい以下の通りであった。


「この作品は、トルコ人による『アルメニア人虐殺』の犠牲者に捧げられている。この大虐殺では150万人近くのアルメニア人が殺された。虐殺があったのは1915年4月24日で、日にちが近いこともあり(昨日は4月21日)、本日はそれを記念して演奏したい。」

 

コンサートホールのお仕事

投稿者:ひよこちゃん



先日このブログで書きました、アンコールの貼り出しの紙たち(上の写真)は、処分しようとしていた矢先に、「欲しい!」というお客様がいらっしゃいましたので、その方に差し上げることとなりました!

本日は公演のときのチケットのもぎりについてお話しします。


普段よりお越しいただいているお客様はご存知でしょうが、基本的にはチケットのもぎり(チケットの半券を切ること)も会館のスタッフが自ら行っております。初めてその任務を仰せつかったときには緊張でドキドキし、なかなか「手早くキレイに」もぎることができなかったのですが、最近ではすっかり手慣れてきて「手早くをキレイに」をかなり実践できるようになってきたと思います。(でも時々間違ったチケットを切ってしまったり、切り取り線以外のところで切ってしまい汚くなってしまうことがあります。申し訳ございません。)


今ではもう緊張することもほとんどないのですが、それでもたまに心の準備が必要なときがありまして、それは、


1:大ホールの公演のとき......なにせお客様の数が多いですから(小ホールの約3倍)

2:ダブルヘッダーのとき......マチネとソワレで2公演行うときは、お客様も間違われる場合があるので神経を使います。


今日がそのダブルヘッダーの日だったのですが(「ナレク・アフナジャリャン 無伴奏チェロ・リサイタル」と「セルソ・アルベロ テノール・リサイタル」)大きな事故もなく、なんとか無事にお客様を会場にご案内することができました。両公演とも大盛り上がりで、両方来られたお客様も多数いらっしゃいましたが、かなりご満足いただけたのではないかと思います。


スタッフとしてもダブルヘッダーはなかなか大変な感じもあるのですが、聴きに来られるお客様もかなりハードだと思います。(私も休みの日はしょっちゅうあれこれダブルヘッダーをしますが、1日が短く感じる反面、ソワレ公演後はいつも結構疲れています。)


日本中ほとんど何処でもそうでしょうが、市民文化会館でもスタッフ同士は帰る際には「おつかれさまでした」と言って帰ります。「今日はダブルヘッダーおつかれさまでした」と言って帰ることになると思いますが、今日のような日にはお客様にも「おつかれさまでした。本日はご来場ありがとうございました」と心の中で一言添えて家路につこうと思います。


       

リハーサル始まりました!

執筆者:あ・と・お


ルソー『村の占師』とモーツァルト『バスティアンとバスティエンヌ』(5月11日公演、武蔵野市民文化会館小ホール)のリハーサルが、今週からいよいよ始まりました。


また、それに先立って、演出家・田尾下哲氏はじめ舞台スタッフとの打ち合わせや、企画・監修の海老澤敏氏による勉強会なども開かれました。出演者やスタッフの多くが参加されたこの勉強会(関係者のみ)では、一般には社会思想家として知られるルソーの人生が常に音楽とともにあったこと、『村の占師』のフォンテーヌブロー宮殿での初演について、当時の社会状況などが話され、あっと言う間の2時間でした。この作品がモーツァルトに影響を与えたというのも、興味深い話でした。


ルソー『村の占師』はめったに上演されない作品で、資料もあまりないため、出演者とスタッフにとっても貴重な機会になったと思われます。終わってから演出家の田尾下氏が熱心に質問をされていたのが印象的でした。これから、本番まで10数回のリハーサルが予定されています。チケットをお求めくださったお客様、どうぞご期待ください!!(チケットは既に完売しております。あしからず、ご了承ください)


小ホール、振り返ると何がある?

執筆者:I.D

武蔵野市民文化会館小ホールでは、17日から23日まで、「ヘニング・クラッゲルー」「ニコライ・ホジャイノフ」「ロンドン交響楽団金管五重奏団」「ナレク・アフナジャリャン」「セルソ・アルベロ」「オーギュスタン・デュメイ」と怒濤のごとく公演が続いています。

 

小ホールは音響がいいね!とのお言葉を時々いただくのですが、このホールは残響が最長2.2秒あります。

 

…最長?と疑問をもったお客様、するどいです。

 

そうです、小ホールの残響の長さは1.6秒~2.2秒まで変えることができるのです。

 

 

この一面ぎっしりあるパネルは1°刻みで角度を変えることが出来、それが残響の長さを変えることになるのです!

 

私共の主催公演では、その公演で最高の音響が得られるよう、細かい調整をしています。

 

次回小ホールにいらしたとき後ろを振り返ってみてください!

 

(このような装置を備えているコンサートホールは結構あります…、念のため)

海外の歌手たちにオファーを送る

執筆者:Director's choice


海外の歌手10名近くに来日のオファーを送った。いずれも世界最強のエージェントがついているので、そのうち何人かでも来日が実現すれば、と考えている。


もちろんチケット代を3000円~5000円にできれば全員来日するのかもしれないが、、、日本では全員全くの無名なので、もう少しチケット代を抑えたい。実現するかどうかは交渉次第なのである。ちなみに、先日ブログでピアノ・デュオを見つけたことを書いたが、その来日がほぼ決定した。お客様に楽しんで頂けると思います。


さて今日は少しオタク向きのワインをおすすめします。コトー・デュ・ラングドック・サンジョルジュ・ドルク・グラン・キュヴェ・ドメーヌ・ド・ラプローズ (Côteaux du Languedoc Saint Georges d'Orques Grande Cuvée Domaine de la Prose) であります。
チリかアルゼンチン・ワインのようなタフさですが、体には優しいので、パワーヒッターのようなワインをお好きな方は探して下さい。日本橋の千商がインポーターさんです。

 

チケット電話攻略ノスゝメ (必勝法ニ非ズ)

執筆者:ヤマネ

明日はチケットの発売日ですね。予約受付けの電話は、武蔵野文化事業団には16回線あり、職員が総出で、可能な限り迅速に対応しておりますが午前中は特にお電話を集中的に頂くため「なかなか繋がらない」とお叱りの言葉を受けることもしばしばです。


特にオーケストラやオペラなどの発売日は、午後になってもつながりにくい状態が続くことがあります。たくさんのお電話に感謝致しております。そしてご不便をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます。


どうしても繋がらない、という方のため、内緒の情報をこっそりこのブログだけでお知らせします。


実は・・・・いいですか、ゴクリ・・・。電話は11時前から11時過ぎぐらいまで、少し回線に空きが出がちなのです。なんと!本当?!えー!!あら!不思議!


10時からずっとかけ続けた方が、疲れて小休止されるのではないか、と私は個人的に想像しているのですが、事実は不明です、全く闇の中です。ほんの少しだけ、回線に空きが出ます。なんと言うことでしょうか!そして11時過ぎになると再び全回線がふさがり、人気の公演はそのまま完売となってしまいます。


と、言うわけですので、明日の朝、どうしても繋がらないと言う事でしたら、この時間帯に試して頂きますと、もしかしてひょっとすると、すんなり繋がるかも知れません(すいません、やっぱり繋がらないかも知れません)。


これからも皆様のご予約に迅速にご対応できるよう、引き続き努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。


 

アンコールのお話 その2

投稿者:ひよこちゃん

   

   
先日ヤマネが書いておりましたアンコールの貼り出しなのですが、現在は昨年の1月分より貼り出した紙が市民文化会館の事務所に保存してありました。まれに過去に自分が聴いたコンサートのアンコールを知りたいというお客様もいらっしゃるので残しておいたのですが、さすがにかなりの量になりましたし、1年前のアンコール曲を知りたいという方はまずおられないので、新年度が始まった4月より心機一転、3月までの貼り出しの紙を全て処分することと致しました。(欲しい!という方は、、、いらっしゃらないですよね...)


処分される前にどんな曲が演奏されたのかもう1度見ておこうと思い見返しましたが、なかなかヴァリエーションに富んでいますね!手元に残っている限りでは、アンコールで1番多く演奏されたのはショパンとバッハですね。次点がモーツァルト。意外に少ないのがベートーヴェン(たぶん2回)で、リストやラフマニノフ(各5回)も多く演奏されていました。歌曲ではヴェルディとプッチーニが多いようです。


今年の1年はまた違った結果になるのでしょうか?それを楽しみにまた1年、アンコールの恐怖と戦いたいと思います!最近では武蔵野文化事業団のtwitterや公演の個別ページでもアンコール曲を掲載しております!今年のアンコールもお楽しみに!


(ちなみに写真はちょうど1年前の4/15のアンコール曲です。)

    

武蔵野シティバレエのオーディション

執筆者:I.D

今日は涼しいですね…。この雨で桜がいよいよ終わってしまうのでしょうか…。

昨日は悔いのないよう、たっぷり桜を見てしまいました。

 

 

さてさて、武蔵野シティバレエは、日本のバレエ界でも珍しい毎回出演者公募という形式をとっています。

 

そのオーディションが明日大ホールで行われます。(これは非公開です。)

 

今回もこんなにたくさんのご応募をいただきました!

 

 

合格した方は11月の公演に向けて、6月頃からとても厳しい(?)練習が始まります。

 

今年の演目は「白鳥の湖」!

武蔵野シティバレエでこの名作を上演するのは10年ぶり!なのです。

 

プティパ=イワノフ版に武蔵野らしさを加えるとの意気込みも、振付家から届いています。

 

皆様この秋をご期待ください!

今年は何の年?

執筆者:あ・と・お

 

今年一番のビッグイベントといえば、やはりロンドン・オリンピックでしょうか。同じく4年に一度、オリンピックイヤーに開催されるのが(意図的に合わせている訳ではないと思います…)、「武蔵野市国際オルガンコンクール」です。今年も、9月21日~30日に武蔵野市民文化会館で開催いたします。1988年に第1回が開催され、今回で第7回目を迎えます。回を重ねるたびに世界的にも認知されるようになり、今回は21ヵ国から計120名の応募がありました。その中からオーディションで選ばれた15名が第1次予選に出場します。

 

ただ今、このコンクールにあわせ、夏からの様々な関連コンサートを企画中です。これまでにオルガン・コンサートに足を運ばれたことのある方もそうでない方も、もっともっとオルガンの魅力を知っていただき、コンクールを楽しんでいただくために、いつものオルガン・コンサートとはひと味もふた味も違う公演も数多く取り揃えます。来月発表予定です。どうぞ、ご期待ください!

 

武蔵野市国際オルガンコンクール公式ホームページ
www.musashino-culture.or.jp/iocm

シュクルーハンというバリトン歌手

執筆者:Director's choice


クラシックとトラッドの双方ですばらしい美しいヴァイオリニストを見つけました。日本に紹介できたらと考えていますが、最も魅力的なレパートリーが日本になじみのないものであるため、少し迷います。


バーデンの歌劇場で来日するシュクルーハンというバリトンにつてい少し。彼はチェコで活躍している多くのロシア系バリトンの中でもトップの実力を持っていると言っても過言ではありません。ただ、人間は器用に生きられる人と生きられない人とがいますが、彼は後者に属するのです。アーティストといっても劇場に生きる者はいわゆる"おぼえがめでたい"タイプの人が使われてしまいます。


シュクルーハンは歌も人間もよいのですが、妥協ができない芸術性を持っているが故に、その実力は海外に伝わって来ません。彼の良さを判る耳をもつ者だけが起用しているのです。ダブルキャストの一人で、武蔵野で必ず歌うとは限らないが、注目してほしい実力派です。


最近ギョウザをよく食べます。目黒の鎮海楼のギョウザはなかなかのものです。新橋の一味玲玲もよい。トッパンホールの通り道?にある白龍もわるくないです(ただし他のメニューもすべておいしいわけではないので、あくまで餃子をとる事を前提にお勧めします)。